« 『出られない五人』 蒼井上鷹 | トップページ | 『少し変わった子あります』 森博嗣 »

2006/11/13

『看守眼』 横山秀夫

看守眼 Book 看守眼

著者:横山 秀夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

短編の名手・横山秀夫。

彼の描く短編には、その枠に留まらないひとりひとりの人生が詰まっている。

渾身の一作。

やっぱり横山氏は短編だなぁと、私を唸らせた一作。『臨場』『顔』と連作(シリーズ)短編集を立て続けに読んだので、てっきり本作も連作だと思っていました。

刑事になりたいという夢を持ち続けながら看守としての人生を全うしてきた男が、定年目前にして見つけた真実を描く表題作「看守眼」を筆頭に、どれも素晴らしい出来栄えです。

短編は箱庭だと思っている私。限られた枠の中に山を造り、川を流し、ひとつの世界を造り上げる。ひとりの人間が何度も同じ枠内で箱庭を造る以上、作品自体が似てしまうのは避けられないことと思いますが、横山氏にはそれがない。ときには急な、ときにはなだらかな谷(オチ)を造り、私を魅了させる。横山氏、すごい。

ミステリ好きの宿命として、意外性のあるオチが無いとどうしても落ち着かない私にはぴったりです。先日『陰の季節』を読了した同居人に「こんなに意外性のあるオチばかり続いて、逆に飽きちゃわないのか?」という質問を受けましたが、フリークからすれば横山氏のオチは微妙に違うのだよ!ミステリ好きじゃないと、この微妙な違いはわからないのかもしれないなぁ。確かにそうかもしれないなぁ。

本作『看守眼』に収録されている作品で、私が最も気に入ったのは「自伝」。どれも甲乙付け難いのですが、この「自伝」のオチが一番しっくりきました。最後に強請らずにはいられなかった彼。強請った後に明かされた真実。悔やんでも悔やみきれない想い。こういう救われない話が好きです。病んでいるのかもしれません、自分。

横山氏の作品も、もうかなりの数を読みましたね。残すは『深追い』『半落ち』『震度0』の三作ですか。『半落ち』は直木賞論争のときに、うっかりネタバレ被害に遭っておりますが、実際に読んでみて自分がどういう感想を持つのか楽しみでもあります。でも、今の自分はすっかり横山信者なので(笑)ちょっと間を空けたほうが良いのかな?と思ったり。

|

« 『出られない五人』 蒼井上鷹 | トップページ | 『少し変わった子あります』 森博嗣 »

コメント

いやーいいですねー。
本当に横山合宿やってますねー。
私もそんな時期があり、羨ましく思います。
最近は新作がないため、横山作品に飢えてます。
首をながーくして待っているんですが・・。

半落ちは直木賞の時に話題になりましたよね。
あの時は、審査委員に対して
「お前が言えるほど面白い作品書いているのかよ」
と突っ込んでしまった覚えがあります。

投稿: うだじむ | 2006/11/13 01:08

☆うだじむさん☆
横山合宿、本当に楽しくて楽しくて仕方ありません!!既刊の横山作品をすべて読み終えてしまう日が怖いです。うだじむさんのコメントを読んで、横山作品はあえて数冊残しておいて「いざとなったら横山秀夫があるさ!!」という心の余裕を保っておいた方が良いに違いないと、改めて思いました。いつ発売になるかわからない新刊を待つ日々って、本当に辛いですよね…。
こんなところでお願いするのも恐縮なのですが、左サイドバーにBlogPeopleという(勝手に)LINKツールを設置しておりまして、お世話になっている方を登録させていただいているのですが、そちらにうだじむさんのブログを登録してもよろしいでしょうか?(って、もう登録させていただいたのですが)もしお嫌でしたら外しますので、仰ってくださいませ。よろしくお願いします!

投稿: まじょ→うだじむさん | 2006/11/14 00:23

こんにちは
リンクの件はもちろんオーケーです。
私の方もリンクさせていただきます。
こちらこそ宜しくお願いします。

また、横山の書評で盛り上がりたいですね。


投稿: うだじむ | 2006/11/14 09:32

☆うだじむさん☆
リンク、快く承諾していただけて嬉しい限りです。ありがとうございます!
ちょっとだけ横山作品とは距離を置こう(なんて傲慢な云い方)と思っておりますが、きっと我慢できなくなって読んじゃうことと思います。
また横山レビューでいっしょに盛り上がりましょう☆

投稿: まじょ→うだじむさん | 2006/11/14 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/4150425

この記事へのトラックバック一覧です: 『看守眼』 横山秀夫:

» 「看守眼」横山秀夫 [粋な提案]
刑事にわからなくても、おれにはわかるんだよ――29年の看守人生が見抜いた「死体なき殺人事件」の真相とは。表題作他、短編の名手が絶妙の罠を仕掛けた、人生の一瞬を切り取る渾身の物語。 いつか刑事になる...... [続きを読む]

受信: 2013/06/25 16:42

« 『出られない五人』 蒼井上鷹 | トップページ | 『少し変わった子あります』 森博嗣 »