« 『震度0』 横山秀夫 | トップページ | 『チョコレートコスモス』 恩田陸 »

2007/03/28

『新本格魔法少女りすか3』 西尾維新

新本格魔法少女りすか3 Book 新本格魔法少女りすか3

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

“六人の魔法使い”を片っ端から倒し、最終目的へと近づくべく旅に出た彼等。

しかし、彼等を待ち受ける試練!試練!!試練!!!

ラストを目前に、物語は加速する。

ココログメンテに負けず、なんとか更新できました『りすか』最新作。長時間メンテをきっかけにネッ闘逃亡する負のジンクスは解消できた…かも?

さて、『りすか3』は3作の短編が収録されているのですが、その様はまさに連作短編集。魔法使い魔法使い魔法使いの3連コンボです(あっ、あっさり倒された一人がカウントされていて、魔法使い封じはカウントされていなかったり。正確でしょ?)。今回も設定は無茶苦茶ですが(キズタカが大人過ぎる件についてはもう慣れました)とにかく読ませる。1時間一気読みです。

収録されている作品の中で最も好みなのは「夢では会わない!!」なのですが、それはすべてきずなさんの力です。きずなさん、好きだなぁ。きずなさんは魔法使いでは無かったはずなのに…というツッコミは夢オチで回避でしょうか?でも、きずなさんならあのくらいやってのけそう。キズタカパパも魔法使いを素手でぶっとばすくらいのことは普通にやってのけそうだし。キズタカパパも好き。キズタカったら、ファザコンなんだから。

そうそう、魔法使い封じの彼は良い味出してましたね。部屋を出て、携帯に電話を寄越してきたときの性悪な彼が好きです。基本的に笑顔で性悪なことやってのける人が好き。絶対魔法封じの期間は14日じゃないよ。長いか短いかは知らんが、絶対14日じゃないさ。

本作で明らかにされたニャルラトテップの“箱舟計画”でございますが、そのくらいのことニャルラトテップ自身はできんのか?という疑問が今更ですが浮かびます。だって、りすかを創り出したのがニャルラトテップ自身なんだからさ。“六人の魔法使い”はりすかを成長させるための捨て駒、という読者の裏(?)をかいてきた本作ですが、さらにその裏を読んでみようと妄想してみる。

りすか&キズタカの物語の次巻で最終回。「ファウスト」誌上ではこの続きが掲載されたのでしょうか?「ファウスト」はノーチェックなのですが…来年あたりに4巻が読めることを期待。しかし、最後にはニャルラトテップまで…辿り着くんだろうな。是非、ニャルラトテップ=キズタカパパ的な驚きの結末を!!

しかし、唯の感想文に成り果てておるな。このレビューは読んだ人にしかわからん。す、すみません。

|

« 『震度0』 横山秀夫 | トップページ | 『チョコレートコスモス』 恩田陸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5891704

この記事へのトラックバック一覧です: 『新本格魔法少女りすか3』 西尾維新:

» 新本格魔法少女りすかのこと [新本格魔法少女りすかにロックオン!]
新本格魔法少女りすかのことや、関連する情報を紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2007/06/04 09:52

« 『震度0』 横山秀夫 | トップページ | 『チョコレートコスモス』 恩田陸 »