« 『果断 隠蔽捜査2』 今野敏 | トップページ | 『angels 天使たちの長い夜』 篠田真由美 »

2008/04/20

『星降り山荘の殺人』 倉知淳

星降り山荘の殺人 (講談社文庫) Book 星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

著者:倉知 淳
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雪に閉ざされた山荘で起こる殺人事件

事件の起こったコテージに残された1筋の足跡

そして…ミステリーサークル

倉知淳氏の作品の中で、最も本格、最も好きな作品です。猫丸先輩も好きだけど、やっぱり「騙されたっ!あぁ、騙されちゃった!!」ってごろんごろんした作品というのは忘れられないものです。

というわけで、倉知氏にしては珍しい(?)バッキバキの本格ミステリが本作『星降り山荘の殺人』です。私が所有しているのはノベルス版なのですが、最終頁の最新巻お知らせには『笑わない数学者』や『コズミック』、新宿少年探偵団シリーズなんかが名を連ねております…講談社ノベルス全盛期じゃないですかっ!?これだけでも、その“本格度合”が解ろうってもんです(嘘です)

ますは、本格ミステリに必須のクローズドサークルですよ、皆様。奇しくもアフィリの帯が“真夏のミステリーズ”となっておりますが(笑)本作は閉ざされた雪の山荘ものですので悪しからず。んでもって、雪の山荘ものとセットと云っても過言ではない“足跡の問題”も当然登場します。ほら、ワクワクしてきたでしょ?そして、謎のミステリーサークルまでも登場。こういう奇天烈な現象がミステリに絡んでくると、肝心の結末をも奇天烈なものになりがちですが(笑)本作はその点もしっかりと克服してくれているのが嬉しい。

んでもって、ここからばっちりネタバレしますが、実は本作には叙述トリックまでもが仕掛けられております。これがね、巧いんですよ。シーン転換の枕に作者からの注釈(?)が入っているのですが(「本編の探偵役が登場する」とか「重要な伏線がいくつか張られているからである」とか)この注釈にすっかり騙された口ですね、私は。だって、まさか、

探偵役だと思わせといて、実は犯人ってどんだけっ!?

真相が指摘された瞬間にゾクゾクッときましたよ。しかも、直前に提示された真相がダミーだと読者に思わせといてですよ?ダミー真相はダミー真相でも違う方向へのダミーだっていうんだからっ!(読んだ人なら解ってくれるはず。このダミー連呼を)すっかり杉下くんといっしょにダミー真相を信じておりましたとも。真相は二転しましたが、心の中での一転を加えると三転したって感じです。

倉知氏の作品の中ではこれがベストだと本気で思います。真正面から「本格」に挑んだ本作という紹介文は嘘じゃない。本格ミステリスキーの方に是非読んで頂きたい一作です。

|

« 『果断 隠蔽捜査2』 今野敏 | トップページ | 『angels 天使たちの長い夜』 篠田真由美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/20362538

この記事へのトラックバック一覧です: 『星降り山荘の殺人』 倉知淳:

» 『星降り山荘の殺人』の感想 [空夢ノート]
『星降り山荘の殺人』倉知淳講談社文庫2006年3月24日 第12刷発行/¥752(税別)<内容>若気の至りで上司を殴ってしまった杉下和夫は、尊敬する社長からとあるタレントのマネージャー見習いを命じられる。 タレントは、「スターウォッチャー」という肩書きの優男・星園...... [続きを読む]

受信: 2009/09/17 22:29

« 『果断 隠蔽捜査2』 今野敏 | トップページ | 『angels 天使たちの長い夜』 篠田真由美 »