« 『オートフィクション』 金原ひとみ | トップページ | 『名前探しの放課後』 辻村深月 »

2008/01/29

『クリスマス緊急指令』 高田崇史

クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社ノベルス (タS-21)) Book クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社ノベルス (タS-21))

著者:高田 崇史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クリスマスには不思議なことが起こるもの

高田崇史が贈る、ノン・シリーズ短編集

本棚を漁っていた私の頭に、見事クリティカルヒットを喰らわしたのが本書『クリスマス緊急指令』。発売されたばかり本(去年の10月…だったかな?)なのですが「読んだ記憶が全く無い→ちょっと読んでみよう」と思ってしまったのが運の尽き。

あまりのつまらなさに記憶から抹消した本でした

あぁ、二度も時間の無駄遣いをする羽目になろうとは…“読む価値なし本棚”に入れておくのをすっかり忘れてしまった私が悪いんだけれども。

初出を見るに「メフィスト」誌上に掲載された作品の詰め合わせのようですが、「メフィスト」で小出し小出しに冗談のように読まされるならまだしも、こう大挙してやってこられると…惨敗です。

趣向として悪くない作品もあるやもしれませんが、それを遙かに上回る駄目作品たち。特に「迷人対怪探偵」なんて酷い。高田氏のやりたかったことはわかるのですが、それが空回りしているというか。同じ趣向の作品として東野圭吾氏の『名探偵の掟』を挙げることができると思うのですが、あれには充分すぎるほどのユーモアが詰め込まれているから成立する作品であって。ユーモアの欠片もない(あったとしても低俗すぎる)「迷人対怪探偵」で読者を楽しませることはできないと思う。少なくとも、私には苦痛でしか無かった。

たとえQEDシリーズが終わっても、それでも高田氏とのお付き合いは続けたいから…ノン・シリーズとは言えど、「メフィスト」とは言えど、きちんとした作品を世に送り出していただきたいものです。

|

« 『オートフィクション』 金原ひとみ | トップページ | 『名前探しの放課後』 辻村深月 »

コメント

同意見でした‥。私も読まないほうがよかった‥と読後に肩を落としました(汗)

投稿: gaku | 2008/01/30 12:42

☆gakuさん☆
同意、ありがとうございましたっ!
QEDシリーズにおけるミステリの割合がどんどん減る中、「せめてノンシリーズくらいは…」と期待するファンを徹底的に裏切ってくれた感じですよね。
かなりの毒吐きレビューでしたのに、反応くださってありがとうございました!!

投稿: まじょ→gakuさん | 2008/01/30 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/10070994

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリスマス緊急指令』 高田崇史:

« 『オートフィクション』 金原ひとみ | トップページ | 『名前探しの放課後』 辻村深月 »