« 『重力ピエロ』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『空中ブランコ』 奥田英朗 »

2008/03/16

『零崎曲識の人間人間』 西尾維新

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21) Book 零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“殺し名”第三位に列せられる殺人ファミリー・零崎一族

そんな零崎を脇役として支え続けた“少女趣味”の物語

「零崎を始めるのも、悪くない」

うわぁ…ピュアラヴストーリーじゃないですかっ!?

殺さずにはいられない殺人鬼ファミリー・零崎一族の中で、“菜食主義者”と呼ばれる異質な存在…それが“少女趣味”こと零崎曲識。『人間人間』はそんな曲識を脇役に据えた4つの物語です。

「ランドセルランドの戦い」では策師が零崎一族に仕掛けた“小さな戦争”を、「ロイヤルロイヤリティーホテルの音階」では財力・暴力・権力の3世界を股に掛けた“大戦争”と最強の成りかけを、「クラッシュクラシックの面会」では両手を失った少女と刺青少年が創る新しい家族の形を、そして「ラストフルラストの本懐」では殲滅されゆく零崎一族の最期を。時系列も事件も登場人物も、とにかくバラバラな本作。共通するのは脇役として登場する…零崎曲識。

正直、もっと逝っちゃってる人を想像していたのですが(笑)結構普通の人でした、零崎曲識。いや、燕尾服でコントラファゴット吹いてる長髪のにーちゃんを“普通”と評するのはどうかと思うのですが…西尾作品だから、ね。某巨大鋏や某釘バットのようなわかり易い(笑)得物は持たない曲識の得物はズバリ“音楽”です。楽器を用いて、楽器が破壊されれば自らの声帯を用いて、相手の神経に音を送り込み操ってみせる零崎曲識。そんな彼の唯一のポリシィは…通り名でもある“少女趣味=少女以外は殺さないこと”。

その“少女趣味”の誓いを立てることとなった契機が冒頭の「ピュアラヴストーリーじゃないですかっ!?」の叫びなんですが…ちょっと良いですよ、胸キュンしちゃいますよ、貴方。偶然果たした一瞬の邂逅を忘れることができずに、あの日の少女の面影を捜し求めて、少女だけを殺め続ける曲識。そんな曲識の最期の時に現れたのは…誰よりも出待ちが長く、誰よりも出どころを心得ている赤い最強。『人間試験』には負けますが、じわーっときました。あぁ、零崎として生きてきて良かったねって。

そんな零崎ファミリーのハートフルかつアットホームな関係は「クラッシュクラシックの面会」でも垣間見ることができます。零崎の生き残りである人識&舞識が、共に生きてゆく決意を決めた瞬間。泣かない舞識を痛々しく思う人識と、人識と連弾でき得る可能性を秘めた舞識。そんなふたりの前途を祝すかの如く、曲識が贈った一冊のノート。解らないなら解らないままで良い…そんな難解なメッセージがまさしく零崎流。

零崎シリーズは次なる人識の物語で終焉を迎える模様。壊滅した零崎のたったひとつの希望である人識が、そんな物語を紡ぐのか…終わってしまうのは寂しいけれど、早く読みたい。複雑です。

|

« 『重力ピエロ』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『空中ブランコ』 奥田英朗 »

コメント

ぴゅあらぶすとーりーなんですか! 零崎いいですよね〜 本書購入済みですが図書館本が多く、まだ読めてない... あ〜はやく読みたい

投稿: きりり | 2008/03/16 02:16

お久しぶりです!!やっぱり読まれていましたか、人間シリーズ新作♪確かに今回の零崎はピュアなストーリーでしたね。「クラッシュクラシックの面会」から「ラストフルラストの本懐」への流れは良かった~。ただ、人識君にそういうピュアさは要らないなあと思ったり思わなかったり。やっぱりファミリーがウリだからでしょうか。人間試験ほどではないですが、ファンだったら楽しめる作品でしたね。次はいつ読めるのかわからないですが、また、まじょ。さんのブログで「人間試験よりは~」なんて言ってそうな気がしてきました。

投稿: ソラチ | 2008/03/18 01:04

☆きりりさん☆
零崎シリーズ、図書館本を押しのけてどぞ!
零崎長兄の歪んだ(笑)性癖なんが塵に見えるほど、曲識の“少女趣味”はピュアピュアですよ…って、あれがピュアに見える私は、すっかり西尾ワールドに侵されちゃってるみたいです(汗)

投稿: まじょ→きりりさん | 2008/03/20 19:15

☆ソラチさん☆
わぁ、ソラチさん!お久しぶりですっ!!ご無沙汰しておりましたっ!!!
零崎シリーズを読むと「人識くんも人の子やねぇ…」って思いますよね!(そうか?本当にそうか??)舞識ちゃんを思う気持ちとか、毒吐いてても長兄が大好きだったりとか!しかも、出夢ちゃんとも怪しいし!!
ソラチさんコメントの「『人間試験よりは~』なんて言ってそうな気がしてきました」に爆笑させていただきました!私、絶対言う!!ブロ愚の存続かけても良いような気までします。『人間試験』以上の作品が出てきたら、それはそれで嬉しくて存続しちゃうんですけどね!(結局、存続するという罠)

投稿: まじょ→ソラチさん | 2008/03/20 19:22

やっと読みました いや〜人間シリーズ良いですね〜
ホントにピュアラブでしたよ それに零崎達の若い時とかもニヤつきながら楽しめました(ダイジョブか?)
最後になる人識君のが待ち遠しいけど、絶対泣けそうでちょっと怖いです

投稿: きりり | 2008/03/30 02:18

☆きりりさん☆
ねっ?ピュアラヴですよねっ??もう本当に最強なんだから赤色は。
零崎ブラザーズの若い時も良かったですね!殺人鬼なんだけど、殺人鬼に成りきれていないというか…ぶっちゃけ可愛い♥
最終巻の人識はなんか号泣する予感がします。最後の零崎が零崎を再興させるのか殲滅させるのか…号泣する準備は出来ているので、西尾氏びっくりするくらいの大作を宜しくお願いします。

投稿: まじょ→きりりさん | 2008/04/05 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/11384272

この記事へのトラックバック一覧です: 『零崎曲識の人間人間』 西尾維新:

» 零崎曲識の人間人間/西尾維新 [ながし読み日誌]
久々の人間シリーズ!!講談社のメルマガ見てびっくりでした。知らないうちに出てた!しかも講談社公式サイトでのサイン本逃したし!!まあ、新作読めるので良しとしましょう。例の如く、トレカ付でございました。さらに書店で特製しおりも一枚ついてきたらしい。戯言シリーズのように書店ごとに二種類ずつとか用意されているのかな。今回も弟におつかいを頼んだので、弟セレクトで人識君のしおりでした。。。折角だから脇キャラでも良かったのになと思いつつありがたく本に挟んでおりますが、傷むのがイヤなのでしおりとしては使いません! ... [続きを読む]

受信: 2008/03/18 00:58

» 西尾維新「零崎曲識の人間人間」 [聞いてあげるよ君の話を]
日曜日のランドセルランド 家族連れでにぎわう園内に登場するのは子荻&双識ペア 冒頭より飛ばしてくれますこの二人! そしてその後を追う、さらにマニアックな風貌のふたり ウエービーな長髪の燕尾服の男と顔半面刺青の少年 ある種遊園地だから何かアトラクション系....... [続きを読む]

受信: 2008/03/30 02:21

« 『重力ピエロ』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『空中ブランコ』 奥田英朗 »