« 『カクレカラクリ』 森博嗣 | トップページ | 『零崎双識の人間試験』 西尾維新 »

2006/11/17

『零崎軋識の人間ノック』 西尾維新

零崎軋識の人間ノック Book 零崎軋識の人間ノック

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

殺人鬼一族・零崎の中でも異彩を放つ“愚神礼賛”こと零崎軋識。

昨日も今日も明日だって、軋識の前に立ちはだかるのは敵・敵・敵。

さぁ、零崎を始めよう。

うぉぉぉぉ、戯言シリーズキャラ総動員じゃないですか?

前作『零崎双識の人間試験』が超感動巨編だっただけに(号泣した口です)、期待も脹らむ第二弾『零崎軋識の人間ノック』。作者・西尾維新氏にして「意味不明の連中がただただ殺し合っている戦慄の小説」と云わしめる本作。戯言シリーズ後期の流れを汲んだ作品ですが、それでもやっぱり西尾維新はおもしろい!

オープニングから飛ばしてくれます。十二国記の泰麒を連想させるお姿で登場した人識を筆頭に、『クビツリハイスクール』であっさり殺られてしまった“策士”と“狂戦士”の登場。

うぉぉぉぉ、アツイ!アツすぎる!!

読む前におまけのトレーディングカードを覗き見してしまったため(だって、本がしならないから読み難かったんだもの)、狙撃手が登場した瞬間に狂喜乱舞。あの「正々堂々手段を選ばず真っ向から不意討って御覧に入れましょう」という名台詞がもう一度読めるとは。策士、大好きです。

とにかく戯言キャラ満載の本作。請負人が登場するのはまだ予想できたにしろ、鉄仮面メイド(最強!!)に、死神・萌太くんまで登場しますか!萌太くん、きゃわゆいなぁ。やばいな、ショタの気がバレる。

そ、そして“暴君”の登場には度胆抜かれました。

まさに暴君だよ!

「うにー、いーちゃん髪くくってー」とか云ってた、あの萌え萌えの青色はどこに?そうかそうか、さっちゃんはやっぱりドMだったわけだ。「殴っていただいてありがとうございますって言ってくれるかな?」なんて云われて、正気の奴なら殴り返すところです。「ごほうびに右足の親指を六十秒、しゃぶらせてあげるよ」って、お風呂嫌いな青色の足の指をですか?正気で居たいのなら顔を背けるべきです。うわぁ、私の愛しい青色を壊さないでぇ!!

しかし、独白スタイルをとっているにしろ「(会話文)」で状況説明させ過ぎじゃないですか?登場人物全員、どこからどう見ても怪しい人ですよ。中身がもうぶっ壊れているんだから、外身くらい真っ当な一般人を気取らせてやってください。軋識は絶対に「街」姿のスーツの方がお似合いよ。惚れる。

そうそう、スーツと云えば双識はどうしちゃったんでしょうか?彼が念願の妹を得るのは5年も後のことになりますが、策士に溺れる彼もさることながら、戦闘中の様がかなり無様。鉄仮面メイドと軋識のバトルや、人識と狂戦士(あるいは人喰い)のバトルに比べたら見劣りするったらないです。本当に零崎において一・ニを争う殺人鬼ですか?これはもう、『人間試験』を読み返すしかないっすね!

あ、あとね人識の「今度会ったら、すげえキスしてやるからな…」には爆笑させていただきました!あぁ、これが私の知ってる人識だよ。進学校で平均点90点以上取っちゃう人識ってのも、なるほど!と思ったけれども。

零崎シリーズ第三弾『零崎曲識の人間人間』が春から「メフィスト」で連載予定とのことですが、何年かぶりに「メフィスト」買ってみようかしら。その前に「メフィスト」置いてる本屋さんを探すのが先か。なんてマイナなんだ、「メフィスト」!

|

« 『カクレカラクリ』 森博嗣 | トップページ | 『零崎双識の人間試験』 西尾維新 »

