« 今日の「のだめ」 | トップページ | 『ヒトクイマジカル』 西尾維新 »

2006/11/21

『クビツリハイスクール』 西尾維新

クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 Book クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人類最強の請負人にスタンガンで失神させられた後、連れて行かれたのはクビツリハイスクール。

戯言遣い今回のミッションは首吊学園からひとりの生徒を助け出すこと。

果たして戯言遣いはインポッシブルミッションを成功させることができるのか?

いやぁ、本当に西尾維新はすごいなぁ。西尾維新氏と私は同級生なんですよ。いや、学舎がいっしょだったことはもちろんないです(立命館だなんて滅相も無い)ただ同い年だというだけで。だからこそ、リアルにすごいと感じる。

『クビツリハイスクール』は戯言シリーズの中でぎりぎりミステリとしての様相を保っている最期の作品でしょうか?密室本として出版された本作ですが、ハイテクな密室をローテクで作り出すという、ミステリの基本が詰まった一作。ただ、登場人物がもうびっくり人間大集合化してしまっているので、ミステリとして読めませんけれども。

プチ西尾維新祭の開催を決定付けた『人間ノック』で華麗なる再登場を見せた“策師”と“闇突”が本作で初登場。“策師”の彼女なんて、たった3つの質問で戯言ファンの頭を相当悩ませる“いーちゃんの本名”を解き明かしてしまうというのですから、超侮れません。ただ、『クビツリ』は如何せん短い(200頁無いの。読了まで1時間ってところなの)ため、彼女の“策師”たるお姿がどうも伝わってこないのが残念です。“闇突”なんて“ジグザグ”にあっさりだもの。でも『人間ノック』で描かれる彼女に比べたら、随分と大人になったこと。

そして姫ちゃん。姫ちゃんのラストを思うと、彼女のどんな言動も許せるってなもんです。姫ちゃんは師匠(=いーちゃん)と請負人に出逢えて本当に良かったよなぁ。戯言遣いが姫ちゃんに語った未来。その戯言の目的が単なる時間稼ぎに過ぎなかったにしても、その言葉は姫ちゃんの胸に突き刺さったことでしょう。『サイコロジカル』や『ヒトクイマジカル』で描かれる“正しい未来”のことを思うと、お姉さんは嬉しく思うよ。それにしても、青色といい姫ちゃんといい、人は見かけによらないっすね!

そうそう、『クビツリ』を語る上で外すことのできない要素といえば…

いーちゃんの女装と請負人の女子高生ルック!!

潤さん、最高に似合うじゃないですか制服。すんげぇ、可愛い。もちろん請負人にはそのカラーである赤を颯爽と着こなしてもらいたいのですが、たまにはそんなお姿も良いっすよね!いーちゃんも、姫ちゃんにかましたあの素敵な戯言が女装姿だったことを思うと頬がにやけてしまいます。青色にしかと見せてあげたかったよ。でも、プリーツスカートに入ったあのスリットは、絶対にやらしいと思います。

|

« 今日の「のだめ」 | トップページ | 『ヒトクイマジカル』 西尾維新 »

コメント

短いだけあってコンパクトでストレートに面白い!
鬱になりそうなほどの戯れ言もないし.. どの本の登場人物もそうだけど姫ちゃんはじめ皆好きです
ある種殺人鬼なんだけど......

投稿: きりり | 2006/11/21 11:22

こんにちは。
「密室本」のなかでは、舞城王太郎と並んで面白かったですね。
密室トリックも、まあきちんとミステリしていたし。
確かにこのあと、シリーズは急速にミステリとしての要素を失ってゆきますね。

投稿: 木曽 | 2006/11/21 22:37

☆きりりさん☆
確かに、コンパクトにまとまってますよね!密室もうまいこと決まってますし。ラストにいきなり登場するらぶみさんが哀川さんバリに密室を解決(?)しちゃうという、アレがまた好きなんですよねぇ。
姫ちゃんは本当に良い子だ…あぁ、姫ちゃん。姫ちゃん。姫ちゃん。

投稿: まじょ→きりりさん | 2006/11/22 00:36

☆木曽さん☆
舞城の「密室本」はおもしろですか!?舞城とは決別した私ですが…チェックしてみようかしら。「密室本」はその制約を活かしきれない残念な作品が多かったですよね~。
ミステリ要素がガンガン薄くなる戯言シリーズですが、まだまだプチ西尾祭は続きますので、またレビュー見ていただけると幸いです!

投稿: まじょ→木曽さん | 2006/11/22 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/4236924

この記事へのトラックバック一覧です: 『クビツリハイスクール』 西尾維新:

« 今日の「のだめ」 | トップページ | 『ヒトクイマジカル』 西尾維新 »