« 『新本格魔法少女りすか3』 西尾維新 | トップページ | 『背の眼』 道尾秀介 »

2007/03/29

『チョコレートコスモス』 恩田陸

チョコレートコスモス Book チョコレートコスモス

著者:恩田 陸
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

舞台の上には魔物が住んでいる。

その魔物に魅せられたふたりの少女。

天才と“呼ばれる”少女と天才少女。奇跡の舞台はいま幕が開く。

まさに…

恩田陸版「ガラスの仮面」!!!

「ガラスの仮面」新刊は未だか未だかと、半ば諦めの境地に陥っておりました私。いやぁ、こんなところで「ガラスの仮面」を読むことができるとはっ!(←違うから!きっと恩田氏もそんな読み方じゃ不本意だから!!)でも、読めば読むほど「ガラスの仮面」だった本作。

恩田陸氏とはちょっと距離を置こうと決めた(合わないかもしれないと思っている)私でしたが、“『チョコレートコスモス』は「ガラスの仮面」らしい”という評判を聞いていてもたってもいられなくなりました。「よ、読まねば。この作品を読まずして何を読む!」という強い意志を持って頁を捲ると…出た!北島マヤが居た!!

もうねぇ、佐々木飛鳥(主人公)という文字は北島マヤに、東響子(ライバル)という文字は姫川亜弓に自動変換されるから不思議です。私は物語を自動的に映像化して読む癖があるのですが(右脳左脳という記事に詳しい)、動く彼女たちはまるっきりマヤと亜弓さんの姿をしておりました。超、愉しかった!!!

マヤ(違う!いま自然にキーを打っていて自分でもびつくり)飛鳥の演技を始めて目の当たりにした仲間たちの反応。まさに雷に打たれたような、突風が吹き荒れたかのような、「この子は天才かもしれない」という心のざわつき。まさに月影先生がマヤを見つけたときの反応そのままです!役に入り込むときの飛鳥のつぶやき…まさにマヤの「ブツブツブツブツ」そのままじゃないですか!!そして、天才子役から天才女優へと変貌を遂げる“努力家”のライバル東響子は亜弓さんの生き写し!!!この作品を「ガラスの仮面」と呼ばずしてなんと呼ぶ!!!!

はぁ、興奮してしまいました。でも、この『チョコレートコスモス』を読んでも「ガラスの仮面」のオマージュどころかそのまんまじゃん!という不快感は感じませんでした(さっきから“そのまま”を連呼しておりますが、決して悪意を持ってのことではない)。なんでだろ?こんなに同じなのに。愛しの“紫のバラの人”が出てくる出てこないの問題ではないんだよなぁ。思わぬところで「ガラスの仮面」の新刊が読めたという感動でもない(笑)なんだか不思議。好きです『チョコレートコスモス』。

この続き、描かれるのでしょうか?すんごい読みたいすんごい読みたい。飛鳥と響子の対決がどんなものになるのか。幕が開くまでにどんな紆余曲折があるのか。ふたりはどんな風に火花を散らしあうのか。飛鳥はその最大の欠点を克服することができるのか。

なんだか、『チョコレートコスモス』のレビューになっていないような気がしますが、あらすじが知りたい方は是非「ガラスの仮面」をどうぞ。とにかくおもしろい。『夜のピクニック』に並ぶ恩田氏の代表作になりそうな予感。そして、このまま「ガラスの仮面」42巻まで徹夜一気読みを敢行してしまいそうな予感。

ガラスの仮面 (第42巻) Book ガラスの仮面 (第42巻)

著者:美内 すずえ
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『新本格魔法少女りすか3』 西尾維新 | トップページ | 『背の眼』 道尾秀介 »

コメント

これはもう素晴らしい小説です。
恩田さんも「ガラスの仮面」へのオマージュという部分も含めて書かれているようですが、でもきちんと個性のある作品になっていると思います。

かつて演劇をやっていた人間として、文学という媒体でここまで演劇の息遣いをリアルに感じさせる作品が登場するというのは正直想像しておりませんでした。

投稿: たいりょう | 2007/03/30 23:06

☆たいりょうさん☆
>文学という媒体でここまで演劇の息遣いをリアルに感じさせる作品
素敵コメントですね!うっとり。確かに舞台の上でのリアルさが感じられる作品でした(の割に、正規レビューで全くそのあたりに触れていないってどうよ?自分)。
演劇を観に行く機会はそんなに無くって、2年くらい前に友人サークルの舞台を観に行ったのが最後なのですが、また演劇を観に行きたくなる一作でした。
そして続きが気になる一作。早くあのふたりの戦いを!熱い舞台を見てみたい(読みたい)ものです。

投稿: まじょ→たいりょうさん | 2007/03/31 23:28

ガラスの仮面以外の何ものでもない! しかし飛鳥は恩田風マヤで、不思議ちゃんでした
しっかし楽しいですね〜 ガラスの仮面好きな人絶対嫌な気がしませんよ〜 でもスゴイのは、ここまで芝居のシーンですね 恐れ入りました

投稿: きりり | 2007/06/13 00:13

☆きりりさん☆
もう、ここまで「ガラスの仮面」なら、もっとトコトンやって頂戴!と本気で思いました。紫の薔薇の人も出て来い!ってなもんです。
確かに芝居のシーンは臨場感ありましたね!文字であれだけ舞台の雰囲気を感じさせるとは…恩田陸氏、やるな。
この続きを切望しております。切望!!

投稿: まじょ→きりりさん | 2007/06/13 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5903159

この記事へのトラックバック一覧です: 『チョコレートコスモス』 恩田陸:

» 恩田陸【チョコレートコスモス】 [ぱんどら日記]
森山良子のアルバム【あなたが好きで】に収録されている『30年を2時間半で……』という曲をご存じだろうか? あなたが好きで森山良子 (2004/12/29)ドリーミュージックこの商品の詳細を見る 厳密に考えて、これを... [続きを読む]

受信: 2007/03/30 17:05

» 『チョコレートコスモス』(☆4.9) [たいりょうのちょっと一息]
[[img(http://img.7andy.jp/bks/images/i1/31681401.JPG)]] {{{ 「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない。」 幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしている若きベテラン・東響子は、奇妙な焦りと予感に揺れていた。 伝説の映画プロデューサー・芹澤泰次郎が芝居を手がける。 近々大々的なオーディションが行われるらしい。そんな噂を耳にしたからだった。 同じ頃、旗揚げもしていない無名の学生劇団..... [続きを読む]

受信: 2007/03/30 23:08

» 恩田陸「チョコレートコスモス」 [聞いてあげるよ君の話を]
「ガラスの仮面」は面白い 普段目立たない北島マヤと言う少女が、芝居となったとたん豹変し それが舞台でも公園でもどこでも、別の世界をつくり出してしまう天才 それに対抗するのが、姫川亜弓 映画監督の父と、女優の母を持つサラブレット そして美人 しかし七光りに....... [続きを読む]

受信: 2007/06/13 00:20

« 『新本格魔法少女りすか3』 西尾維新 | トップページ | 『背の眼』 道尾秀介 »