« 『QED 六歌仙の暗号』 高田崇史 | トップページ | 『QED 龍馬暗殺』 高田崇史 »

2007/02/07

『QED 式の密室』 高田崇史

QED 式の密室 Book QED 式の密室

著者:高田 崇史
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

タタルと熊つ崎。

学部も違えばサークルも異なる、まるで共通点のふたりが縁を持つきっかけとなった事件とは?

安倍晴明が使役していた“式”の秘密とは?

ネッ逃亡復帰第一弾レビュー。『六歌仙』ラストで「『東照宮』でお逢いしましょう」とか云ってた私ですが、いざ逃亡する段になって『マレー鉄道の謎』同様、『東照宮』が見つからない!とりあえず目の前にあった『式の密室』『龍馬暗殺』『神器封殺』を鞄に詰めての逃亡生活でした。って、逃亡中に同じく鞄に詰め込まれた「逆転裁判2」をひととおりクリアしたために『神器封殺』まで読みきれなかったのですが…本当に詰めが甘いな、私。

さて、『式の密室』です。私はQEDシリーズの中でもこの『式の密室』に好印象を持っております。なぜかって…

タタルさんの薀蓄とミステリの比率が良い具合だからですよ!

現在のようにクドイまでの薀蓄野郎にタタルさんを変えたのはどいつだ?オカルト同好会という温床が悪かったのか?それとも、聞き上手すぎる奈々ちゃんの所為か?とにかく、『式の密室』くらいの薀蓄披露が私には丁度良い。

そして、ミステリとの融合も見事ですよね。この融合具合もQEDシリーズの中でベストだと勝手に思ってます。“式”の秘密を解き明かすことが直接的に事件解決に繋がっている。いつもはちょっと(無理矢理めに)捻じ曲げて、事件と関連させている印象が拭えないんですよねぇ。でも、この『式の密室』はばっちしです。これはQED初心者の方にオススメの一作。薄いし。繰り返しますが、薀蓄もクドくないし。

さてさて、肝心なのは晴明様です。って、思わず“様”付けちゃいましたが、晴明好きですねぇ。映画「陰陽師」も萌えましたし、夢枕獏氏の『陰陽師』ももちろん読んでます。タタルさんの語る晴明エピソードも、夢枕版『陰陽師』でお馴染みのものばかりで嬉しくなっちゃいました。久しぶりに読みたい…読むか。というわけで、晴明のことを熱く語る機会は夢枕版『陰陽師』を読んだ際のレビューのためにとっておきましょうかね。でも、この『式の密室』、晴明入門書としても読めるんじゃないでしょうか?でも、いらん(偏った)知識も同時に入手しちゃうのか…考えものですね。

というわけで、本編も短ければレビューも必然的に短い。過去の事件だからタタ奈々ポイントも無いですしね。でも、本当にオススメの一作。

|

« 『QED 六歌仙の暗号』 高田崇史 | トップページ | 『QED 龍馬暗殺』 高田崇史 »

コメント

僕の中でもこれはシリーズベストだと思っています。
とにかく現実の事件と式神の解釈が上手い具合にかみ合ってますよね。
現実の事件でこんなことがあるのかというのはおいておいても、式神の解釈には思わず上手い!!とうなりました。

投稿: たいりょう | 2007/02/08 17:19

☆たいりょうさん☆
ですよね~!この『式の密室』は本当に巧いことやってくれたと思います。もう、たいりょうさんのコメントに付け加える言葉が思い浮かびません!
式神の解釈も目から鱗で。この視点でこれまでの晴明作品(夢枕版とか)読むと、2倍楽しめるのでは?と勝手に思ってます。あぁ、夢枕版晴明も再読しなくっちゃ!!

投稿: まじょ→たいりょうさん | 2007/02/08 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5251288

この記事へのトラックバック一覧です: 『QED 式の密室』 高田崇史:

» 「QED 式の密室」高田崇史 [しんちゃんの買い物帳]
QED 式の密室高田 崇史 (2005/03)講談社 この商品の詳細を見る いつもの店「カル・デ・サック」に集まるいつもの3人。 元オカルト研究会会長のタタル。1つ後輩の奈々。 タタルと対照的な体育会系の熊つ崎。 そして冒頭から... [続きを読む]

受信: 2007/03/22 17:14

« 『QED 六歌仙の暗号』 高田崇史 | トップページ | 『QED 龍馬暗殺』 高田崇史 »