« 『ブラックペアン1988』 海堂尊 | トップページ | 『本からはじまる物語』 »

2008/05/14

『ひらいたトランプ』 アガサ・クリスティ

ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) Book ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

著者:アガサ クリスティー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブリッジを終えたとき、シャイタナ氏は死んでいた

パーティの参加者は全部で8名

その役割は…4名の探偵と4名の犯罪者

「洋モノが読みたい」(んまっ!)と思い立ち、既にカオスと化している本棚から最初に救出された洋モノがこの『ひらいたトランプ』でした。先日再読した篠田真由美『angels 天使たちの長い夜』でこの作品について触れていたので、これも何かの巡り合わせだろうとそのまま読書に入ったのですが…やっぱりクリスティは最高だ。

まずはクリスティから読者に対する挑戦文。

これは例のエルキュール・ポアロの自慢の手柄話である。しかし彼の親友ヘイスティングズ大尉は、ポアロから、この話を手紙で知らされ、非常に単調だと思った。
読者のみなさんは、果たしてどちらの意見に軍配をあげるであろうか。

ですよ。もちろん私は前者(ポアロ)に軍配を上げるわけですけれども。ヘイスティングズが云うように終盤までは単調な事件なんですが…単調だからってつまらないとは限らない。それは作中で取り扱われるブリッジについてもそう。私はブリッジの経験も無いしルールすら知らないけれども、知らないからと云って作品そのものを楽しめないとは限らない。うん、クリスティ(と訳者)の筆力ですね。

あっ、この挑戦文にはちょっとした叙述トリックも含まれておりますね!

そして終盤、単調から脱却した物語は二転三転。4人の容疑者のうち誰が犯人なのか、読者はわからなくなる。ポアロが執拗に迫っていた人物が犯人とは限らない。最も怪しいと思っていた人物が犯人とは限らない。もちろん最も怪しくないと思っていた人物が犯人だなんて…そんなことをクリスティがするとでも?

とにかく満足な一冊。『アクロイド殺し』がクリスティのベストだという個人的意見は変わらないけれど、『ひらいたトランプ』も大好きです。

|

« 『ブラックペアン1988』 海堂尊 | トップページ | 『本からはじまる物語』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/20894933

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひらいたトランプ』 アガサ・クリスティ:

« 『ブラックペアン1988』 海堂尊 | トップページ | 『本からはじまる物語』 »