« 『推理小説』 秦建日子 | トップページ | 『風信子の家』 篠田真由美 »

2007/06/05

『模倣の殺意』 中町信

模倣の殺意 Book 模倣の殺意

著者:中町 信
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

七夕の夜、命を絶ったひとりの青年。その死に疑問をもったふたりの人物。

それぞれが異なる角度から事件の真相に挑む。

そして、読者の前に提示される驚愕の真相とは?

ソラチさんのブログで絶賛されていたので、手に取ってみた一作。中町信氏とは初めてのお付き合い。

練りこまれたプロット。「あれ?」と感じた時にはもう手遅れ。貴方は既に騙されている。もう、こういう作品大好きです。どんどんカモン!

本作は何度も改訂版が発行されており、私が手にとったのはアフィリで表示されている其れではなく、かなり古い版だったものですから(なんてたって改題される前の『新人文学賞殺人事件』ですから)どうやらミステリとしての難易度はグッと下げられている模様。

■ここからはネタバレ必至レビュー

本作最大のポイントである“時間軸の相違”ですが、古い版ではかなり露骨に描かれております。時間軸がずれていることは、かなり早いうちから看破できましたが、まさかそれぞれが違う事件を追っていようとは。死亡した青年が同姓同名であった…という奇跡(これを奇跡としてしまっては、なにも始まらないのですが)に起因するのですが、ここをどうオブラートに包むか。

見えるようで見えない、解りそうで解らない。如何に読者を煙に巻くか、如何に読者を物語に惹き込むか。それこそが作者の力量。素敵な読書タイムを中町氏に頂戴しました。ありがとうございます。

この手の作品はすべての謎が氷解したときに、眼から鱗。本格ミステリ読んできて良かったと思わせてくれる。この瞬間が大好きで、この瞬間に出逢ったときの快感が、次の作品を読むエネルギィになる。ミステリは本当に不思議で、良作に出逢ったときの「なんじゃこりゃぁ!」と駄作に出逢ったときの「なんじゃやこりゃぁ!」は同じくらいのポテンシャルを私にもたらしてくれます。

いまの私はミステリモード全開。本格の名作をどんどん読むぞぉ!という素敵な気持ちにさせてくれた一作。願わくば、最新改訂版で『模倣の殺意』に出逢っておきたかったという後悔。事前のチェックは念入りに。そして、一気読みの時間を確保して。

|

« 『推理小説』 秦建日子 | トップページ | 『風信子の家』 篠田真由美 »

コメント

こんばんは。正直絶賛し過ぎたのではないかと心配だったのですが、名作は誰が読んでも名作。まじょ。さんのレビューを読んでほっとしました。よかった~。このスタイルのミステリ好きにはたまらないんですが、わりと地味なので。。ただ、本当にミステリの名作をどんどん読みたくなるような読書意欲の沸く作品ですよね。質の良い本格作品を読みたくなります。

関係ないですが、chobiの広告本当に嫌ですね。掲示板変えられてて羨ましくなりました。掲示板はやっぱりchobiのような埋め込み型がいいんですが、あまりないのですねえ。

投稿: ソラチ | 2007/06/06 01:16

☆ソラチさん☆
ソラチさんがあれだけ絶賛するなら、名作に違いない!と確信しておりましたよ!最新改訂版で読めば良かったと本当に後悔。「~の殺意」はシリーズ化しているようなので(しかもいずれも名作)、これからの読書が愉しみ愉しみ♪
chobiの掲示板…広告は已む無いと思うんですよ、思うんですが、あの広告のセンスは如何なものかと。似非仮面○イダーが飛び回る様に、自分自身が耐えられなくなったので変えちゃいました。でも、chobiの広告が違うものに変わったら元に戻すつもりです。やっぱり埋め込み式が好きです、私も。

投稿: まじょ→ソラチさん | 2007/06/07 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6659026

この記事へのトラックバック一覧です: 『模倣の殺意』 中町信:

» 模倣の殺意/中町信 [ながし読み日誌]
これは久々に驚きのミステリでした。裏表紙の紹介文が鮎川哲也氏。「どうみても中町氏の書き誤りではないかと考えざる得ない結論に達するのだが、ラストでそれが作者の仕掛けたワナだったことを知らされる」私がそのワナに気づくのは、まあ例の如く“第四部 真相”に入ってからなのですが。第四部に入って問題が氷解するのではなく世界が逆転するような驚きは結構久々でした。登場人物やその他もろもろは一見地味だけれど、本格としてのパンチ力は非常に高い。我こそは本格読みだ、という人に読んでもらいたいですが、そんな人は既読で当たり... [続きを読む]

受信: 2007/06/06 01:07

« 『推理小説』 秦建日子 | トップページ | 『風信子の家』 篠田真由美 »