« 『化物語(上)』 西尾維新 | トップページ | 『QED 河童伝説』 高田崇史 »

2007/02/10

『化物語(下)』 西尾維新

化物語(下) Book 化物語(下)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

怪異呼び寄せ体質と貸した阿良々木暦。

彼女との愛を育みながらも、他の女の子にも手を出さずにはいられない節操無し。

そんな節操の無さが呼び寄せるのは…やっぱり怪異なのです。

なんとかエンド(図書館返却)に間に合わせることができました、えがった。さて『化物語(下)』レビューでございますが…怪異なんて、全体の一割くらいしか登場しませんでしたね…。

忍野メメをナビゲーターとする化け物語りにも、興味深々だった私にはちょっと残念でした。こう立て続けに読むと、阿良々木くんのツッコミにどんどんキレが失われてゆく様が気になってしまいますねぇ。でも、最初(上巻)は苦手だった、神原のノリが最後にはいっとう心地よく感じられたのは僥倖でございました。さずが、百合パワー。

しかし、阿良々木くんはこれからどんな道を歩んでゆくつもりなのでしょうか?下巻は忍野氏の手を(殆ど)借りることなく、怪異と対峙してきた彼。忍野氏の後を継ぐお積もりですか?怪異をきっかけに、怪異のおかげで、新しく清々しい萌え萌えな生活を手に入れた彼。そこに至るには捨てられた、捨てねばならなかったものもあったのかもしれませんが、やはり怪異は怪異であり、人とは相容れないものだという障り猫の主張は正しいのだと思います。優しいだけの男には、いつか飽きが来ますよ?優しさを越えたなにかを掴みつつある彼が、どんな未来を迎えるのか?

って、適当に書き殴りましたが、そんなことにはちっとも興味がなかったりする私。真面目じゃない世界に真面目テイストを織り込んでみたかっただけです。

でもまぁ、忍野氏のラストの決断からみるに、このシリーズはこの上下巻でエンドを迎えそうな気配ですね。あの萌えキャラたちをもエンドを迎えてしまうのは哀しいので、なんらかの形で彼等のその後が読めたら良いなぁと思います。とくに、百合っ子・神原と蝸牛浮遊霊・真宵ちゃんは惜しい。今度は阿良々木くんの妹たち・栂の木二中のファイヤーシスターズを主役に、是非。(追記:Wikipediaによると、『無物語』もしくは『傷物語』として、2008年の刊行を宣言とあるので、どうやら続いてゆく模様ですね!

というわけで、西尾維新らしい、西尾維新でなくては紡げない作品を読むことができました。

|

« 『化物語(上)』 西尾維新 | トップページ | 『QED 河童伝説』 高田崇史 »

コメント

お!ついに読んだのですね。
たしかにこれは西尾維新でなければ紡げない作品。
萌えキャラとの会話を心ゆくまで楽しむというのが全てとも思えてしまう。
それがまた、良かったり。
ではまた!

投稿: hoy. | 2007/02/12 22:59

☆hoy.さん☆
ようやくです~、でもまだ『刀語』未読という中途半端ぶりです…真の西尾イストとは呼べない。
しかし、『化物語』に登場する女の子は本当にめんこくて良い味醸し出してますよねぇ。あれだけ楽しくて馬鹿馬鹿しい会話を生み出せるのは、いまのところ西尾維新だけだと本当に思います。
続きがまた楽しみですね♪

投稿: まじょ→hoy.さん | 2007/02/12 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5287247

この記事へのトラックバック一覧です: 『化物語(下)』 西尾維新:

» 化物語(下)  西尾維新 [ふくらはぎの誘惑曲線 海賊版]
12月1日の発売予定日を過ぎること数日、まだかまだかと本屋に日参し、やっとこさ出ましたヨ! 速攻で購入し、帰る時間ももどかしく書店内のドトールで読み始めたものの、ひきつる頬肉、痙攣する腹筋を、なんとか誤魔化し誤魔化し、それは大変な苦労をすることになってしまった。 作者の「あとがき」で「仕事というより趣味で書いた」とあるように、かなり趣味性の高い、マニアックな仕上がり。 キーワードがてんこ盛り。 ツンデレ、妹、ブルマ、スクール水着、... [続きを読む]

受信: 2007/02/12 22:53

« 『化物語(上)』 西尾維新 | トップページ | 『QED 河童伝説』 高田崇史 »