« 『Rのつく月には気をつけよう』 石持浅海 | トップページ | 『螺鈿迷宮』 海堂尊 »

2007/12/23

名探偵コナン実写ドラマ「工藤新一の復活!黒の組織との対決」

もちろん見ました名探偵コナン実写ドラマ第二弾。今回も腐女子視点からの特別レビューをお送りしたく思います。お付き合いできる方だけ、お付き合いくださると幸いです。

さて、第二弾の目玉はコナン&哀ちゃん実写化と黒の組織との対決!冒頭に登場したジン(佐々木○之助さん)…結構アリかもっ!?白髪が思ったよりもお似合い。その代わりと言っちゃなんですが、同じ白髪でも阿笠博士は似合わねぇ似合わねぇ。似合わないどころか、口調まで別物なんですもの。阿笠博士が新一を呼ぶ時は「新一くん」じゃなくて「新一」ですよ呼び捨てですよ。そこんとこ頼みますよ、脚本家。

そして、パイカル(お酒)を飲んで再び元の姿に戻るふたり。うっほ、哀ちゃんが香椎○宇ちゃんですか…

なんじゃ、そのヅラはっ!!??

てっきり髪型でキャスティングしたんだと思ってたのに。なぜヅラを被せるヅラを。本当にこのコナン実写ドラマはヅラがお好きですね。でも、哀ちゃんの冷たい雰囲気が滲み出ていて良かったです、香椎○宇ちゃん。

そして、工藤新一=小○旬くんですが…なぜ制服を着せる?わざわざ着せる!?絶対あの会場に帝丹高校の制服は無いだろ。そこまでして小○くんに制服着せたいですか?その心理が良くわからない私としては、そこに生じる無理加減の方が気になります。そんな新一と蘭の奇跡の再会…まさに奇跡っすよ!?エレベータから一瞬だけ見えた手だけで解ってたまるかいっ!!??あの仕種だけで解る女なら、コナンが新一だってことも解るよ。新一&蘭のいちゃいちゃは徹底的に排除して欲しいと願う私としては、実に納得のゆかない再会でございました。

さて、肝心(?)のミステリ部分。脅迫されていたミス・ジャパネスク(端的に言うなればミスコン優勝者)が舞台上でマリオネットの如く吊るされ殺されておりました。うん、ミステリ的で良いね、こういう展開は。まぁ、一言だけ言わせていただきたいのが、舞台上に謎のテグスが吊られていたら誰か(少なくとも舞台監督助手の君)は気付くだろう、と。だって、丸見えだったじゃないですか。そういう演出だったとは思えませんしね。こういうガサツなところがコナン実写ドラマクオリティということで。

んで、この殺人が起こったタイミングにこのドラマの一番の山場が待っておりました。

コ哀…美味し過ぎるんですけど!!

新志的展開と言い換えてもまったく差し支えないあの状況。あの庇い方はちょっと過剰ですよっ!愛が思わず溢れ出てしまった庇い方でございました。そうか、そうか、エレベータでの奇跡の再会はこのジェラシー展開に持ち込む為の伏線だったわけね。それなら已む無いです、はい。

そういえば、目暮警部がキャストチェンジしておりましたね。この采配だけは評価できる。

さて、ミステリドラマとして本作を評価するならば、視聴者に優しくないドラマでございました。ちょっと推理する情報が少なすぎるかな。だって、血がこびりついて髪が垂れなかった…って、あんな真っ黒の髪じゃそんなの解らないっすよ。金髪っていうならまだしも。まぁ、そのあたりの機微が解るからこその名探偵なのかもしれませんが。そして、一見隠せそうにないところに死体を隠すというトリックですが…ダンボールって。もっと驚きの隠し場所(心理的な盲点とか錯覚とか)を期待していただけにがっかり。しかも、あのダンボールって一部が切り取られてるわけでしょ?そんな変なダンボールが現場にあったら、探偵じゃくても気付きますって。やっぱり駄目ですね、ニ時間ドラマに過度な期待を抱いては。

さて、最後の山場は工藤新一VS黒の組織。

闇の社会を生きる黒の組織が、ホテルであんな風にドンパチやるわけなかろうに…

銃で鍵ぶっこわしてホテルの一部屋ずつ調べるって…そんなまどろっこしいこと組織がするかしら。原作のジンなら、もっとスマートに部屋を特定してくれるんじゃないかと。あるいは、ここぞとばかりに新一が罠を仕掛けたり。いくら体調が悪いとはいえ、黒の組織の尻尾を掴むことが新一(コナン)の最大の目的なんだから、逃げるんじゃなくて攻めに転じるんじゃないかと思うんですよね。申し訳ないが、あの展開は攻めというより最後の足掻きに見えちゃいました。だって、あの部屋が特定できたのは必然だとしても、あのタイミングでヘリの光が差し込んだのは偶然でしょ?

なんて、扱き下ろしておりますが、もちろん愉しませていただきましたよ(コ哀的方面で)。これで実写化終了というのはちょっと残念ですが、そろそろコナンも新一に戻らないとね。今度は怪盗キッドの実写化をどうぞ宜しくお願い致します(って、もう制服は着ないっていう理由で終了なんじゃ無いのかよ!?)

名探偵コナンドラマスペシャル「工藤新一の復活!黒の組織との対決」【初回限定盤】 DVD 名探偵コナンドラマスペシャル「工藤新一の復活!黒の組織との対決」【初回限定盤】

販売元:ビーヴィジョン
発売日:2008/03/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『Rのつく月には気をつけよう』 石持浅海 | トップページ | 『螺鈿迷宮』 海堂尊 »

コメント

しまった〜!見忘れました〜 何か裏を録ってたような... 小栗君の制服姿は、もうないだろうと思っていたら今年たくさんありましたね〜 でも特にコナンの制服姿は、さすが浮いてるような...

投稿: きりり | 2007/12/24 13:07

☆きりりさん☆
たしか裏は「ガリレオ」だったはず…って、私すっかり「ガリレオ」見忘れたことになるなぁ、がっくり。
小栗くんの制服はさすがにもう厳しいですよね!でも、いまリアルに制服着ている世代の俳優・女優ってあまり光る人が居ないのも事実…乙一の『GOTH』が映画化されるっていうので、妄想キャスティングしてみたのですが、高校生役の男の子が全然浮かばなくってびっくりしましたもの。

投稿: まじょ→きりりさん | 2007/12/25 23:13

え〜GOTHですか〜 いや〜男の子役は難しいですね なんかジャニーズとかになりそうな予感も... ってあえばいいんだけど、森先生のドラマ化の二の舞ににはなって欲しくない

投稿: きりり | 2007/12/27 01:17

☆きりりさん☆
しかも、日本とハリウッドのダブル映画化なんですよ『GOTH』。叙述トリック連発の『GOTH』をどう映像化するのかが気になるんですよね…「犬」とかどうするんだろ。キャスティングはあまり期待できないだけに…その練りこまれた(頼む、練りこんでくれ)映像美に期待したいです。

投稿: まじょ→きりりさん | 2007/12/27 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/9536950

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵コナン実写ドラマ「工藤新一の復活!黒の組織との対決」:

« 『Rのつく月には気をつけよう』 石持浅海 | トップページ | 『螺鈿迷宮』 海堂尊 »