« 『星降り山荘の殺人』 倉知淳 | トップページ | 『Ave Maria』 篠田真由美 »

2008/04/21

『angels 天使たちの長い夜』 篠田真由美

angels―天使たちの長い夜 (講談社ノベルス) Book angels―天使たちの長い夜 (講談社ノベルス)

著者:篠田 真由美
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

教師不在の高校で起こった殺人事件

犯人は校内に取り残された生徒の誰か

その誰かを助けるべく、生徒たちは事件の解明に挑む

建築探偵シリーズを再読したいのだけれど、ミステリとしては微妙かつ高確率で鬱になるあのシリーズを読む勇気はなく。小出し小出しでいこうかと。そのしょっぱなに本作を選んだのは、過去に悩み苦しむ蒼と嫉妬心丸出しの翳が読みたかったからなのですが…

チョイス間違ったようです

Ave Maria』でわだかまりが氷解したのはトリアタマ代表の私でも覚えておったのですが…その前にもこの問題を扱った作品ありましたよね?でも、蒼物語第一部『センチメンタル・ブルー』でそこまで突っ込んだ記述ありましたっけ?それとも、またやっちゃった?妄想膨らませ過ぎ?

というわけで、当初の目的は忘れ、青春を謳歌する彼等に感情移入するという正しい読み方をすれば良かったのですが…

移入しようにもできないですよあんなくそ生意気に奴等にっ!

いやぁ、篠田女史はなにを考えていらっしゃるのでしょうか?人生に悩むことは若さの特権ではありますが、今回集められた面子の悩みはやり過ぎでしょう?ひとりやふたりならまだしも、どいつもこいつもどいつもこいつも。ひとりひとりのキャラを立たせようとして、みんなで潰し合っちゃったって感じ。はっきり云って最後まで誰が誰だか覚えられませんでした。

しかも、ミステリ的にも微妙ですしね。どちらの問題を読者に考えさせたいのでしょうか?校内で起こった殺人事件ですか?蒼殺しを企むANGELの正体ですか?どちらも中途半端にした所為で失敗した感いっぱいなのですが。こういうのはどちらかに重きを置かないと…二兎追うものは一兎も得ずですよ。

とりあえず、この憤りを収めるためには『Ave Maria』を読むしかなさそうです。あの本の山から『Ave Maria』を見つけ出すことができればですけれども。

|

« 『星降り山荘の殺人』 倉知淳 | トップページ | 『Ave Maria』 篠田真由美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/20391968

この記事へのトラックバック一覧です: 『angels 天使たちの長い夜』 篠田真由美:

« 『星降り山荘の殺人』 倉知淳 | トップページ | 『Ave Maria』 篠田真由美 »