« 『ナナフシの恋』 黒田研二 | トップページ | 『ひらいたトランプ』 アガサ・クリスティ »

2008/05/13

『ブラックペアン1988』 海堂尊

ブラックペアン1988 Book ブラックペアン1988

著者:海堂 尊
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

外科医の道を歩み始めたばかりの世良

世良が直面した医療の実態は思っていたよりも過酷で汚くて

けれども…その先にあるものを知りたくはないかい?

田口&白鳥シリーズの番外編と云える本作ですが…

番外編にするのは惜しい!
むしろこちらを本編に!!

ってくらい素敵な作品でございました『ブラックペアン1988』。1988年の東城大学医学部付属病院を舞台とした本作で描かれるのは、絶大なる権力を持った佐伯教授の下、考えることを放棄し腑抜けと化した外科医たちの姿。そこに颯爽と毒舌を従えて登場したのは…我らが腹黒たぬき・高階権太、その人であります。

誰にも若かりし頃というのはあるわけで。高階病院長はもちろん、黒崎教授・藤原さん・ネコ・ジュネラルルージュ・ガンガントンネル魔人・グッチー(あれ?動物はさんだあたりから変な呼称がずらずら)と主要キャラ総出演でございます。それだけでもう、田口&白鳥シリーズ好きには堪らないのに…作品そのものが読者をグッと惹き付けて離さないっていうんだから。脱帽。

個人的に涙腺緩ませちゃったのは、矍鑠とした癌患者・小川さんのシーンです。「世良先生、これに懲りずに、いいお医者さん、に、なって下され」なんて台詞、まともには読めない。いやもう、まさかここで泣くとは自分でもびっくり。そして、世良のこの経験が伏線となり、後にまた素晴らしい台詞&展開が待ち受けていようっていうんだから。侮れません。

そして、小天狗&悪魔が怒号を飛ばしながら必死に止血作業に取り組むシーンも好きです。あれだけでっかい口を叩いておきながら(とくに小天狗)術野に神が光臨するまで止血することのできなかった2人。世良だけでなく、この2人にとってもこの日は忘れられない幾日かの一日になったのだろうなぁ、と。

ちなみに本作中で一番笑ったのは、同じシーンのヒラ麻酔医が佐伯教授に毒を吐いたシーンです。

こんな過去こんな日々があったからこそ、高階病院長と藤原さんを毒を吐き合えるのだし、高階病院長と黒崎教授はいがみ合える。同じ術野を囲むということは、互いの信頼関係を確かめ合うということ。表に現れてこない彼らの胸の中の信頼関係をフィルターにして、今の関係を再確認してみたら…これまでの既出作品をもっと面白く読めるかもしれない。そんな風に感じた『ブラックペアン1988』でございました。

|

« 『ナナフシの恋』 黒田研二 | トップページ | 『ひらいたトランプ』 アガサ・クリスティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/20893501

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラックペアン1988』 海堂尊:

« 『ナナフシの恋』 黒田研二 | トップページ | 『ひらいたトランプ』 アガサ・クリスティ »