« 『密室キングダム』 柄刀一 | トップページ | 『タカイ×タカイ』 森博嗣 »

2008/01/17

『QED 諏訪の神霊』 高田崇史

QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス タS- 22) Book QED 諏訪の神霊 (講談社ノベルス タS- 22)

著者:高田 崇史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「じゃあ、二人で行こう」

思いがけなく巡ってきた恋のチャンスを諏訪で迎えたお邪魔虫

しかも、連続殺人事件までもが寄って来て!?

諏訪大社に潜む謎へ挑むはQEDシリーズ第15弾

『密室キングダム』の後だとニ段組300頁超の本作が薄く感じるから不思議です。1月発刊が恒例となりつつあるQEDの主題は諏訪大社。最近、タタル氏に倣った神社仏閣巡りが趣味になりつつある私としては(去年は鎌倉遠征に勤しみました)見逃せない主題です。まぁ、今回も御多分に洩れず

全然、意味解んなかったんですけどね!!

QEDの読者置いてけ掘は今回に始まったことじゃないので想定の範囲内です。最近の日経平均株価の下がり具合の方が想定外だ。

さて、本作の舞台は日本最古の神社として数えられる諏訪大社(長野)。その諏訪大社では7年毎に御柱祭という実に荒々しく猛々しい御祭りが行われておりまして、祭の最中に事故に見せかけて男が殺されたことを契機に、今回の連続殺人事件は始まります…なんて書きましたが、もちろん本作はQED。歴史薀蓄7割ミステリ3割の割合で物語は進みますので、皆様ご安心を。

それでも本作はミステリの割合が多い方です。ぎりっぎりのところでタタル&奈々が事件に介入する理由付けがなされていて、これまでのように登場人物と関係ないところで事件が起こり、関係ないところで解決するといった荒行に出ていない分評価できます(そんなの当たり前だろ!?と云い切れないところがQEDの凄いところ)。まぁ、今回も動機ほったらかし&歴史的因果関係のみで推理という素晴らしい出来なんですが。

さて、作者の高田氏によるとこのQEDシリーズは「あと3作で終わり」とのことですが、それに合わせたように新しい事実が浮かび上がってきました。えー、タタル氏にとって

自分の命よりも大切だと思っていた人って誰ですかっ!?
俺自身も死にかけたことがある…って、いつ!?

とりあえず、QEDシリーズが始まってからのことじゃないでしょ?そしておそらく大学入学以降でも無く(入学後だったら熊つ崎が知っているはず。なんせ悪友)『九段坂の春』で描かれた中学生時代でも無いはず。ってことは空白の高校生時代??でも、中学生のときに既に変人奇人としての人間形成が出来上がっているから、小学生時代ってことも考えられるな。とにかく、突如として唐突に明かされた新事実に打ちのめされた本作。なんとなく女の影がチラつくので、高校生時代のお話ではないかと妄想してみる。俄然、注目度の増したQED…高田氏、やってくれるZE!

さて、それでは今回もタタ奈々ポイントをおさらいして幕を閉じようと思います。(腐女子発言が飛び交いますので、通常の感覚をお持ちの皆様はこれにて御機嫌よう)

「じゃあ、二人で行こう」「それでは、楽しみにしている」
ついにこの二人にも艶っぽい話がっ!?と期待させるだけさせといて…
・タタル、外野(お邪魔虫)からの「彼女」「結婚」発言については否定せず
スルーでなく、肯定の方向でお願いします
・タタル、奈々以外の女性に狐憑き
ガッテム!!ただ、その後の奈々ちゃんのやきもち引っ張りが可愛かったので許す
・タタル、狐憑きにかこつけて(笑)奈々に顔を急接近させる
もう、そのまま唇でもなんでも奪っちゃいなさいYO!でも、今回はそれだけでは終わらない…
・タタル、奈々に「きみがいてくれて良かった」発言
・上記発言とともに(正気の状態で)奈々の手に自分の手を重ねる

あぁ、そこで告白しないでどこで告白すんの!?ていうか、なぜ手を重ねる?そこにあるのはなんの情だ?御礼かっ!?
(追記)そういえば、奈々が乱れたタタルのシャツをいそいそと直す、なんて素敵シーンもあったな!
めちゃくちゃ萌えシーンなのに、その場の誰もツッコまないから忘れた

まぁ、こんなもんです。いつもよりは多かったやもしれんが、三十路越えの大人のやることとは思えません。でも、手を重ねたあの瞬間は良かった。二人きりの旅行だからこそ出来たタタル氏の精一杯だと思いたい。

とにかく、残り3作のQEDから目が離せませんな。

|

« 『密室キングダム』 柄刀一 | トップページ | 『タカイ×タカイ』 森博嗣 »

コメント

初めまして(´∀`)
QED大ファンです。
本当にこのプラトニックすぎる2人に
ヤキモキ&イライラ状態ですが、
あと3作で終りなのですね(TдT)
別シリーズも出たようですが、
QEDの続きが読みたいです。

リアルの殺人事件ってQEDシリーズ
を全部読んでますが再読しても
思い切り忘れてます(^-^;)

投稿: igaiga | 2008/12/20 13:28

☆igaigaさん☆
初めまして!コメントありがとうございますわーい♪
もう「QEDを読むのはこのふたりのため」と言っても過言じゃないくらい苛々させてくれるタタル♥奈々ですが…「メフィスト」最新号に短篇が収録されていて、それが40代になったタタルさんの話ですって!?嫁は?40代のタタルさんに嫁は?もちろん奈々ちゃんよね?奈々ちゃん以外有り得ないよね?
って、すみません未確認情報にも関わらずうっかり熱くなってしまいました…でもそのくらいこのふたりが好き♥
次も『カンナ』らしいですが(がっかり)QED新刊の暁にはタタル♥奈々の苛々トークしましょう(えっ?苛々?)コメントありがとうございましたっ!!

投稿: まじょ→igaigaさん | 2008/12/22 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/9915724

この記事へのトラックバック一覧です: 『QED 諏訪の神霊』 高田崇史:

« 『密室キングダム』 柄刀一 | トップページ | 『タカイ×タカイ』 森博嗣 »