« 『まじっく快斗 4』 | トップページ | 『人形館の殺人』 綾辻行人 »

2007/02/21

『迷路館の殺人』 綾辻行人

迷路館の殺人 Book 迷路館の殺人

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あの中村青司の設計した迷路館で起こった推理小説家連続殺人事件。

貴方は綾辻行人の、いや鹿谷門実の仕掛けた罠を見破ることができるか?

作中作の形をとり描かれる迷路館の殺人。

20000HIT御礼館レビューの最中に、あんな腐女子丸出しなレビューをupしたからかなのか、朝起きたら洗濯物干しが崩壊→あわせて洗濯物も生乾きでお陀仏になっていました…すわっ、中村青司の呪いか!?

気を取り直してレ、レビューを。この『迷路館の殺人』は作中作の形をとっておりまして、稀譚社ノベルスの体がいきなり挿入される様は圧巻でございます。あぁ、こういう凝り方大好き。そして、唐突に宣言される鹿谷門実氏当て。『迷路館』以降の館シリーズをお読みの方には当たり前過ぎる事実なのですが…だからシリーズものは順番に読まないと!という教訓。

ただね、稀譚社さんには申し訳ないのですが、鹿谷氏の書く作中作『迷路館の殺人』は凡作です。すべての殺人が「中村青司の手によるからくり趣味を全面に利用しての殺人」というのはミステリとしてタブー、約束違反ですからね。そんな殺人、成功して当たり前なわけです。その凡作を良作に押し上げているのが綾辻氏によるエピローグ。こういうラストのどんでん返し、大好きです。まさかあの数頁でこうまでひっくり返されるとはっ!

この『迷路館の殺人』に仕掛けられているのは、これまたミステリの定番「性別誤認トリック」です。このトリックは決して映像化できないトリック、小説でしか為しえないトリックとして、出版界にとって重要視されるべきものだと個人的に思っております。作家の力量が試されるトリック。その意味では鹿谷氏もよくやってくれたやもしれません。結果として凡作だったけれど。

まぁ、鹿谷氏もエピローグで仰っているように、作中作『迷路館の殺人』は犯人への告発がメインの役割を果たしているわけで、作品の可否は問題ではないのだと思います。だから、その辺りは目を瞑ってください(って、これまで散々「凡作凡作」叩いておいてそれを云うかっ!)。とにかく、作中作『迷路館の殺人』を読み終えてこの『迷路館の殺人』の位置付けを決定してしまうのは甘いということで。判ったかね、数年前の自分よ。

さて、次回は私の鬼門『人形館の殺人』です。この作品はダメなんです。もう今のうちに謝っておきます。ご、ごめんなさい。

|

« 『まじっく快斗 4』 | トップページ | 『人形館の殺人』 綾辻行人 »

コメント

実はもう、この鹿谷門美という名前が嫌いなので、それが生みだされたこの作品も好きじゃないというとんでもない理由をもっています(笑)。
それはともかくこの作品を読んだときに、綾辻さんは叙述トリックに関していえば、決してうまくないな~と。『十角館~』に関しても表現的にはフェアかどうかは微妙だと思ったし、今回の作品も「性別誤認」を誘発する部分なんかは、どちらともとれるというよりは男性としか読めねえよと思ったのですが^^;;
『水車館~』はまっとうな叙述でしたが、過去と現在であからさまに一人称と三人称の違いが目に付きましたしね~。
あ、なんだか迷路館の話をしてませんな^^;;;

投稿: たいりょう | 2007/02/23 17:36

☆たいりょうさん☆
確かに『迷路館』から定着した鹿谷門実記述には馴染み薄いですよね。島田潔の方が素敵。まぁ、綾辻氏にしてみればテキトー(笑)に付けてしまった後悔があるのかもしれませんが。
綾辻氏の作品は読者を作中に引きずり込んで、ラストで一気に畳み掛ける感はありますよね。だからこそ圧倒されるわけですが。『迷路館』の「性別誤認」は中庸というよりは誤認させよう感が強いのは間違いないです。

投稿: まじょ→たいりょうさん | 2007/02/26 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5397738

この記事へのトラックバック一覧です: 『迷路館の殺人』 綾辻行人:

» 迷路館の殺人 著者:綾辻行人 [たいりょうのちょっと一息]
marquee vspace=3 height=1 direction=up bgcolor=dodgerblue/marquee font color=redB複雑な迷路をその懐に抱く地下の館「迷路館」。集まった4人の推理作家たちが、この館を舞台に小説を書き始めた時、惨劇の幕は切って落とされた! 密室と化した館の中で起こる連続殺人。真犯人は誰か? 随所にちりばめられた伏線。破天荒な逆転につぐ逆転。作中作『迷路館の殺人』が畏怖..... [続きを読む]

受信: 2007/02/23 17:37

« 『まじっく快斗 4』 | トップページ | 『人形館の殺人』 綾辻行人 »