« 『六月はイニシャルトークDE連続誘拐』 霧舎巧 | トップページ | 『八月は一夜限りの心霊探偵』 霧舎巧 »

2007/05/25

『七月は織姫と彦星の交換殺人』 霧舎巧

七月は織姫と彦星の交換殺人―私立霧舎学園ミステリ白書 Book 七月は織姫と彦星の交換殺人―私立霧舎学園ミステリ白書

著者:霧舎 巧
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

-天漢霧立上棚幡乃雲衣能瓢袖鴨-

笹乙女委員会より送られてきた短冊。これに好きな人の名前を書いて吊るせば…ふたりは結ばれる。

そんな短冊が交換殺人のチケット代わりに?

毎日更新、霧舎学園シリーズレビューでございます。もうそろそろ飽きてきためんどくさくなってきた愉しめなくなってきた危ない危ない、オブラートに包むこともできなくなってきました。

さて、七月編のテーマは交換殺人でございます。ミステリのジャンルとしては結構好きな部類に入るのですが(大嫌いな共犯モノとはちょっと違う)、解り辛い=筆者の力量が問われるジャンルでもございます。

結論から云わせていただきますと…

よくわからなかったよ、霧舎氏!

交換殺人云々が登場するのは、物語が3分の2近く進んでからなんだもの。タイトルをよく確認せずに(『七月』という部分のみ確認して本棚から抜き取った)読み始めた+ストーリーもすっぽり頭から抜け落ちておりました故、霧舎はなにが書きたいんだ?といぶかしむこと数回。なんだか、霧舎学園シリーズのタイトルって、似てないものまね師がまず名乗ってから芸をやるような感覚に陥らせますね。

さて、今回は『五月』で勃発したエミューのボーカル・ナオキ=幼馴染みのナヨくん?という問題に決着が付きましたね。まぁ、違うことはみんな感づいておったわけですが。しかし、ナオキは琴葉のどこが好きなんですかね?ナオキの元にも届いた≪笹乙女委員会≫の短冊。明かされた(短冊に書かれていた)のは好きな女性の名字のみ…もちろん羽月なわけですが…

まさか、羽月倫子虹川警察署長が好きだなんてオチじゃなかろうね??

普通にありそうで、怖くなってきました。まぁ、好きな人=琴葉パパ=モーホー決定!てなオチじゃなければ、もうどうでも良いです。

さて、七月編と「あかずの扉シリーズ」のリンクですが、『ラグナロク洞』に登場した早乙女教授が登場してきましたね。彼、殺人犯した後に『ラグナロク洞』に馳せ参じたわけですか…そんな記述『ラグナロク洞』にあったかしら?もうちょっとキャパの大きい脳が欲しいよ、本当に。

そうそう、七月編のおまけは≪笹乙女委員会≫から送られてきた短冊(和紙製)なわけですが、今回も栞以上の使い道が思い浮かびませんでした。どなたか、斬新な使い道を教えてください。

というわけで、霧舎学園シリーズも残すところ2冊。『八月』は結構好きだったような気がする。『九月』は厚いので、どうしようか迷い中なんですよねぇ。

|

« 『六月はイニシャルトークDE連続誘拐』 霧舎巧 | トップページ | 『八月は一夜限りの心霊探偵』 霧舎巧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6517918

この記事へのトラックバック一覧です: 『七月は織姫と彦星の交換殺人』 霧舎巧:

« 『六月はイニシャルトークDE連続誘拐』 霧舎巧 | トップページ | 『八月は一夜限りの心霊探偵』 霧舎巧 »