« 『図書館内乱』 有川浩 | トップページ | 『終末のフール』 伊坂幸太郎 »

2007/01/24

『キス』 西澤保彦

キス Book キス

著者:西澤 保彦
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

えっ?これが西澤作品?

西澤保彦が描くエロスとSFの融合体。

西澤作品だというだけで手に取った本作。西澤氏、こんな作品も執筆されていたんですね…知りませんでした。本作は森奈津子シリーズと銘打たれた作品集第3弾。

西澤氏の破天荒ぶりはチョーモンインシリーズを読んで、ある程度理解していたつもりだったのですが、矢張り“つもり”だったようです。こんな作品群まであったなんて…。ちなみに、本作『キス』を☆で評価するならば☆1.5です(もちろん☆5満点)

エロスがどうとかじゃないんです。SFがどうとかじゃないんです。読了後、「だから?」と思ってしまった本作は痛い!!4つの短(中)編が収録されているのですが、「うらがえし」だけはまぁまぁでした。「うらがえし」だけで☆1つ。あとの3作で☆0.5ですね。「勃って逝け、乙女のもとへ」なんかは、ちょっとしたミステリテイスト(「キス」もか?)になっているのですが、やっぱり「だから?」と思ってしまった。うーん、なにが原因だ?

本作は実在の森奈津子氏へのオマージュ的要素が多大に含まれているのですが、その森奈津子氏に全く興味が無い(むしろ知らなかった)のが最大の原因でしょうか?内輪ネタ、あるいは楽屋落ち的な内容に感じてしまうからでしょうか?

まぁ、どの作品読んでもサイコー!なんて作家に出逢えるのはごくごく稀だということは、重々理解しているつもりですので、本作だけで西澤作品を見切ったりはしませんが、既刊の森奈津子シリーズには手をつけることは無いでしょう…。西澤氏はやっぱりチョーモンインシリーズ。保科さんと能解警部、そして嗣子ちゃんの関係が明かされるまで追い続けますよ!!

|

« 『図書館内乱』 有川浩 | トップページ | 『終末のフール』 伊坂幸太郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/5063733

この記事へのトラックバック一覧です: 『キス』 西澤保彦:

« 『図書館内乱』 有川浩 | トップページ | 『終末のフール』 伊坂幸太郎 »