« 『ライアーゲーム #10』感想 | トップページ | 『のだめカンタービレ #18』 »

2007/06/18

『毒草師』 高田崇史

毒草師 Book 毒草師

著者:高田 崇史
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

旧家に伝わる一つ目鬼の伝承と、人間が消える離れ。

『伊勢物語』に隠された秘密が謎を解く鍵に。

その鍵を開けるのは…毒草師・御名形史紋。

高田さんとこのちょっとキテるお兄ちゃんの話です。このワード検索で(高田さんとこのちょっとキテるお兄ちゃんというワードでは無い)当ブロ愚にご来場くださる方が案外多くて申し訳ない気持ち一杯だったのですが、漸くレビューをupすることができました。お愉しみいただければ幸い。

さて『毒草師』ですが、「QEDシリーズ」初期のかほりが漂っておりました。嬉々。

テーマは『伊勢物語』。昔、男ありけりで有名な在原業平を主人公に据えた古典。在原業平という言葉を聞くと、自然と火野○平→IS○Aという連想ゲームを成立させてしまうこの脳を誰か破壊してください。というわけで、『伊勢物語』に収録されている「鬼一口」の高子を主題に物語は進みます(「ポンツーン」に連載されていた時の作品タイトルがまさに『鬼一口』でした)。

さて、一つ目鬼と云えば「QEDシリーズ」読者にはもうお馴染み、タタラです。後期QEDシリーズには、タタラ関連の話題が登場しない巻は無いと云えるほど。本作でもタタラに関する記述が続きましたが、あっさりななめ読みさせていただきました。アリガトウゴザイマス。そして、セクハラ発言もありましたねぇ。高田崇史氏の中でセクハラ発言がブームなんでしょうか?だってあの話、無くても物語は成立するじゃないですか?まぁ、それだと歴史を正しく伝えてないってことになるんですけれど。

そうそう、史紋ちゃんですが(笑)予想通りにキテました。白シャツに肩までの黒髪なびかせて、手には真っ赤なグローブ…充分に変質者です。グローブが特に。なんだ?いまから誰か殺しに行くのか?タタルか?ってな具合で。赤グローブについて説明された記述がQED本編に有ったかもしれませんが、最近のQEDは全編ながし読みなんで…。

そんな史紋ちゃんですが、タタルへの挑戦状をこんなところでも突きつけていようとは。『古今和歌集』のような歌集は句と句が繋がってゆくように作られているというお話の中で

「そんな(句を繋げてゆくというような)ことは暇を持て余している人間にやってもらえば良いことだ。」

という暴言を!!あの作業に寝食を忘れて取り組んでいた暇人・タタルの存在意義って。まぁ、あの場面で史紋ちゃんが「よ~し、いまから全部並べるぞぉ!」とか云い出したら全力で30頁くらいワープするところでしたけれども。

あら。今頃ミステリ部分について全く触れていないことに気付きました。ミステリ的にもまぁまぁおもしろかったです、本作。ラストに色仕掛けで毒殺を試みようとした件だけは蛇足感ありましたけれども(だって、彼女があの会社に入ってあの一家への復讐を果たそうとしたってところに無理を感じるんだもの。遠すぎる)史紋ちゃんが突然現れてバッサバッサと快刀乱麻に謎を解決してゆく様は快感。タタル氏よりも探偵らしいと思います。社交性もタタル氏よりあるようですし。タタル氏の社交性は奈々方面でしか発揮されないから。間違ってもオリジナル調合の漢方薬を隣人に配ったりはしないね。

とうわけで、初期QEDを彷彿とさせるストーリーに満足。シリーズ化してくれたらまた読みたいと思わせる作品でした。正倉院の消えた毒薬についても「ゾクッ」とさせてくれる素敵さ。でも、やっぱり史紋ちゃんよりはタタル氏に魅力を感じる駄目な仔なのでした。

|

« 『ライアーゲーム #10』感想 | トップページ | 『のだめカンタービレ #18』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6818279

この記事へのトラックバック一覧です: 『毒草師』 高田崇史:

« 『ライアーゲーム #10』感想 | トップページ | 『のだめカンタービレ #18』 »