« 『ZOKU』 森博嗣 | トップページ | 『青年のための読書クラブ』 桜庭一樹 »

2008/05/24

『あいにくの雨で』 麻耶雄嵩

塔へと続く一筋の足跡

裏切り者へと続く仕組まれた道筋

「俺たち親友だろ」

久しぶりに読んだ本格ミステリ。やっぱり私はミステリ畑で育った人間だと実感。ミステリ小説は人間が書けてない?上等です。でも、本作は

殺人事件よりもクリークの活動に興味を覚えてしまった

なんて本末転倒な心意気。いやぁ、私もクリークの一員になりたいです。クリークとは(高校)生徒会運営をスムースに執り行うべく設置された調査機関(スパイ)の名称なんですが…

そんな発展した生徒会が有ってたまるものか

少なくとも我が母校には無かったはず…無かったよね?会長?(私信)都会の高校ならいざ知らず、ど田舎の高校で謀略戦を繰り返してどうする。井の中の蛙状態に陥ること必至。まぁ、ミステリ小説は人間が書けてなくてなんぼですから。

というわけで、本作『あいにくの雨で』は高校生が主人公(探偵)。高校生が殺人事件に首を突っ込む契機と云えば、もちろん“友情”しかないわけで。本作の主題は“友情”と“裏切り”、そして“孤独”かと。

親友の周りで次々と起こる殺人事件。悩み苦しみ痩せ衰える親友を救うべく、立ち上がる主人公。けれど、主人公の前には問題が山積みで。そして、死体も山積みで。真相に近づく度に増えてゆく死体。高校生たる主人公の生活に、土足で踏み込んで来る侵入者=裏切り者。

麻耶作品らしい舞台の切り替えにあたふたしていると、ラストの急展開っぷりに付いてゆけなくなる。本作は冒頭で(メインの)密室トリックが明かされるという斬新な手法を取っているので、トリックに頭を悩ませる必要は無いのですけれども。あまりにも死体の数が多過ぎて、あまりにも人の死があっさりし過ぎていて、あまりにも登場人物全員が救われなくて。あまりにも麻耶作品。

犯人は誰か…なんてあまりにも些事。むしろ「こいつが犯人じゃなかったらビビる」的展開。けれど、ミステリを読んだという実感を十二分に得ることのできた良書。麻耶祭が始まりそうな予感。

|

« 『ZOKU』 森博嗣 | トップページ | 『青年のための読書クラブ』 桜庭一樹 »

コメント

人間が書けてる書けてないの話と、生徒会やクリークが現実的ではないという話とは、関係なくありませんか?

投稿: こめたろう | 2012/09/04 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/21125458

この記事へのトラックバック一覧です: 『あいにくの雨で』 麻耶雄嵩:

« 『ZOKU』 森博嗣 | トップページ | 『青年のための読書クラブ』 桜庭一樹 »