« どうしよう泣きそうだ | トップページ | 名探偵コナン「戦慄の楽譜」 »

2008/05/10

『首無の如き祟るもの』 三津田信三

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ) Book 首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)

著者:三津田 信三
販売元:原書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大好きな長寿郎様のお役に立ちたくて

長寿郎様をお守りしようと思って

でも、僕は首無様から長寿郎様をお守りすることはできなかったんだ

間違いなく刀城言耶シリーズのベストですね!

と断言しても良いものか。この作品のために『厭魅の如き憑くもの』『凶鳥の如き忌むもの』を読んだ身としては、どうも釈然としないものが残るのですが…とにかくミステリとして最高の出来でした『首無の如き祟るもの』。

山間の邑。邑を支配するのは一守、二守、三守の連合による秘守家。これまで微妙な中庸を保ってきた三家連合に空けられた風穴。それは、一守家長男にして次期当主たる長寿郎の首無死体。花嫁候補の首無死体までもが長寿郎の死を彩る中、秘守家では次期当主を指名するべく喧々轟々の争いが。すべては邑を秘守家とは別の方法で、呪いで、支配してきた首無様の仕業なのか?それとも10年前井戸に落ちて命を落とした長寿郎の双子の妹・妃女子の怨念か?

と、作品紹介してみましたが、最後に「その謎を解くは…刀城言耶」と書けないのが哀しいところです。というわけで、ここからネタバレレビューと相成ります。真相をズラズラ並べ立てますので、未読の方は間違ってもスクロールされませんように。是非とも自分の手で眼で真相まで辿り着いて欲しい名作ですから!

ラストに登場したあの男、絶対ヨキ坊ですよね!

あの男が刀城言耶でないと云い切る根拠は特にありません。強いて云うならば「そうであってくれた方が面白いから」でしかない。でも、あのラストを「罪を犯した者同士が、自分の手がどのくらい汚れているかを告白する場」として定義すると、ストンと落ちてくるものがあるんですよね。

ミステリに幾度と無く登場してきた“首無死体の問題”に民俗学の仰々しさをミックスして、とんてもない新解釈が生まれたのも素晴らしいと思います。“首無死体”の王道といえば、人物の入れ替え。本作で為されている行為も人物の入れ替えに違いないのですが…

まさか10年の時を越えて行われた入れ替え

だと、誰が予想できたでしょうか?長寿郎(男)とか長寿郎(女)という表記は、常時であるならばちょっと笑っちゃうような表記なのですが、読んでいるときはもう没頭しちゃって興奮しちゃって、全く気になりませんでした。この赤子入れ替えの真相が男(探偵役)から示されたときにパーッと視界が拓けた感覚が未だに忘れられません。どんなに入り組んで絡み合った謎でも、たったひとつのポイントを明かしてやるだけで、クリアになる。絶対に解けない紐を前にしていたのに、手品師がハンカチーフを掛けた次の瞬間には、それが解けてしまっていた。そんな類の驚きです。

しかも、入れ替えは一度だけではありませんからね。長寿郎(男)と長寿郎(女)、長寿郎(女)と毬子、毬子と江川蘭子、江川蘭子と高屋敷妙子、そして刀城言耶とヨキ坊。とことん入れ替えに拘った、渾身の一作。これだけ入れ替えに拘ったんだから「やっぱりラストの男はヨキ坊じゃなきゃ!」とたった今、改めて思いました。

とにかく、ミステリとして上質上級な一冊。民俗学部分にいつもなら苦痛を感じるのですが(呪われる!)本作は事件事件の連続で、そこまで気になりませんでしたし。ミステリ8:民俗学2といったところですか?そして、三津田氏の新刊は『山魔の如き嗤うもの』…中盤で友情出演した刀城言耶が向かった邑で起こった事件ですよね?(未確認です)ついにやんごとなき神社の跡取り・阿武隈川先輩がメインキャラとして登場するのかと思うとワクワクです。

|

« どうしよう泣きそうだ | トップページ | 名探偵コナン「戦慄の楽譜」 »

コメント

う〜ん、まじょ。sanがそんなに絶賛する話だったら読んでみたいかも…。
その前に前二作も読んでおいた方が良いですか?

投稿: yuko | 2008/05/10 15:21

☆yukoさん☆
コメントありがとうございます!
ちょっと重くてホラーテイストも混じってますが、ミステリ好きなら謎が明かされたときの解放感にグッとくるものがあると思います。もう是非お薦めです。
前2作は読まなくとも愉しめると思いますが、シリーズの風合と刀城言耶という探偵役を知るために読んでおいて損はないと思います。シリーズの風合を味わうなら『厭魅の如き憑くもの』を、こういう探偵キャラなんだ~という知識なら『凶鳥の如き忌むもの』で充分だと思います。『厭魅の如き』は結構重たい(厚い)ので前哨戦のつもりで挑むと嫌になっちゃうと思うので(私は駄目な仔なので嫌になりました・笑)

投稿: まじょ→yukoさん | 2008/05/10 16:32

なるほど…。
ありがとうございます☆
最近ちょっと読書の体力が衰えてきてるのでページ数少な目の『凶鳥の如き…』の方を読んでおこうかなぁと思います。

投稿: yuko | 2008/05/10 21:10

☆yukoさん☆
是非読んでみてくださいね!yukoさんの感想を楽しみにしております♪
私ももう巨編と呼ばれるような長くて厚い作品は読めなくなってきました…歳ですねぇ。「人狼城の恐怖」とか「屍鬼」とかきっともう読めない。若いうちに読んでおいて良かった…としみじみしてることが、年寄りの証拠ですね。

投稿: まじょ→yukoさん | 2008/05/11 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/20861616

この記事へのトラックバック一覧です: 『首無の如き祟るもの』 三津田信三:

« どうしよう泣きそうだ | トップページ | 名探偵コナン「戦慄の楽譜」 »