« 『別冊 図書館戦争Ⅰ』 有川浩 | トップページ | 二つ名メーカー »

2008/04/15

『交換殺人には向かない夜』 東川篤哉

交換殺人には向かない夜 (カッパノベルス) Book 交換殺人には向かない夜 (カッパノベルス)

著者:東川 篤哉
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

烏賊川市に事務所を構えるいかがわしい探偵・鵜飼杜夫

今日もいかがわしい依頼をいかがわしく調査

その先にあったいかがしい真実とは?

この作品、ミステリ的にはかなり優秀だと思うのですが、その優秀さが伝わってこないのは作品に流れるいかがわしい雰囲気の所為なのでしょうか?ユーモアミステリとして独自の路線を貫く東川篤哉氏の『交換殺人には向かない夜』が本日のメニューです。

タイトルからも丸解り、本作の主題は“交換殺人”でございます。交換殺人モノの描き方といえば、①犯人側による“いかにして交換殺人を成立させるか”か、②捜査側による“いかにして交換殺人を立証するか”のどちらかなのですが、本作の優秀なところはメイントリックがそのどちらでも無いことなんですよね。

本作で描かれる死体は3つ。探偵役を努める鵜飼杜夫が遭遇した白骨死体、探偵弟子を努める戸村流平が遭遇したスコップ殴打死体、そしてへっぽこ刑事が遭遇した女性刺殺死体。烏賊川市を見舞った歴史的大雪の夜、現れた3つの死体が見事にリンクするんですが…侮れませんよ、本作は。

ただ、その侮れなさは東川氏によるユーモア(ジョーク?駄洒落?スベリっぱなしの漫才?)の嵐によってかなり薄まります。何度読んでも慣れないこの感じ。ユーモアミステリは決して嫌いではないのですが、ここまで畳み掛けんでも…といつ読んでも思う。もっと小出し小出しに、エッセンス的に披露できんのか、と。もう、地の文すべてがユーモアなんですよ。苦手な方はとことん駄目、途中で読めなくなるのでは無いかと心配してしまうほどの量でございます。

それでも、本作はラストに優秀などんでん返しが待っておりますので、最後まで挫折せずに読んでいただきたい、と。私はこの作品好きです。いつものように「探偵・鵜飼杜夫は必要なのか?」という議論は横に置いておいて。今回はちょっと素敵な女性が登場したりするので(和泉刑事、好きです)さらに影が薄くなってるなんて、本当のことは置いておいて。

ミステリスキーな方なら、ユーモアの先に待つ結末にきっと膝を叩いてくださると思っております。是非、召し上がれ。

|

« 『別冊 図書館戦争Ⅰ』 有川浩 | トップページ | 二つ名メーカー »

コメント

はじめまして、fumiと申します。
以下、ネタバレですので、まだ本作品を読んでいない方は、以下のコメントを読まないことをお勧めします。

僕も「交換殺人には向かない夜」をさっき読み終えました。
僕は、少なくとも春彦を殺したのは咲子ではないのかと疑念を持っています。
最後に駅のホームで、流平が彩子にビデオのトリック(ビデオが2本あること)を話そうとして、電車が来たため話せなくなってしまった場面。
あれって、真犯人は実は彩子(咲子)ってことを示唆しているのではないかと思いました。
そうでなければ最後にあの場面を持ってきた意味がわかりません。
咲子からすれば、春彦が死ねば全財産が相続できるので、十分に動機はありますし、流平が考えたトリックについての検証が行われていれば、咲子のアリバイが崩された可能性も否定できません。
実際に真犯人かどうかはともかく、作者の意図として、読者に対して”真犯人は実は…”という疑念を持たせることを狙っていたのではないでしょうか。

また、逮捕者が1人も出なかったも解せません。
権藤英雄は一雄になりすまし、善通寺春彦に権藤源次郎の殺人を求めています。
実際の目的は殺人ではなく、3年前に一雄を殺したことを暴くためとはいえ、なりすましまでしてはっきりと殺人を求めていることは罪にならないのでしょうか。
善通寺咲子が英雄と示しあわせ、加担していることも罪にはならないでしょうか。
結果的に2人の人が殺されているわけですし。

投稿: fumi | 2014/06/23 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/20234552

この記事へのトラックバック一覧です: 『交換殺人には向かない夜』 東川篤哉:

« 『別冊 図書館戦争Ⅰ』 有川浩 | トップページ | 二つ名メーカー »