« 『白蛇の洗礼』 高田崇史 | トップページ | 『ST 為朝伝説殺人ファイル』 今野敏 »

2008/08/31

『復讐者の棺』 石崎幸二

復讐者の棺 (講談社ノベルス イN- 5) Book 復讐者の棺 (講談社ノベルス イN- 5)

著者:石崎 幸二
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヘタレサラリーマン&女子高生×2の最強タッグ

6年ぶりに本格ミステリ界へ殴り込み!

あぁ、お待ち申し上げておりました

待ちに待った「石崎幸二&ミリア&ユリ」シリーズの新刊!!もう2度と読めないだろうと思っていたシリーズだけに(酷っ!)感無量でございます。8月の講談社ノベルスの新刊だった本作ですが…入手までに時間がかかったのは、「石崎幸二&ミリア&ユリ」シリーズが読めないのが当たり前のことになりすぎて、その発売日をすっかり忘れていたという。てへっ。

というわけで、さっそく読了。2時間弱で読了。うーん、石崎幸二&ミリア&ユリの掛け合いに若干キレがないような。今回は“友達なし、もちろん彼女もなし”の石崎幸二を弄るのがメインで、本格ミステリに対する風刺が殆ど無かったから物足りなく感じるのかしら?

肝心のミステリも先が完全に読めるベタ展開でしたし。「既視感?」ってくらい死体発見→行方不明者捜索→行方不明者、死体で登場の流れを読んだ気がするのはウッドフェアリー?ついでに毒吐くならば、会話文が多すぎて…どっちがミリアでユリなのか判別するのは途中で諦めました。きっとミリアとユリの名前を総入れ替えしてみても…作品には全く影響及ぼさないんだろうな、うん。

DNAに関する記述では『首鳴き鬼の島』を彷彿とさせました。というか、トリックが≒じゃないですか!?親子とか死体の流用とか孤島とか。『首鳴き鬼の島』を「石崎幸二&ミリア&ユリ」シリーズで味付けするとこんな感じ?みたいな。

大好きなんですけどね、「石崎幸二&ミリア&ユリ」シリーズ。だからこそ、本作をリハビリ作品としてどーんと復活して欲しい。また3人の楽しい掛け合いを半年に1回くらいのペースで読めたら嬉しい。あと、もう少し石崎幸二にしあわせを。ヘタレだけどもうちょっと華を持たせてあげてください。今回もすっかりミリアにお鉢を奪われちゃって…よよよ。

|

« 『白蛇の洗礼』 高田崇史 | トップページ | 『ST 為朝伝説殺人ファイル』 今野敏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/23381144

この記事へのトラックバック一覧です: 『復讐者の棺』 石崎幸二:

« 『白蛇の洗礼』 高田崇史 | トップページ | 『ST 為朝伝説殺人ファイル』 今野敏 »