« 『天使のナイフ』 薬丸岳 | トップページ | 『図書館戦争』 有川浩 »

2007/01/18

『LOVE or LIKE』

LOVE or LIKE Book LOVE or LIKE

著者:石田 衣良,中村 航,本多 孝好,真伏 修三,中田 永一,山本 幸久
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

6人の男性作家が男女の間に生まれる微妙かつ複雑な感情を描く。

アイシテル それとも スキ なだけ?

『I LOVE YOU』に続く恋愛アンソロジー。もちろん本多孝好氏が目当てです。本多氏、昨年はこの『LOVE or LIKE』に短編を寄せたのみ…本多氏にゆっくり書いてよいと許可を出した編集者、出て来い。

そんな冗談はさておいて。しょっぱなの石田衣良氏の作品が、いきなり際どいシーンから始まりまして、これはこういう作品集なのかと疑いましたが、そういうカラーの作品が多かったのも事実。本多氏の作品でも、そういう描写があったのですが、氏の作品ではいつもその辺りがぼやかしてあるので、新鮮と云うか戸惑いというか。

本多作品をレビューするならば、初恋の君が登場して…なんていうお安い展開にならなかったのは評価。でも、このお題で長編が読みたいかもしれない。彼女にどんな紆余曲折があって、どんな想いを持って、どんな環境で“今”を生きているのか。その中であの夏の想い出にどんな意味があるのか。彼らほど大切に想ってはいないかもしれないけれど、そんな想い出は捨て去ってしまったかもしれないけれど、彼女の“今”が知りたい。本多氏、よろしく。

一番好みだったのは、中村航氏の「ハミングライフ」でしょうか。逢いたい or 逢いたくないという気持ちの揺れの中で行われるハミング。こんなピュアな恋愛、してみたいようなしてみたくないような。もどかしさが、この作品のすべてであり、味です。

一番読ませたのは中田栄一氏の「なみうちぎわ」かしら。自分の所為で、時を失った彼女に自分がしてやれることはあるのか。そんな罪悪感からくる愛もまた、良い。

やっぱり恋愛小説は読み慣れてないため、レビューものりませんね。本多氏の作品もいまひとつでしたし。本多氏の最新作が今年こそ読めることを祈って。

|

« 『天使のナイフ』 薬丸岳 | トップページ | 『図書館戦争』 有川浩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/4968175

この記事へのトラックバック一覧です: 『LOVE or LIKE』:

« 『天使のナイフ』 薬丸岳 | トップページ | 『図書館戦争』 有川浩 »