« 『超・殺人事件』 東野圭吾 | トップページ | 『氷菓』 米澤穂信 »

2008/09/06

『ALONE TOGETHER』 本多孝好

Alone together Alone together

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

呪い

そんなものが本当に存在するのなら

僕は存在すべきではない

何度読んだって好きだ

通勤本としてチョイスした本が(再再再再再読にも関わらず)面白くって、家本そっちのけで読みきっちゃうことってありますよね!?今日のメニューはまじょ。が愛して止まない本多孝好氏の『ALONE TOGETHER』です。そして、今日も読了できないであろう家本は篠田真由美女史の御本です(笑)

初読のときに、そんなに面白いと感じなかった『ALONE TOGETHER』。そのときは『MISSING』に出逢った衝撃が大きすぎて、しばらくどんな本を読んでも面白いと思えない時期だったわけですが。とにかく(『MISSING』と比較して)そんなに思い入れがあるわけではなかった本作。それでも、

相当面白いんだからまいった

私の大好きな本多節炸裂。言葉選びがとにかく秀逸。言葉を代え、見方を代えて書かれる繰り返しの手法が素晴らしい。美しい、という言葉は本多作品を形容するために生まれたんじゃないかと個人的に思う。超個人的に。

そのくらい入れ込んでいる本多作品ですが、ラストが微妙なんですよね。というか、前半と後半にギャップを感じるというか。とりあえず、前半はミステリを書くつもりだったんじゃないかと思うんですよね。なぜ聖職者が殺人を犯したのか…もちろんこの主題は最後まで残っているのですが、それを全面に押し出した作品にするおつもりだったのではないかと。とりあえず、フリージャーナリストは最初は人間だったんだと思います。

それが、途中で主題のすり替えが起こる。後半の主題は…なんなんだろう?“呪い”はこの作品のキーワードですが、便宜上“呪い”という言葉を使っているのであって、主題の座を見事勝ち取った“あれら”は“呪い”ではないと…思うんですけれど、どうでしょう?

個人的希望を申し上げるならば、主人公は救われないで欲しかった。いや、あのラストだって充分救われてないのだけれど。とりあえず、熊谷と巧いことやりまくるのだけは(笑)止して欲しい。主人公に似合うのは熊谷じゃない。漸くとはいえ、弱みを見せた途端に戻ってくる女ってどうよ?完全に好き嫌いの問題ですけれどね。

とりあえず、教会の住職(笑)あたりから読むのがしんどくなるのだけが難点かと。それまでの美しさと痛さったらないです最高です。

|

« 『超・殺人事件』 東野圭吾 | トップページ | 『氷菓』 米澤穂信 »

コメント

まだ数冊しか読んでませんが、本多氏の「真夜中の..」A面の最後の数行は読んでて息をとめるほど凄く、何なんだこいつ!と言うほど興奮しましたね〜 この人ホント凄いですよね でもムラがあると言うか、そんなとこ含めて売れ線100じゃないとこが良いと思います 

投稿: きりり | 2008/09/07 12:58

☆きりりさん☆
ムラありますよね~。凄い表現を連発したかと思ったら、「えっ?それはちょっと…」みたいな箇所もあって。でもやっぱり止められない止まらない。大好きです。
でも地味に売れてるみたいで、ふとしたところで名前を見かけたりするようになって嬉しい。なんとか賞みたいなものを受賞したすることはないかもしれないけど(ファンとして酷い)ずっと追っかけようと思ってます!

投稿: まじょ→きりりさん | 2008/09/13 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/23472324

この記事へのトラックバック一覧です: 『ALONE TOGETHER』 本多孝好:

« 『超・殺人事件』 東野圭吾 | トップページ | 『氷菓』 米澤穂信 »