« 『九月は謎×謎修学旅行で暗号解読』 霧舎巧 | トップページ | 『小生物語』 乙一 »

2007/05/29

『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好

正義のミカタ―I’m a loser Book 正義のミカタ―I’m a loser

著者:本多 孝好
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

変わろう。

このままでは独り寂しく、次の人生に夢を見ながら死んでゆく姿が容易に想像できてしまう。

僕は変わるんだ。

2年半ぶりの本多孝好氏新作、まさに至福。この至福モードのまま冷静なレビューは書けない…と一晩寝かせてみましたが、やっぱり冷静なレビューは書けそうにありません。そのくらい本多孝好氏が好きです。

ミステリから恋愛小説へとその幅を広げてゆく本多氏ですが、新作は「このミス 2007」でも予告されていた青春小説でした。前半は、本多氏と同窓である金城一紀氏のゾンビーズシリーズ(このシリーズも大好き)を彷彿とさせる爽快感と疾走感。でも、本多氏特有の、私の大好きな流れるような優しい綺麗な文章は…奥に潜める。

主人公にとって高校生活とはいじめられること同義。そんな生活からさよならするため、新しい自分と出逢うため、クラスメイトの誰ともいっしょにならないように大学を選んだ…はずだったのに、出逢ってしまった最悪の人間。今日も図書館裏に連れ込まれ、殴る蹴るの暴行。大学なんて辞めよう、帰り道には就職情報誌を買おうと決めた主人公の前に現れた、

正義のミカタ。

正義のミカタに連れてゆかれたサークル会館で出逢ったのも、正義のミカタ。正義とはなんなのかを探求する・正義の味方研究部で交わした聖杯は、主人公の人生を変える第一歩。

本多作品主人公の特徴と云えば、思考・思想・視線の捻くれ具合なのですが、本作主人公は負の方向にとにかく捻くれております。でも、どことなくおもしろい。ラストで真正のいじめられっ子と遭遇する主人公ですが、隠された彼の姿が一般的なら主人公のそれはいじめられていたことが偽りであったかのような思考。でも、いつもの本多文章の美しさは成りを潜める。

研究部のメンバも個性的。初めての親友・トモイチはどことなくゾンビーズシリーズ(by金城一紀氏)のスンシンとだぶるが…気にしない気にしない。各々の方向から“正義とはなにか?”を追いかける彼等。でも、でも、それって本当の正義かな?

その答えのひとつを本多氏は最後に提示してくれます。その答えまでの過程に、ひとつ大きな事件が起こるのですが、その事件が提示するテーマは重くって、まさに青春小説なのですが、爽快感や疾走感に溢れた前半とのギャップは隠せません。本多氏の作品にしては珍しく、ちょっとバランス感の悪さを感じてしまいました。

主人公が研究部のメンバを裏切るのか信じぬくのか。どちらを選んだのかはっきり(明記)せぬまま。これまでは主人公の内面を追っていたはずなのに、唐突に外からの目線に切り替わったのも原因かもしれませんが。朝4時のふにゃけた頭ではすぐには判別できませんでした。

うーん、前半のスピードのまま最後まで突っ走ってくれてれば…という思いは一晩経っても拭い去れず、強くなるばかり。でも、心に残る一言はしっかり後半部分のそれだったり。そして、主人公は変われたのか、変わることで広がった世界はどんなものだったのか、きっちりと読者に提示してくれたのは評価。

本多氏の素敵思考を活かせる題材では無かったのかもしれない、青春小説という舞台。でも、頁を捲る手が止まることはありませんでした。本多ファンとしては物足りなさも感じますが、作品としては上質だったと思います。それをどう評価するべきか、いまでも悩む。

これは再読が必要でしょうか。そのとき私は、どんな正義に出逢うのでしょうか。

|

« 『九月は謎×謎修学旅行で暗号解読』 霧舎巧 | トップページ | 『小生物語』 乙一 »

コメント

こんばんは。
前半の痛快な勢いのまま突っ走ってくれれば~という思い、わかります。
後半のあの事件から別の物語のように重くなって、正義って何だろう?って、考えさせられました。
私は本多さんの深化、と思っています。

投稿: 藍色 | 2007/06/07 23:53

☆藍色さん☆
本多孝好の深化…確かに。
これまでの作品は表面に漂う雰囲気の綺麗さだけで満足できる作品が多くて(深く考えようと思えば考えられる出来なのだけれど)私はそこでストップしてしまっていたような気もします。
この作品をきっかけに、本多氏の新刊ラッシュが起これば良いなぁ。
本多氏、やっぱり好きです。

投稿: まじょ→藍色さん | 2007/06/11 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6595819

この記事へのトラックバック一覧です: 『正義のミカタ ~I'm a loser~』 本多孝好:

» 正義のミカタI'm a loser 本多孝好 [粋な提案]
装丁は松昭教。書き下ろし。 主人公で語り手の蓮見亮太は飛鳥大学に入学。高校時代のいじめっ子も入学してて再会。窮地を救った同級生、桐生友一(トモイチ)に連れられ“正義の味方研究部”に入部。好転する大学生活。ある日... [続きを読む]

受信: 2007/06/07 23:54

» 本多孝好『正義のミカタ ~I'm a loser~』 [けんけんのおもしろ日記]
自分が思う正義の味方は「仮面ライダー電王」。普段は心優しく、弱弱しい主人公の良太郎だが、ひとたびイマジンが体に入り込むと、外見及び人格が4種類のイマジンに合わせてそれぞれ変わる。さらにライダーに変身すると絶大な強さを発揮する。普段の主人公とのギャップもまた魅力的である。本多孝好 新刊小説「正義のミカタ ~I'm a loser~」が5月24日に発売された。本多孝好(ほんだ たかよし)は、1971年東京都生まれ。「眠りの海」で第16回小説推理新人賞を受賞。デビュー作『MISSI...... [続きを読む]

受信: 2007/06/25 23:45

» 本多孝好『正義のミカタ 〜I'm a loser〜』●○ [駄犬堂書店 : Weblog]
 2007.5.25初版。本多孝好久々の書き下ろし長篇。立ち読みブックレット(冒... [続きを読む]

受信: 2007/08/23 00:10

« 『九月は謎×謎修学旅行で暗号解読』 霧舎巧 | トップページ | 『小生物語』 乙一 »