« 『C-blossom case729』 福井晴敏 | トップページ | 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』 酒見賢一 »

2007/04/22

『アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』 西尾維新

×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル Book ×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世に不思議は多けれど どれほど奇天烈 奇々怪々なデキゴトも

ヒトが居なければ ヒトが視なければ ヒトが関わらなければ

ただのゲンショウ ただ過ぎていくだけの コトガラ

人 ひと ヒト

ヒトこそこの世で 最も摩訶不思議な イキモノ

半年以上前に(コストとパフォーマンスが合わないかな?と思って)図書館予約しました『アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』が漸く到着しました。私が予約したときに10人待ちくらいだったので…ストッパーがいた模様です

さて、本作はCLAMP原作『×××HOLIC』の西尾維新版ノベライズ。原作とのお付き合いは漫画喫茶で3巻まで…という中途パンパースな感じなのですが、同時発売の『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』よりも、より原作と西尾節との融合具合が高かったように感じました。

侑子さんと四月一日(ワタヌキ)の会話テンポがまさに西尾節。

若干、ワタヌキのキャラが違うかなぁ…とも思いましたが、所詮漫画喫茶で3巻までのお付き合いですから。ワタヌキについては『ツバサ』(同じくCLAMP作品。『HOLIC』とのリンク有)で逢った回数の方が多いかもしれないし。

さて、そんな願いも叶う店-ただしそれ相応の対価を代償に-という、妖しい店を舞台に繰り広げられるあやかしの物語、それが『×××HOLIC』の世界です。あやかし(例えば幽霊)が存在するか存在しないか…そんな禅問答は作中で侑子さんが語ってくれておりますので割愛しますが、あやかしの存在を信じ、それに憑かれてしまった人間たちを、まるで人が息をするかの如く、いとも簡単に祓ってしまう店主。その“変則的憑き物落とし”を言葉遊びと共に描いた作品が本作です。

幸福を享受することに耐えられない第一話の悩み人。「幸せになるからにはそれなりの対価が必要-だとすれば、過度な幸福というのは、自分にとっては害悪よね。それに匹敵するだけの『努力』をし、『労力』を払わなければならないのだから」そう語る侑子さん…深い!『努力』や『労力』を払いたくないから自分を“ちょっとだけ”不幸にする、“ちょっとだけ”先払いをすることで、自分を納得させ安牌とも云える人生を送る…ずるい生き方を知らず知らずに選んできた悩み人。そんな“甘えた”悩み人に侑子さんはとても厳しい。

「自分自身が主人公であるという思い違い-オンリーワンであるという錯覚。自分なんて、個人なんて、人間なんて、ワン・オブ・ゼムに過ぎないのにね」そう説く侑子さん。これまた深い。読んでいて、身につまされる想いでした。登場する悩み人だけでなく、読者に対しても“憑き物落とす”一作でした。

さて、最後にどうでも良いお話をひとつ。サブタイトルのランドルト環とは視力検査の“C”に似たアレのことですが、現在視力0.02を誇る私も一度だけ2.0を獲得したことがあります。あれは小学校4年生のことだったかしら。背の順だったか、保健室に入った順番だったか、とにかく最後の方に検査することになった私でしたが、なにを思ったか(おそらく暇だった)1.0以下の小さい“C”を全部覚えて(そのころは1.0くらい見えていたのだと思う。4×4=16個くらい容易でしょ?)検査に挑み、見事2.0を獲得したわけです。どう考えても主旨を理解していない馬鹿な子供だったと懐かしい。西尾維新氏のあとがきを読んで、不意に思い出したので。

|

« 『C-blossom case729』 福井晴敏 | トップページ | 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』 酒見賢一 »

コメント

何だか、この手の半西尾モノ(?)には食指が動かずです。
なぜだろう・・・。

私も同じ経験あります。
昔から眼は良くて、1.5はあったから、いつも一番下の段だけ暗記して2.0を獲得してました。
メガネに憧れつつ眼が悪くならなかったので、結局メガネ萌えになりました。

投稿: hoy. | 2007/04/25 00:36

個人的には不満足な作品でしたね~。好き嫌いは別にしてCLAMPの魅力は絵かな~と思う部分もあるし、この作品に関しては原作の雰囲気と西尾氏の魅力とが似すぎていて、逆にいろいろ表現的な制約がかかった気がします。

投稿: たいりょう | 2007/04/26 07:46

☆hoy.さん☆
コメントありがとうございます!コメント返しが遅くなりまして申し訳ないです。
hoy.さんは ら、裸眼ですか!!!!!!うわぁ、死ぬほど羨ましいです。眼鏡に憧れて読書を始めたと云っても過言ではない私ですが(お陰で読書が生涯の趣味にもなりましたが)過去に戻れるなら幼い自分に云ってやりたい。
本は明るいお日様の下で読みなさい。
朝起きて、眼鏡を探すことから始まる1日にはもう飽きました。hoy.さんがとにかくとにかく羨ましい。

投稿: まじょ→hoy.さん | 2007/04/30 17:49

☆たいりょうさん☆
コメント返し遅くなりまして申し訳ありませんでした!
確かにCLAMPの魅力は絵ですね~。侑子さんのあの妖しさは漫画で読んだほうが数段良いと思いました。
原作は3巻までのお付き合いなので、若干原作と雰囲気違うかなぁと思ったのですが(もうちょっと明るい感じだと思った)むしろ似すぎでしたか…勉強しないと。漫喫行かないと。

投稿: まじょ→たいりょうさん | 2007/04/30 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/6180256

この記事へのトラックバック一覧です: 『アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』 西尾維新:

» 『アナザーホリックランドルト環エアロゾル ×××HOLiC』(☆3.0) 原作:CLAMP [たいりょうのちょっと一息]
[[img(http://img.7andy.jp/bks/images/i2/31742842.JPG)]] {{{ それは必然の奇跡(コラボレーション)。西尾維新が挑む、小説版『×××HOLiC』 yahooブックス紹介より }}} どうやら最近は再び維新づいている。 という時に、図書館から本書の予約の順番が回ってきた。一応予約した段階で、原作であるCLAMPの漫画もチェックしたという気合の入りよう。 読み終わって、「う〜ん・・・」 面白いか面白くないか..... [続きを読む]

受信: 2007/04/26 07:47

» 西尾維新さんのこと [新本格魔法少女りすかにロックオン!]
西尾維新さんのことや、関連する情報を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007/06/04 10:09

« 『C-blossom case729』 福井晴敏 | トップページ | 『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』 酒見賢一 »