« みんなの読書癖●勤労感謝の日に仕事に行かなくてはならない気持ちはどう表現したら良いのか編 | トップページ | 『シンデレラ・ティース』 坂木司 »

2006/12/03

『新本格魔法少女りすか2』 西尾維新

新本格魔法少女 りすか2 Book 新本格魔法少女 りすか2

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

無敵とも思えるキズタカ&りすかの前に立ちはだかった“天敵”。

その“天敵”は思ったよりも大物で?

西尾維新の描く魔法少女物語、第二弾。

この『りすか2』でプチ西尾維新祭も終了で御座います。読んだ読んだ、来る日も来る日も西尾維新。もうしばらく西尾維新は良いです(って貴女、『化物語』は?『HOLIC』は?)

さて、『りすか1(便宜上)』であれだけ酷評致しました本シリーズ。本作はりすかの天敵登場に、城門管理委員会との遭遇、そして「六人の魔法使い」とのバトル。うーん、盛り沢山なのですが、やっぱりキズタカの大人口調には馴染めないっす。

個人的に『りすか2』で最も気に入っているのは「出征!」だったりします。きずなさん、良い性格してますね。キズタカが最初に出逢った魔法使い=りすかという方程式は、これまでに何度も確認されていることなので、騙されることはありませんでしたか、キズタカが初めて母親と呼んだ女=きずなさんという方程式には、ちょっとだけグッときました。きずなさんの安否が気がかりで御座いますが、きっと以降の物語できっちりと回収してくれるものと期待します。

そして、キズタカパパの登場。キズタカパパ、ダンディこの上ないですね。私の妄想をここで吐き出すならば、キズタカパパ=ニャルラトテップ=りすかパパみたいな!りすかは自分の父親、見たことないでしょうから。キズタカパパがそれであっても気付かないみたいな!って、私如きに予想されるようなオチにはならないと思いますので、私の妄想で御座います。でも、そうでもないとキズタカパパのあの存在感は説明出来ないっす!

そうそう、この『りすか2』には□が延々と続いたり(きっと112個)、魔法使いを殺しというフレーズが延々と続いたり(きっと93個。もちろん数えておりません)する箇所があります。あとはまっさらな頁が一枚挟まってたり。すわ、落丁か?と思わせますが、演出です。でもねぇ、ニ段組の上段すべて□ばっかり…みたいな本を読まされてもねぇ。新しい作品の形なのかもしれませんが、頭の固い私にはやっぱり合わなかったりします。

というわけで、3人(えっ?3人ってもうひとり誰よ?とお思いの方は是非作品をお読みください)の行く末が気になる今日この頃。「ファウスト」は私、読んでいないので、この後の作品が発表されているのかどうかもわかりませんが、まさかここで終わらせたりはしないだろ…と願いつつ。

|

« みんなの読書癖●勤労感謝の日に仕事に行かなくてはならない気持ちはどう表現したら良いのか編 | トップページ | 『シンデレラ・ティース』 坂木司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/4396361

この記事へのトラックバック一覧です: 『新本格魔法少女りすか2』 西尾維新:

« みんなの読書癖●勤労感謝の日に仕事に行かなくてはならない気持ちはどう表現したら良いのか編 | トップページ | 『シンデレラ・ティース』 坂木司 »