« 『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好 | トップページ | みんなの読書癖○皐月編 »

2007/05/31

『小生物語』 乙一

小生物語 Book 小生物語

著者:乙一
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この物語を綴るのは「乙一」か「小生」か。

日記の間に幻想が入り混じる不思議物語。

乙一カテゴリはあれども、収録されているレビューは一作(しかも酷評)のみ…という情けない状態に気付いたのは数日前。なんでも良いから乙一作品読まねば…と最初に目に付いたのがこの『小生物語』です。

以前から乙一は「あとがきがおもしろい」と思っていた私は、あとがきテイストの小文が集まったこの『小生物語』がもろ好みでして。

この『小生物語』のすごいところは、日記の体を装った創作であること。乙一の日常がいつの間にか小生の綴る妄想世界に早変わり。私は『ZOO』に収録されている「SO‐far そふぁ~」の原型(だと勝手に思っている)ソファに座った青白い顔した少年の話が好きです。マイソファにそんな少年がいたら…怖いけどちょっと素敵。

小説家として活動する自分は空想であると書かれた日記の脚注で、そんな話を精神科でしたら幾つか薬を処方してくれた…なんて書かれているのを読むとゾクッとします。その脚注だってファンタジィなのかもしれませんが。ファンタジィならば、なんてユニーク。

そして、同じく脚注で書かれる合コンのお話も好き。あの合コンに参加したメンバから夫婦(佐藤&島本)が生まれるとは。あの似非合コンにも意味があったということで。しかし、すごいメンバだ。是非参加したい。

そうそう、ブランコは怖い遊具だという乙一氏の意見には激しく賛成。あんな怖い遊具が大好きだった幼き自分に拍手。

こんなにおもしろい日記を読まされたあとに、このくだらないブロ愚を更新するのは気が引けますね。というわけで、『小生物語』のレビューはこれにて終了。まったく乙一カテゴリが厚くなっていないという罠。

|

« 『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好 | トップページ | みんなの読書癖○皐月編 »

コメント

はじめてコメントさせていただきます。
最近、乙一さんデビューをしたいと思っているのですが、何から入るといいと思いますか?
あと、あとがき大好きです。時雨沢恵一の影響ですけど。

投稿: chobi | 2011/02/14 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6598784

この記事へのトラックバック一覧です: 『小生物語』 乙一:

« 『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好 | トップページ | みんなの読書癖○皐月編 »