« 『一角獣の繭』 篠田真由美 | トップページ | 『ナイチンゲールの沈黙』 海堂尊 »

2007/12/10

「このミステリーがすごい! 2008年度版」

このミステリーがすごい! 2008年版 Book このミステリーがすごい! 2008年版

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お久しぶりです(声を大にして)

ちょっくら違うところ(ミステリ方面ではない)に注力しておりまして、長期放置プレイ敢行と相成りました当ブロ愚でございますが、その方面への熱もだいぶ冷めましたのでブロ愚復活でございます。誰も待っちゃいなかったとは思うが…初心に戻って頑張りますので、また楽しいお付き合いをさせていただけたら幸いです。

さて、復活第1作目レビューは年度末のお愉しみ「このミス」。違う方面に注力しておりました間はミステリ読まず喰わずの生活でしたので、ベスト20にランクインした作品で既読なのは『女王国の城』『密室殺人ゲーム王手飛車取り』『心臓と左手』の3冊でございます。40位まで範囲を広げてみたってわずか9冊…なんて駄目な仔、どこがミステリブロ愚!?

ライネンコソハガンバリマス。

さて、反省も無事済ませたことだし(えっ?)恒例の「私の隠し玉」ツッコミコーナーに行きましょうかね!

●有栖川有栖氏●
有言実行おめでとうございます!
しっかと読ませていただきました『女王国の城』!ブロ愚放置期間中ではありましたが、15年ぶりの学生アリスだけは拝読させていただきました。まぁ、いろいろと思うところはあったんですが(各所で評価されている“ゆったり感”を私は愉しむことができなかったことだけ書いておこうかな…)アリスたちとの再会が今年最も嬉しかったことだけは確かです。また15年待つ覚悟はできてますので(笑)どうか私を驚かせてやってください、有栖川氏。

●石持浅海氏●
短編集がわんさか発売となった今年…やっぱり石持氏の魅力は“練りに練って練りこまれた”長編だよ!と正直思っちゃいました。18位にランクインした『心臓と左手』も悪くなかったんですが、私の中で『扉は閉ざされたまま』や『月の扉』を超えることはできず。だからこそ、隠し玉披露の『扉は閉ざされたまま』後編にはとにかく期待大でございます!来年もミステリファンを存分に愉しませてくださいませ!!

●倉知淳氏●
相変わらずの近況報告をありがとうございます(涙)猫丸先輩は今日も元気に煙草をふかしていらっしゃるのでしょうか?

●本多孝好氏●
今年は予告されておりました青春小説『正義のミカタ』が発売となり、デビュー当時から本多氏を追いかけ続けております私にとっては嬉しい一年でございました。現在は3冊並行して執筆されていらっしゃるようで…その中に去年仰っていた官能小説は含まれておりますでしょうか?私、ちょっとばかしですが、本多氏の書く官能小説が読みたかったり…えへ。「地球を甘やかさない」をモットーに生きている私が(笑)地球を壊してしまわないうちに、本多氏の新作を拝読できる日が来ることを願っております。

●横山秀夫氏●
隠し玉でなくエッセイのみの投稿…去年から予定は変わっていないということでよろしいのでしょうか!?(にじり寄り)横山氏の作品をリアルタイムで読める感動に浸りたい!D県警の歩くナイフ・二渡警視が“切って切って切りまくる”新刊(笑)『64』がとにかく愉しみですっ!!

●米澤穂信氏●
またもや仮題変更の『秋期限定栗きんとん事件』…きっと栗きんとんが食べたくなるに違いないけど、春でも夏でも冬でも発売オッケーですからっ!あと、紺屋S&Rも忘れないでいてくれたら嬉しい!!エッセイを読んで、米澤氏が自分とほとんど変わらないお歳だと再認識し、自分の不甲斐無さにちょっとだけ哀しくなったけれど、そんなの関係無いですからねっ(号泣)

あと、今年のこのミスは20周年ってこともあって出血大サービス…海堂尊氏“田口&白鳥シリーズ”短編が掲載されてましたね!!友人から「貴女、リアルに白鳥みたいな性格してるね」という有り難いお言葉を頂いてからロジカルモンスターが気になって気になって仕方がありません(笑)そんなロジカルモンスターが活躍する(?)『ナイチンゲールの沈黙』が本格復帰レビューになりそうです。近日中に更新…したい!!

|

« 『一角獣の繭』 篠田真由美 | トップページ | 『ナイチンゲールの沈黙』 海堂尊 »

コメント

うわ〜まじょさん おかえりなさい! ちょうど今ブログをアップして本ブロ見たらお名前が(泣)こちら金曜日ひたすら立ち読みしたけど、今日買いました 有栖川氏がここまで上位とは思いませんでした ん〜みんな待ってたんだろうな
と言うことで、またレビュー楽しみにしてます

投稿: きりり | 2007/12/10 00:50

☆きりりさん☆
ただいまです、きりりさんっ!!お早いコメント、ありがとうございます♥自分でも復活できるかどうか半信半疑なのですが(笑)出来る限り頑張ってみますので、またお付き合いくださいませっ!!
有栖川氏の新刊はやっぱり「待ってたぜ!!」層の強力プッシュの臭いがしますよねぇ…ミステリらしいミステリが最近出版されていないことも問題だと思いますが。
「このミス」片手におもしろい本たちと戯れることのできるこの時期が私にとっては最高にしあわせです。うん、なんとなくレビュー頑張れそうです。

投稿: まじょ→きりりさん | 2007/12/11 23:18

TBさせていただきました。

なんだかんだいっても毎年買って、読書ガイドとして使っています。
ランキング上位が必ずしも面白くなかったりしますが・・・。

投稿: タウム | 2008/01/02 01:06

☆タウムさん☆
「今年はミステリが不作だ!」とかなんとか言いながらも「でも、自分が巡り合わなかっただけで、おもしろいミステリがあったのかもしれない」と言い訳をして毎年買っちゃうから不思議です、このミス。
で、「やっぱり不作だ」と肩を落とすわけです。あはは。
TB&コメント、ありがとうございました!

投稿: まじょ→タウムさん | 2008/01/16 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/9330421

この記事へのトラックバック一覧です: 「このミステリーがすごい! 2008年度版」:

» 気になる今年のランキング  「2008年版 このミステリーがすごい!」 [本読め 東雲(しののめ) 読書の日々]
「2008年版 このミステリーがすごい!」 本屋でこの本を見つけると、もうこの季節かって感じになりますね。 見つけるなり、そく購入です 今年は価格も手軽で、ワンコインで買えち... [続きを読む]

受信: 2008/01/02 01:08

« 『一角獣の繭』 篠田真由美 | トップページ | 『ナイチンゲールの沈黙』 海堂尊 »