« 『子どもたちは夜と遊ぶ』 辻村深月 | トップページ | 『凍りのくじら』 辻村深月 »

2006/12/11

「このミステリーがすごい! 2007年版」

このミステリーがすごい!2007年版 Book このミステリーがすごい!2007年版

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

師走のお楽しみ「このミス」を漸く入手致しました。あっ、全編ネタバレレビューとなりますので、「このミスは自分の目で確かめるんじゃい!」という方はずずずっとスクロールされませんように。

うひょ~。『横メルカトル』が1位ですか!?

ここ数年、『葉桜』『生首』『容疑者X』と(こうして並べてみると、なんとも不穏な文字の配列…)本格志向のミステリが1位だったのですが、ここにきてホラー(なんですよね?)作品が1位を飾りましたか。先日、前評判を手に図書館予約をしてまいりましたが、その際に予約10人待ちでしたので、私が『横メルカトル』を読めるのは数ヶ月後になるかと思います。書評読みましたが、どれだけ奇天烈斎先生なのかめちゃくちゃ楽しみだがん。

しかし、毎度毎度のことですが、ベスト20に入っている作品のほとんどを読めてませんねぇ。今年は『銃チョコ』『怪盗グリフィン』『夏期限定トロピカル』『顔のない敵』『ボトルネック』『乱烏の島』の6作品ですか。ベスト40まで広げたって、13作品しか読めてません。どれだけ固定作家に偏った読書をしているかが判るってなもんです。当ブロ愚もレビュー作品は200を越えましたが、その中で13作品しかランクインしていないっていうんだから…。

また「このミス」片手に狙い読書をする日々が始まりそうな予感です。

そして、今年もやってきました「私の隠し玉」!!!今年も気になった作家さんの「隠し玉」紹介です。

●有栖川有栖氏●
来ました(笑)今年もこの頁から確認させていただきました。毎年毎年ありがとうございます。そうですか、江神(学生アリス)シリーズは今年もお預け、現在執筆中でございますが。来年こそは「やりました」と書かれた「隠し玉」を読ませてください。『双頭の悪魔』を越える長編…どんと来い!です。ただただ、待ってます。

●石持浅海氏●
光文社<座間味くんシリーズ>なるものをお書きになっていたのですか!座間味くんって、『月の扉』に登場した座間味くんですよね?ほへ~、純粋に短編集の発売が楽しみ。そうそう、今年の新人作家インタビューは石持氏でしたね。去年が米澤穂信氏でしたので、来年は坂木司氏あたりではないかと予想してみる…いかがでしょう?

●本多孝好氏●
毎年毎年丁寧なご挨拶、ありがとうございます。ただ、本多ファンとしては早く早く新刊を手にしたい気持ちでいっぱいでございます。ハードボイルドでも青春小説でも、官能小説でも構いませんから、早く新刊を!!

●横山秀夫氏●
数年計画と云わずに、タイトルを明かした4作品、すべてを待ち構える準備はできておりますので!去年まではチェックしていなかった作家さんの「隠し玉」を楽しく読めるってのは嬉しいですね。早く、リアルタイムで横山作品新刊を手にする機会を私にっ!

●米澤穂信氏●
いつの間にか秋期限定が『マロングラッセ事件』にタイトル代わりしておりましたね。秋に古典部モノ、そして紺屋S&Rモノも是非。『トロピカルパフェ』と『ボトルネック』の2作品同時ランクイン!のようなご活躍を是非来年も期待しております。

あぁ、本当に「私の隠し玉」は楽しいなぁ。来年になって、この前年「隠し玉」を読むのが最高に楽しいんですよ(あぁ、悪だ。お主もかなりの悪よのぉ)有栖川氏、次こそ私の期待を良い方向に裏切ってください!

というわけで、まだ流し読みですのでいまからじっくり読み込みたいと思います。そうそう、去年は“ミステリ既読調査”なるものが流行りましたが、今年も開催してくださらないかしら。あれ、書き出すのが本当に大変だと思いますが、是非やってみたいです。

|

« 『子どもたちは夜と遊ぶ』 辻村深月 | トップページ | 『凍りのくじら』 辻村深月 »

コメント

『このミス』は明日購入予定ですが、それにしても『横メルカトル』の1位にはびっくり。
実は今日読み終わったのでが、完成度の高さは文句無しなのですが、1位でいいのかという疑問は残りました。
まあミステリといえばミステリなエッセンスはありますが、万人受けする作品ではねえ^^;;;

投稿: たいりょう | 2006/12/11 12:16

私は20位までで5冊です......
ちょうどマジックミラー読んだばかりで、学生アリス読みたいですよね〜 どうにかしてほしい!

投稿: きりり | 2006/12/12 11:08

☆たいりょうさん☆
『横メルカトル』読まれましたか!!なんかもぅ、書評読んだだけで「これ、絶対合わない!」と、ひしひし感じます(笑)読むのが本気で楽しみ♪
しかし、『横メルカトル』を1位に据えた「このミス」は勇気ありますよね~(いや、勇気とかじゃなくて投票だから!)「本ミス」じゃ、こうはいかないですよね。でも、今年はやっぱりミステリ界的に小粒な1年だったと思っちゃいました。来年に期待です!!

投稿: まじょ→たいりょうさん | 2006/12/12 22:52

☆きりりさん☆
今年はブロ愚も始めて、本もかなり読んだぞ!と自負していたのに、ミステリ界はやっぱり広かったです。でも、「このミス」読んでこれからの読書計画を立てるのも、また楽しいですよね♪
しっかし、学生アリスさ~っぱり出ませんねぇ。有栖川の「隠し玉」は私を騙くらかす、壮大なトリックなのではないかと思ってきました。なにかの暗号が隠されているのでしょうか?来年はこんな暴言を吐かずに「このミス」が読めることを願って。

投稿: まじょ→きりりさん | 2006/12/12 22:59

こんにちは。遅ればせながらこのミス入手しました。20位までで既読はわずか3冊でした。。。。ただ読みたい作品は沢山あって文庫化が楽しみです。それ以上に学生アリスシリーズが楽しみですね!!どんなに執筆中だと聞いても半信半疑だったんですが、隠し玉を見る限り期待して待っていても良さそうな。

投稿: ソラチ | 2006/12/14 21:05

☆ソラチさん☆
2007年は学生アリスの新刊レビューをみんなで開催したいですよね!みんなでLINK繋げて…想像しただけでちょっと楽しくなってきました。そのときは是非ソラチさんもご参加くださいませ!しかし、こんなに待ち望まれている作品も、本当に珍しいと思います。有栖川、頑張って!!

投稿: まじょ→ソラチさん | 2006/12/25 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/4493012

この記事へのトラックバック一覧です: 「このミステリーがすごい! 2007年版」:

» このミステリーがすごい!2007年度版 [個人的読書]
このミステリーがすごい!2007年版 毎年この時期(12月初旬から中旬)は、とても楽しみにしてます。 そう、「このミス」の発売!!。  1988の第1回のこの本から、ずーっと追いかけています。 週刊文春のランキングに対する、カウンターサブカル本として 始まった... [続きを読む]

受信: 2006/12/13 23:04

« 『子どもたちは夜と遊ぶ』 辻村深月 | トップページ | 『凍りのくじら』 辻村深月 »