« 「ライアーゲーム #7」感想 | トップページ | 『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好 »

2007/05/28

『九月は謎×謎修学旅行で暗号解読』 霧舎巧

九月は謎×謎修学旅行で暗号解読 Book 九月は謎×謎修学旅行で暗号解読

著者:霧舎 巧
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

秋の京都へ修学旅行。

最高のシュチュエーションなのに、琴葉たちは暗号解読に夢中。

代わってくれないか!?と本気で思った霧舎学園シリーズ折り返し作品。

上記の内容紹介に客観性が無いのは秘密。まぁ、当ブロ愚の内容紹介ほど不明瞭かつ不親切な紹介文も無いのですが(たまにネタバレもするし)。その割りに、いつも必死で考えてます管理人。

さて、6月に控えた『十月は二人三脚の消去法推理』発売までに既刊作品をおさらいしておこうという目論みは、無事達成。は、初めてじゃないでしょうか?目論み通りにコトが進んだのって。間に「ライアーゲーム #7」感想を挟んでますけれども。管理人、いま「ライアーゲーム」に夢中だから。

しかし、過去レビュー振り返ってみると、愚痴とかネタとかふんだんに盛り込んでるので毎回妙に長いですね。このレビューを愉しく読んでいただけている方って、極少だと思うのですが。だってこんなマイナシリーズ。「あかずの扉シリーズ」っていうならまだしも…。

ということで、十月編と「あかずの扉シリーズ」とのリンクは、なるさん登場。(ここからネタバレします。大胆にネタバレします。いきなり大文字でネタバレしてます)

まぁ、似非なるさんなんですけれども!!

しかも、なるさん違いだけでなく、性別誤認トリックまで仕掛けてきましたか。でも、この性別誤認トリック、読者に対してのみ仕掛けられてるんですよね?まさか作中の登場人物(琴葉や棚彦)まで引っかかっていたわけじゃないよね?(まぁ、琴葉なら天然でひっかかっていそうですけれど)似非なるさん=女性という告白をしたときに、登場人物たちが特に驚いていなかったようなので。

そして、作中に登場する暗号地図が超マニアック!!

あんな新本格ミステリに限った用語を散らばめた地図(ネタ)を十全に楽しめる人間がどれだけ居るってよ?

ただでさえマイナなシリーズなのに、さらに門戸を狭めてどうするんだ、霧舎氏。かくいう私だって、全部が全部理解できたわけではありません。有栖川有栖、島田荘司、綾辻行人あたりならクリアできましたが、途中からは琴葉と同様の反応しかできませんでした。新本格、深い。

さて、恒例となりつつありますおまけ紹介。今回は暗号そのものとして作中に登場するプリクラ(古っ!?)が付録となっております。9分割のプリクラのうち、1枚違うプリクラが混じっている…まぁ、じっくり見てから作品に挑む読者なんて、そうそう居ないわな(かくいう私もそのひとり)。そして、そのプリクラの“裏”にもしっかりと仕掛けが。

作中で犯人特定のきめ手となった泥付き指紋がしっかりプリントされております!

うわぁ、芸が細かい。そこまで確認しないよ、みんな。このシリーズの馬鹿馬鹿しいまでのこだわりは好きです。評価できると思います。

で、肝心のミステリ(暗号解読)ですが、なんかもうごちゃごちゃです。登場人物の台詞にこのごちゃごちゃ具合を的確に示す台詞がありますので、引用。

「犯人は≪棋譜の暗号≫と思わせて、実は≪麻雀の暗号≫を我々に仕掛けていた-と思わせておいて、やっぱり将棋の駒で、最終的に明日香ちゃんの監禁場所を示していたんだ」

この台詞、一読で内容把握できる人は理解力に長けていると思います。「思わせておいて」の登場が2回…、何回読者に思わせておくつもりなんでしょう?

屋敷に仕掛けられていた十二支の暗号も肩透かし気味でしたし。サソリが回転するってのは素敵でしたが…この“回転”というキーワード、作中作『倉崎財閥の財宝』のどこに暗示されていたかどなたか教えてください。

しかし、霧舎氏のあとがきによれば、本作はあかずの扉シリーズのトリック(新刊)をぶち壊して(ねじ込んで)完成させた作品だとのこと…

あかずの扉シリーズで出版してくれよぉ!!

読者(私)は待っているのです。あかずの扉シリーズの新刊を。ユイとカケルの恋物語を。夢に終わった『アポトーシス荘』…合掌。

というわけで、あかずの扉シリーズも再読しなくちゃ!という気分になってきました。今回も有言実行といきたいところです…どうかな?

|

« 「ライアーゲーム #7」感想 | トップページ | 『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6575648

この記事へのトラックバック一覧です: 『九月は謎×謎修学旅行で暗号解読』 霧舎巧:

» ライアーゲーム7話感想と、初相互リンクのご案内 [情報発信基地!マーガログ (marga-log)]
ライアーゲーム第7話、おもしろかったですね。 「投票済みの票をMチケットで取引す [続きを読む]

受信: 2007/05/28 22:10

« 「ライアーゲーム #7」感想 | トップページ | 『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好 »