« 『ゾラ・一撃・さようなら』 森博嗣 | トップページ | 『平成関東大震災』 福井晴敏 »

2008/05/17

『バラ迷宮』 二階堂黎人

複雑怪奇な6つの殺人事件を解き明かすは

気品に満ちた巻き髪の名探偵

その名も…二階堂蘭子

当ブロ愚で二階堂蘭子シリーズをレビューするのはこれが初めてですか…なんか意外ですね。でもまぁ、蘭子と黎人が義兄妹だという設定すら忘れるくらいのご無沙汰ですから。蘭子って、どうして二階堂家の養女になったんでしたっけ?どの作品でそのあたりの事情が描かれているんでしたっけ?トリアタマが憎い。

というわけで、本日のメニューは二階堂蘭子シリーズの短編集『バラ迷宮』。前回読んだのは高校生の時ですので…もちろんトリアタマの私が内容を覚えているわけが無く。初読の気持ちで読めました。

個人的に一番好みだったのは「変装の家」でしょうか。殺人事件の犯人は故意に事実を捻じ曲げようとするものですが、本作はこの捻じ曲げが無理なく見事にスムースに行われた一作。人差し指のほんの少しの動きだけで、真相は闇の中へ。

「ある蒐集家の死」も好きです。ミステリ作品と云えば“殺人事件発生→探偵役員出勤→探偵が皆を集めて「さて」と云い”がお約束の順序ですが、本作は“探偵が皆を集めて「さて」と云い”からのスタート。その後、現場の状況や登場人物が紹介されるのですが、そのあたりの描写に無理や唐突感がなかったので。あとは二階堂蘭子という名探偵が、謎や殺人事件に対してどんな矜持を持っているのかも分かる。「犯人がそれで観念するのなら、方法は別に何でもかまわないわけじゃない」なんて、事実を故意に捻じ曲げるのは犯人だけでは無い宣言ですもの。

他の作品は蘭子の推理云々というより、その雰囲気を愉しむべきかと。本当に蘭子はおどろおどろしい雰囲気の作品が良く似合う名探偵。久しぶりに奇怪な怪人が登場する長編モノも読みたくなりました。『人狼城の恐怖』は無理だとしても。蘭子が二階堂家の養女になった件が描かれた作品はどれだったかしらね。

|

« 『ゾラ・一撃・さようなら』 森博嗣 | トップページ | 『平成関東大震災』 福井晴敏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/21000163

この記事へのトラックバック一覧です: 『バラ迷宮』 二階堂黎人:

« 『ゾラ・一撃・さようなら』 森博嗣 | トップページ | 『平成関東大震災』 福井晴敏 »