« 『墨攻』 酒見賢一 | トップページ | 『暗黒館の殺人』 綾辻行人 »

2007/03/17

『二枚舌は極楽へ行く』 蒼井上鷹

二枚舌は極楽へ行く Book 二枚舌は極楽へ行く

著者:蒼井 上鷹
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「妻を殺害したことを自白すれば、解毒剤を飲ませてやる」

身に覚えの無い、無実の罪を被せられたら…貴方ならどうする?

蒼井上鷹が贈る12編のコージーミステリ集!

す、すみません(3度目)

2度あることは3度ある…この言葉が今の私にはぴったり!しかも、前回レビューは3月5日、これだけ時間を空けといて更新されたレビューが『暗黒館の殺人』じゃないっていうんだから…お陀仏。

さて、本日も図書館返却エンドに迫られて手に取った一作。『暗黒館の殺人』はちゃんと読んでるんですよ!でも、本に睡眠薬でも盛られてるんじゃないかと思うくらい、読むと眠くなります。1日30頁が限度で、全く進んでゆきません。物語は未だ“ダリアの日”を迎えたところです…すみません。

さて、お口直し的意味合いもあった『二枚舌は極楽へ行く』。私がまだ蒼井上鷹氏の評価を決めかねているというお話は『ハンプティ・ダンプティは塀の中』でもさせていただいたばかりですが、今回も良いなぁと思う反面くどいなぁと思ってしまう作品集でした。

「おっ、おもしろいこと仕掛けてきたぞ!」と思う箇所と、「そんなに二転三転させなくても…全部なおざりだし」と思う箇所が半々。作品毎のビミョーな繋がりも、にやりとさせてくれる程度でなく、かなりあからさまでしたし。こういうのは「もしかしてあの繋がり?えっ?えっ?」と思わせてくれる程度で露出されるのが好きな私。確かにコージーミステリではありましたが…。

収録されている中で一番好きだったのは「値段は五千万円」でしょうか。「ラスト・セッション」の落とし方も好きね。「待つ男」に仕掛けられた本当の意味を知ったときには、にやりとさせられました。この3編は好き好き!やっぱり最後にオチの付いてる作品が好きみたいです、私。

作品のラストに<参考文献>が掲載されているのもおもしろいですね!「どこがどう参考文献やねん!」と思わせるものから、「なるほど~」と思わせるものまで。<参考文献>からその作品に思いを馳せるのも、なかなかおもしろい取り組みでした!

ということで、次のレビューこそ『暗黒館の殺人』をお送りしたい。今のところ図書館積読本もありませんし。でも、今月はブロ愚始まって以来の最低読書数を記録しそうな予感です。見捨てずにお付き合いくださいまし。

|

« 『墨攻』 酒見賢一 | トップページ | 『暗黒館の殺人』 綾辻行人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5721082

この記事へのトラックバック一覧です: 『二枚舌は極楽へ行く』 蒼井上鷹:

« 『墨攻』 酒見賢一 | トップページ | 『暗黒館の殺人』 綾辻行人 »