« 『絶叫城殺人事件』 有栖川有栖 | トップページ | 『賢者の贈り物』 石持浅海 »

2008/09/15

『シャドウ』 道尾秀介

シャドウ (ミステリ・フロンティア) Book シャドウ (ミステリ・フロンティア)

著者:道尾 秀介
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

母の死からすべては…

すべては狂い始めた

もう僕には父しか居ないのに

もっと早くに読んでおけば良かった

ようやく読めました2007年本格ミステリ大賞受賞作『シャドウ』。道尾氏凄い。期待以上でございました。

既に道尾氏の作品に慣れ親しんでしまった今だから、「来るぞ来るぞどんでん返し」とか「このまま終わるはずがない」とか思って(解って)しまうのですが、『シャドウ』が出版された当時って未だ真備庄介シリーズのイメージが強かったはずだから…凄い衝撃的だったでしょうに。あっ、『向日葵の咲かない夏』は出てたのか。

とにかく最後まで充分に存分に愉しませてくれる良作。小学生が語り部(にして探偵!)なので、若干違和感ありますが(私は叙述トリックすら疑いました。凰介が息子と思わせといて父親なんじゃないの!?とか。阿呆)それすらも味付けとして美味しくいただけます。

犯人(悪)の意外性が弱いような気はしますが、全然知らない人をいきなり持ってこられるよりはよっぽど。もう少し聖人君主ぶりを強めに表現してくれてたら意外性出たかもしれないですね。登場人物の全てが怪しく思えてしまうのは残念。でも、全員が怪しいのにひとりだけそうじゃなかったらばれるのか難しいですね。

まぁ、作品のポイントはそこではないので。緻密に、練りに練られた殺人計画。敵を欺くにはまず味方から。敵を欺くにはまず読者から。すべての記述に意味がある。ゴミ箱なんて覗くものじゃない。

道尾氏らしい毒(狂気)はもちろん散りばめられているのだけれど。それでもだいぶ抑えめに。頁を捲る手の動きは早いです。良質な2時間の読書タイムに是非どうぞ。

|

« 『絶叫城殺人事件』 有栖川有栖 | トップページ | 『賢者の贈り物』 石持浅海 »

コメント

探偵おまえか!と驚きました こんな話とはね〜なにせ道尾氏初読みなので...
これでも毒が少ないのですね〜 ん〜他を読むのが怖いような

投稿: きりり | 2008/10/09 21:39

☆きりりさん☆
道尾氏良いですよお奨めです。個人的には『シャドウ』は解り易いしグロテスク度も低いという判定なのですが…私の基準ってアテにならないので悪しからず(汗)
どんでん返しが好きならきっと楽しめると思います。怖くないですよ~むふっむふふっ♥

投稿: まじょ→きりりさん | 2008/10/14 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/23719547

この記事へのトラックバック一覧です: 『シャドウ』 道尾秀介:

» 『シャドウ』 道尾秀介 [じゅうのblog]
「道尾秀介」のミステリ?作品『シャドウ(WHO'S THE SHADOW?)』を読みました。 [シャドウ] 「道尾秀介」作品は、昨年5月に読んだ『向日葵の咲かない夏』以来なので久しぶりですね。 -----story------------- 【第7回本格ミステリ大賞〈小説部門〉受賞】 人間は、死んだらどうなるの? ――いなくなるのよ――いなくなって、どうなるの? ――いなくなって、それだけなの――。 その会話から3年後、「凰介」の母はこの世を去った。 父の「洋一郎」と二人だけの暮らしが始まっ... [続きを読む]

受信: 2014/11/12 22:35

« 『絶叫城殺人事件』 有栖川有栖 | トップページ | 『賢者の贈り物』 石持浅海 »