« 『フィッシュストーリー』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し』 霧舎巧 »

2007/05/22

『四月は霧の00密室』 霧舎巧

四月は霧の00(ラブラブ)密室―私立霧舎学園ミステリ白書 Book 四月は霧の00(ラブラブ)密室―私立霧舎学園ミステリ白書

著者:霧舎 巧
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

-霧の立ち込める中、鐘の音が鳴ると共に口づけを交わしたカップルは永遠に幸せになれる-

そんな伝説を持つ霧舎学園へと転校してきた琴葉は、登校初日に伝説通りの事故キスをしてしまい!?

学園ラブコメと本格ミステリの融合。霧舎学園の1年は始まったばかり。

数日前に私は右サイドバー“掲示板?”にてこんな与太話を。

そうそう、6月のノベルスラインナップにすごいもの見つけちゃいました。霧舎巧『私立霧舎学園ミステリ白書 十月は二人三脚の消去法推理』…忘れてなかったのね!!1冊45分ペースで読めるので、再読でもしてみようか。

というわけで、初めてじゃないか??と自分でも驚愕の有言実行ぶり。霧舎巧氏といえば「あかずの扉シリーズ」なのですが、そちらのレビューは一作も無いのに…「あかずの扉シリーズ」再読は(そして新刊発売は)いつの日か…(かなり遠い目)

さて、この「霧舎学園シリーズ」は表紙を御覧いただくと丸解りなように

かなり購入し難い仕様となっております。

表紙を開くと霧舎学園の入学案内がフルカラーで挿入されていたりと、遊び心(かなり好意的に書いてみました)満載です。この遊び心は四月に限ったことでなく、雑誌のグラビアが挿入されていたり、プリクラシールが混ざっていたりします。これが発売価格を押し上げているというのなら、間違いなくいらねぇ。まぁ、すべてメイントリックを解読するヒントになっていたりするので、おもしろい仕掛けだとは思うのですが(六月の仕掛けは好きだったりします)。

さて、ミステリ部分。(書いててネタバレになってきたので、慌てて警告文を入れてみる)四月のメイントリックはかなり無理があるよなぁ…と思ったり思わなかったり。チア部のメンバが≪バスケットトス≫で落ちてきた被害者を受け止める…そうですかそうですか学園モノ要素満載ですね(棒読み)本格ミステリと銘打たれた作品でこれをやられると、かなり厳しいものがあると思います。まぁ、目指した路線が某「じっちゃんの名にかけて」だと云うから良しとしますが。

そして肝心の(えっ?)ラブコメ部分。私、主人公の琴葉ちゃんが嫌いで嫌いで仕方無いんです。彼女の優柔不断っぷりが読んでて腹が立つ。好きなのか?嫌いなのか?はっきりせんかい!!っていうか、事故チューしたからって、そんなに急速に好きになるもんか?どんな生娘やねん。どんな妄想女子やねん。そして、なぜにそんな娘がモテモテやねん!(←そうか、これが最大のポイントか)はぁはぁはぁ、息切れ。

主人公が生理的に受け付けない小説ほど読んでて苦痛なものはありませんが、では何故既刊シリーズ全作品を読んでいるかというと…

それはもう、頭木少年と「あかずの扉シリーズ」とのリンクがすべてと云っても過言ではなく。

四月では『ドッペルゲンガー宮』とのちょっとしたリンクしか見せませんでしたがね。これももう、六月が見物なんです。はい。

そして、霧舎氏によるあとがきで爆笑させられました。長文ですが引用させていただきます。

≪新本格回帰≫の作品に先があるとは思えません、とおっしゃった高名な推理作家の先生がおられます。また、私に直接、こんな作品を書いてたら、かつての新本格作家たちのようにおまえもそのうち何も書けなくなるぞ、と忠告してくれた先輩作家もいらっしゃいます。(中略)その時、私は心の中でつぶやいていました。

わかってないな-と。

涙で前がよく見えません。霧舎氏の新刊っていつから読んでないんだろう…嗚咽が止まりません。引用させていただいた箇所以外にもツッコミ所満載のあとがきは、本編よりも必読かもしれません…。

|

« 『フィッシュストーリー』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し』 霧舎巧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6491464

この記事へのトラックバック一覧です: 『四月は霧の00密室』 霧舎巧:

« 『フィッシュストーリー』 伊坂幸太郎 | トップページ | 『五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し』 霧舎巧 »