« 『時計館の殺人』 綾辻行人 | トップページ | 『空の中』 有川浩 »

2007/02/24

『黒猫館の殺人』 綾辻行人

黒猫館の殺人 Book 黒猫館の殺人

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

記憶を失くした老人が江南の元に持ち込んだ“手記”。

その手記に描かれた殺人事件は妄想か真実か?

中村青司が手掛けたという黒猫館は一体どこに?

漸く『黒猫館の殺人』まで到達いたしましたか。『びっくり館の殺人』は既にレビュー済ですので、残すは『暗黒館の殺人』…正直タジタジです。できればずっと読んでいたかった『黒猫館の殺人』。なにはともあれレビュー。

この『黒猫館』を読み終えたときの正直な感想は…

すわっ、バカミスかっ!!

です。そんな真面目くさった顔で「実は黒猫館は○○○○○に有ったのです!」とか云われたって爆笑!だって、○○○○○よ?○○○○○以外のどこにあったって、こんなに笑えなかったと思う。なんでしょう、言葉の響きですね。

でも、黒猫館が○○○○○に有る必然性はナルホドくん。中村青司の変人ぶりもさることながら、天羽博士もなかなかやります。中村青司じゃなきゃ、そんな仕事請け負わねぇぜ!って感じ。でも、これまで登場した館のなかで、一番住んでみたいかもしれない『黒猫館』。『十角館』はそんなに部屋いらねぇ!感満載ですし、『水車館』は部屋の行き来が大変そうだし、『迷路館』はもうアトラクション化してるし、『時計館』はそんなところで眠れません、許してください。その点、『黒猫館』はモチーフも可愛らしいし、○○○○○に有るんでなければ住みたいです。

そうそう、ちょっと前になにかのレビューで「ドジスンの作品をちゃんと読んだことない」と書いた気がするのですが(検索してみたら『英国庭園の謎』でした)、この『黒猫館』にも登場してきたことで、さらに読みたい気持ちが上昇しました。でも、翻訳モノは訳者の言葉選びが肝心だからなぁ。ちゃんと調査してから選ばないと危険ですね。

って、殆どが『黒猫館』に関係ないことばっかりだわ。危ない危ない。この『黒猫館』は『時計館』の次ということもあって、ちょっとパンチが足りないような気がしてしまいますが、私は結構好きですね。○○○○○のあたりなんて、すっかりバカミスだし(まだ云うか!?)でも、生前の中村青司を知る人物との邂逅により、さらに中村氏の根っこの部分を知ることのできる作品かもしれません。

それを云うなら次巻の『暗黒館の殺人』に勝るものは無いのですが…。

あぁ、あの物理的殺人級厚さを誇る『暗黒館』に手を付けるときがきましたか。まさかこんなに早く再読の時がくるとは思っておりませんでした。南無三。

|

« 『時計館の殺人』 綾辻行人 | トップページ | 『空の中』 有川浩 »

コメント

私はどこに住もうかな〜って、どこも怖いです
そう言えば迷路館と島田氏の斜め屋敷を続けて読み、登場人物がごちゃごちゃになりました あまりスゴイカラクリ屋敷もね〜 いよいよ暗黒館ですね

投稿: きりり | 2007/02/25 01:06

やはりこれで思い出すのは、ミステリ界の某御大とのトリック流用論争でしょうか。ほとんど言いがかりのような話でしたが、一体あれはどうなったんでしょうね~。
よくまとまってるものの地味という印象ですね。
次はいよいよですね。ええ、あれが無ければ綾辻館シリーズレビューに参加してもよかったんですけどね^^;;

投稿: たいりょう | 2007/02/26 15:14

☆きりりさん☆
ごっちゃになります、絶対(笑)島田荘司氏の『斜め屋敷』もすんごい家でしたよね。トリックの申し子。殺人のための館。
いよいよ『暗黒館』なのですが、既に敵前逃亡して別の作品読んじゃったりしてます…すみません。今月中に企画レビューを終えようと思っていたのですが、ムリカモシレマセン。サガサナイデクサダイ。

投稿: まじょ→きりりさん | 2007/02/26 21:51

☆たいりょうさん☆
纏まり過ぎてて館シリーズらしくない作品ですよね。『時計館』の後っていうのも、位置的に辛いですし。でも、結構好きです。住みたい(←嘘つき)
次は『暗黒館』です~。あのレンガと見紛うばかりの厚さ…なんとかなりませんかね!でも、二階堂黎人氏の『人狼城』はあの倍だった!と自分を奮い立たせて(どんな奮い立たせ方だ)頑張ります!

投稿: まじょ→たいりょうさん | 2007/02/26 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5477140

この記事へのトラックバック一覧です: 『黒猫館の殺人』 綾辻行人:

» 『黒猫館の殺人』 著者:綾辻行人 [たいりょうのちょっと一息]
marquee vspace=3 height=1 direction=up bgcolor=dodgerblue/marquee font color=redB6つめの「館」への御招待──自分が何者なのか調べてほしい。推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。惨..... [続きを読む]

受信: 2007/02/26 15:15

« 『時計館の殺人』 綾辻行人 | トップページ | 『空の中』 有川浩 »