« 『不気味で素朴な囲われた世界』 西尾維新 | トップページ | 『イン・ザ・プール』 奥田英朗 »

2008/03/03

『犯罪ホロスコープⅠ 六人の女王の問題』 法月綸太郎

犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題 (カッパ・ノベルス) Book 犯罪ホロスコープ1 六人の女王の問題 (カッパ・ノベルス)

著者:法月 綸太郎
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夜空に瞬く星をつなぎ、物語をつむぐ

星座にまつわる6つの謎を解き明かすは、あの法月綸太郎

名探偵は真実を拾い上げ、新たな物語を描くことができるか?

『法月綸太郎の功績』以来○年越しの“綸太郎シリーズ”ノベルス発売ですよ、奥さん!!『名探偵コナン』の名探偵図鑑に掲載され、名実共に殿堂入りを果たした(笑)法月綸太郎のシリーズ最新巻ですよ、奥さん!!!

黄道12星座をモチーフに綸太郎が謎と対峙する新シリーズ。『犯罪ホロスコープ1』と銘打たれた前半戦は牡羊座から乙女座までの6戦。双子座と蟹座はそれぞれ『あなたが名探偵』『気分は名探偵』で既読か…あとの4星座に期待!

というわけで、本作の個人的ベストは「ゼウスの息子たち(双子座)」です…って既読作品じゃないですかっ!?でも、この趣向の作品が好きなの。すんごい好きなの。これだけは譲れないの。騙された感が堪らない優秀な1作。次点は「ヒュドラ第十の首(蟹座)」かしら…ってまたもや既読作品!?「ジャーロ」以外の媒体に発表された作品の方がレベルが高いのは…やっぱり読者数の差かしら?(言っちゃった!?)

演出に最も度胆を抜かれた作品を挙げよと言われれば、間違いなく「六人の女王の問題(牡牛座)」なんですがね。いきなりト書きが挿入されたときには「ざ、斬新…」と苦笑いしてしまいました。あとがきで作者の法月氏自ら「省エネ対策」と仰っておりましたが…すごい省エネですね。

全体を通してちょっと物足りない印象を受けてしまったのは、「綸太郎復活!」の興奮から個人的な審査ハードルを上げてしまったからでしょうか?後半戦は私の所属する(笑)水瓶座の作品が掲載されるでしょうから、もっとハードルが上がってしまうような気もしますが。やっぱり自分が大好きですから(笑)

とにかく、『犯罪ホロスコープⅡ』の発売までにまた○年以上かかってしまうようなことの無きように…宜しくお願い致します。

|

« 『不気味で素朴な囲われた世界』 西尾維新 | トップページ | 『イン・ザ・プール』 奥田英朗 »

コメント

まじょ。さん、お帰りなさいませ。

とっても気になる短編集なので、今月中に読むと思います。

『犯罪ホロスコープⅠ』なんですね~。本当に“Ⅱ”は出るのかしら?

投稿: Cozy | 2008/03/04 23:57

☆Cozyさん☆
「本当に“Ⅱ”は出るのかしら?」なんて、本当のことを言ってはダメですよ!!!!!(爆笑)おそらく、5年後くらいに「綸太郎シリーズ待望の新刊!」とかって帯が付いて発売されるんだと思います。
司書の彼女が本作には登場しなかったので「ついに綸太郎ってば振られた?」とかどうでも良い心配もしちゃった新刊でした(笑)

投稿: まじょ→Cozyさん | 2008/03/15 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/10159335

この記事へのトラックバック一覧です: 『犯罪ホロスコープⅠ 六人の女王の問題』 法月綸太郎:

« 『不気味で素朴な囲われた世界』 西尾維新 | トップページ | 『イン・ザ・プール』 奥田英朗 »