« 『模倣の殺意』 中町信 | トップページ | 『君に届け』 椎名軽穂 »

2007/06/06

『風信子の家』 篠田真由美

風信子の家―神代教授の日常と謎 Book 風信子の家―神代教授の日常と謎

著者:篠田 真由美
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

-この謎が君に解けるかな?

それだけ書かれた手紙と共に送られてきた家屋模型。

建築探偵シリーズでお馴染み・神代宗教授、スピンオフ作品。

最近では作品の内容云々ではなく、HPでの傍若無人な振る舞いが話題の篠田真由美女史。6月には建築探偵シリーズの新作が発売されるようで(密林にて予約完了!)篠田女史、ハイペース執筆ですね。

そして、本作は建築探偵シリーズより神代教授をスピンオフ。副題の「神代教授の日常と謎」の「と」にゴミが付いてるなぁと思ったら、背表紙の「と」にも付いていたので意図的に付けた模様。なんとなく素人臭いものを感じるのは私だけ?

さて、くどいようですが本作は建築探偵シリーズから神代教授をスピンオフ…のはずなのに、神代教授が探偵役を果たした作品なんてあったか?あれ?元祖ヒッキーとも云える(バブルの頃から引き籠ってました)桜井京介がでしゃっばってきたり、旧友が「探偵」と自称しちゃったり、めんこくて堪らない蒼が探偵を果たしたりした作品は読んだ記憶があるのですが…あれ?気のせい?

しっかし、この『風信子の家』(そうそう、風信子はヒアシンスと読むんです)を読んで良かったと思うのは、

蒼がめんこくてめんこくて仕方が無いから!!

あぁ、この蒼のめんこさは『原罪の庭』を越えたかも!『桜闇』の深春を迎えに行った蒼に匹敵するね!!くぅぅぅぅ、蒼大好き、蒼にはしあわせになってもらいたい(だから京介には死なないでもらいたい)私としては、堪らない一作。

「クリスマスは嫌い」で神代教授とともに星を眺める蒼なんて最高!まさにお父さんと愛息子。本当に神代教授の養子になれば良かったのに。いや、蒼が決めたことならなにも云わないけどさ。そして、「悪魔の目覚める夜」で蒼から届けられたメッセージなんて悶絶モノです。深春、その小型レコーダを可及的速やかに寄越しなさい!!!と本気で思ふ。蒼、めんこい。

蒼好きなら読むべき一冊。ミステリとしては…どうなんでしょうね?篠田女史の作品に本格ミステリ的なものを求めなくなって久しい。6月新刊ももちろん期待なんてしないさ。蒼&翳が読めれば良いのさ。

それでもラストに収録されている「思いは雪のように降りつもる」の中原中也の引用は良かったと思います。久しぶりに中原中也を読みたくなってきました。同じく中也を扱った『暗黒館の殺人』では、そんなことこれっぽっちも思わなかったので、きっと巧い使い方だったのだと思います。

あぁ、蒼に逢いたくなってきました。いまから蒼のスピンオフ作品でも読もうかしら。

|

« 『模倣の殺意』 中町信 | トップページ | 『君に届け』 椎名軽穂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6677903

この記事へのトラックバック一覧です: 『風信子の家』 篠田真由美:

« 『模倣の殺意』 中町信 | トップページ | 『君に届け』 椎名軽穂 »