コメント

まだまだ戯れ言読んでるので、ここまで読めないんですが本屋で、ちょっと見たとき、登場人物一覧にビックリ!お〜みんなでてる〜とかなり読みたかったんですけど我慢
でもかなり面白そうですね 早く読まないと

投稿: きりり | 2006/11/17 11:39

☆きりりさん☆
『人間ノック』良かったですよ!私的にはシリーズ最終巻『ネコゾギラジカル』より戯言めいてて好きです。
本当に「お~みんなでてる~」ですし。萌太くんの再登場には本当に萌えた。
私もまだレビューしてない西尾作品に取り掛かろうかなぁと思っております。今は『人間試験』読んでま~す。

投稿: まじょ→きりりさん | 2006/11/17 23:21

『人間試験』再読中ですか。私も、人間ノック読んだ後、ネコソギラジカルとサイコロジカルと人間試験を立て続けに読み返してしまいました。
零崎一賊大好きなんですが、満を持して登場した釘バッドに見せ場があまりないのが残念な気が・・。他のキャラを立てすぎたのか、特にビル突入時はまるで一般人ですし。スーツ着てたら殺人鬼じゃないんですかね?玖渚友の女王ぶりはかなりびっくりでしたが、わたし的には、完全防御のメイド登場に萌えました。

投稿: ソラチ | 2006/11/18 08:25

☆ソラチさん☆
『人間試験』のあとに『クビシメ』まで読み返してしまいました!『ネコソギ(中)』の人識再登場も読み返したいところなんですが…殺人級ですからねあの厚さは。
釘バッド…確かに既出の戯言キャラにすっかり喰われちゃって、影薄かったかもですね~。メイドさんにすっかりやられちゃってましたし(笑)メイドさんが最強すぎるという噂もありますが。あの場面で正面きって打って来いだなんて、もうカッコ良すぎる!
次回作『人間人間』は“少女趣味”の登場ですか。どんな少女が零崎にいたぶられるのか、興味津々です☆

投稿: まじょ→ソラチさん | 2006/11/18 22:10

こんばんは!
「人間ノック」は未読在庫でまだ本棚ですが、パラッと登場人物のページを見て、おもわず「あはははッ」と声が出たほど狂喜乱舞してしまいましたよ。
こりゃジックリ読まなアカンと思い、「化物語」の余韻からちょっと間をおいて読むことにしました。
でも、嗚呼、早く読みたい!

投稿: hoy. | 2006/11/19 21:02

☆hoy.さん☆
こんばんは!!
あの登場人物表は傑作ですよね!「あはははッ」と笑っちゃう気持ち、よく、よーくわかります!だって、私も笑っちゃったもの!!
もう、じっくり読んでください。もう、狂喜乱舞ポイント満載です。もう、たまりません。これだから、西尾維新は止められないです。
私も『化物語』読まなきゃ!読まなきゃ!!

投稿: まじょ→hoy.さん | 2006/11/20 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/4209346

この記事へのトラックバック一覧です: 『零崎軋識の人間ノック』 西尾維新:

» 西尾維新『零崎軋識の人間ノック』(講談社ノベルス) [書評風-読んだら軒並みブックレビュー]
西尾維新『零崎軋識の人間ノック』を読んだ。 殺人鬼集団を主人公とした人間シリーズ... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 20:40

» 零崎軋識の人間ノック 西尾維新 [ふくらはぎの誘惑曲線 海賊版]
これは最も荒々しく最も容赦のない手口で、一賊史上最も多くの人間を殺したと知られる、そして公式の記録の上では、一賊史上最も長生きした、一人の殺人鬼の物語である。「戯言シリーズ」の番外編とでもいうべき「零崎シリーズ」第二段。 んーじゃま、かるーく零崎を始めるっちゃ。(ってラムちゃんか?てめーは!) まず、目次の裏側、「登場人物紹介」のページに連なる懐かしくも嬉しいお名前を見て狂喜乱舞した。 「うわは... [続きを読む]

受信: 2006/11/24 00:20

« 『カクレカラクリ』 森博嗣 | トップページ | 『零崎双識の人間試験』 西尾維新 »