« 幻水Vプレイ日記 | トップページ | 『新選組血風録』 司馬遼太郎 »

2006/10/04

名探偵コナン実写ドラマ「工藤新一への挑戦状」

「名探偵コナン」10周年記念ドラマスペシャル 工藤新一への挑戦状-さよならまでの序章-【通常盤】 DVD 「名探偵コナン」10周年記念ドラマスペシャル 工藤新一への挑戦状-さよならまでの序章-【通常盤】

販売元:小学館
発売日:2007/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

見ました。見ましたよ実写ドラマ!もうなにからツッコめばよいのかわからなくなるくらい、ツッコミどころ満載のドラマでしたね。以下、ひたすらツッコミを連発してゆきたいと思います。

まず、小栗旬くん演じる工藤新一…なかなか良い!新一のぶっきらぼうな口調(「バァロゥ」とか)をなんとか表現しようと頑張っていたようにお見受けしました!それに比べて…蘭!どうした蘭!!いっしょに見ていた(コナンを真剣に見たことの無い)同居人にすら、「随分弱気な蘭だね…」と云わせてしまうとは。確かに蘭は新一の前でだけ、女の子らしい部分を見せることはありますが…ちょっと残念。そして、陣内孝則さん演じる毛利小五郎…絶妙!なんかもう、絶対に小五郎おじちゃんはこんな感じですよ!奇声を上げるシーンなんかも抜群でした。そうそう、小五郎の後ろでちょっぴり写った沖野ヨーコちゃん(ポスター)はベッキーだったのですか…芸が細かいですね。そして、最も問題人物だったのが目暮警部…もっと良いキャスティングはできなかったのかい!あんな目暮警部なら登場させないほうがよっぽど良かったのに。目暮警部はもっとバリトンの利いた渋い役者さんにやってもらってくださいよ。どうせシャッポ(帽子)はとらないんだから、ハゲてるかどうかなんて関係ないよ!(さらっとひどいことを云う)一人で興に乗っちゃった西村雅彦ほどおもしろくないものはないのに…。

さて、肝心のストーリー。新一の元に届く不可解な挑戦状。差出人はkidnapper。英語が苦手な私は、

(怪盗)キッドの新手のあだ名かと思いましたよ!

「kidnap=誘拐する」という単語なのですね。ドラクエ風に云うならば、まじょ。はひとつ賢くなりました。さて、船の上で誘拐だっていうから、どんな豪華客船かと思ったら観光スポットに必ずひとつはあるような遊覧船!高校生が修学旅行であんな船乗らねぇよ!あれじゃあ、小学生の修学旅行だよ!と憤ってみる。そして消えるのは園子(園子役の女の子もなかなか良かった。女狐っぽいところが)。ストーリーの順序を無視してネタバレすれば、あんな小っさい遊覧船の中に隠されていた園子を見つけられなかった警察って一体…。鏡を使ったトリックってのは良いです。でもね、あんなその場凌ぎで夜まで園子を隠し遂せておけるわけないじゃない!鏡のトリックってのは手品でも一瞬誤認させるために用いるのであって、警察の捜査を欺けるような大したもんじゃないです。だって、誰かがあの箱(クローゼット)に手を突っ込んだら、思ったより深さが無くて「あっ、痛!」ってなもんですよ。

そんな犯人の浅はかさが浮き彫りになったのが、第2の誘拐が起こった直後。犯人の明らかな失言に何故気が付かないんだ、新一!「湯けむり~」とかタイトルに付いちゃう2時間ドラマでも、今どきあんな失言をする犯人居ないよ!興ざめの瞬間。

そして、蘭が得意の空手で園子を助けるシーン。蘭役の黒川智花ちゃんは頑張っていたと思います。ただね、漫画の蘭なら、あんなバリケードは一蹴りで破ってしまうことでしょう。だって、蘭の周りにはスーパーサイヤ人も顔負けのオーラが出ているんですよ?ロープ1本でコナンを抱えて世界記録級の大ジャンプ(by「天国へのカウントダウン」)をするんですよ?妙に人間らしい蘭を見た瞬間。

そうそう、犯人と目されていた(既に犯人が失言をしているので、犯人ではないことはわかっていたのですが)東さんが自殺したシーンで残されていた遺書。私はあの矢印(→)を見て、「犯人候補に方角の名前が入っていたのはこのためだったのね!じゃあ、この→の方向は…東じゃん!?」と一人ノリツッコミをしました。痛い子…。あの遺書の謎だけは解けませんでしたね。まぁ、透かさなきゃならないとなれば、実物を手にしない限り無理なのですが。

そして、犯人と新一の直接対決。サッカー小僧・新一が上手に表現されていて良かったと思います(蘭と新一のラブシーンには全く興味が無いのでスルー)。問題はその後。上空で爆弾が爆発したその後でございます。

キッド様降臨!!

あの、ちっちゃいちーっちゃいキッド様を腐女子の私は見逃しませんわよ!なんですか?シリーズ第二弾への布石ですか?次は「工藤新一VS怪盗キッド」ですか?新一とキッド(快人)は激似ですが、小栗旬くんの一人二役ですか?(無いな。ただのファンサービスだな)kidnapperでキッド様が登場すると一瞬勘違いした私へのせめてもの償いとして、受け止めておきますね。あぁ、キッド様☆

ここで総評をするならば、思っていたよりも良かったです。先日の「カクレカラクリ」よりよっぽど良かったと思います(あれは貴女が期待し過ぎたから…)新一役の小栗くんがなかなか良かったからかな。第二弾が製作されれば(キッド様が登場しなくても)きっと見るでしょう。欲を出すならば、ミステリとしての完成度をもうちょっと上げていただければ…。2時間ドラマくらいまでは、ね?

小説名探偵コナン工藤新一への挑戦状 Book 小説名探偵コナン工藤新一への挑戦状

著者:青山 剛昌,谷 豊
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 幻水Vプレイ日記 | トップページ | 『新選組血風録』 司馬遼太郎 »

コメント

わたしも見ました、コナン実写版。かなりありえないですね。犯人のあからさまな失言、爆笑しながらツッコミました。指摘しろよ、高校生探偵。女子高生並べたらどれかわからなくなるくらい存在感薄い蘭には残念でしたが、陣内さんはかなり良かったですね。面白かったですけどあのサッカーボールどこから出てきたんでしょうね。ラストシーンもかなりツッコミどころ満載ですね。

投稿: ソラチ | 2006/10/04 22:41

まだ録画みてないんですよ 小栗旬が出てるから一応マークしたんですが。 コナンじたい見た事はないんで、どこ突っ込むかはわからないんですが、なんか見るの楽しみです

投稿: きりり | 2006/10/06 11:19

☆ソラチさん☆
本当にありえない展開続出でしたね。
>女子高生並べたらどれかわからなくなるくらい存在感薄い蘭
まさにソラチさんの仰る通りでした。もっと利発そうなキャスティングはできなかったのでしょうか?
ラストのサッカーボールは小五郎が倉庫に辿り着いたときに、後ろのほうにちらりと映ってました。でも、キック力増強シューズでも無いのに、あそこまで爆弾が舞い上がるものか…それよりもサッカーボールが当たった瞬間に爆発するような気がしますよね!

投稿: まじょ→ソラチさん | 2006/10/07 21:35

☆きりりさん☆
録画されたコナンはご覧になられましたでしょうか?2時間サスペンスよりもありえない展開、いかがでしたか(笑)
きりりさんはコナンは見られないのですか…最近では事件が起こりすぎて(サザエさん方式で歳をとらないのですが、単純に計算しても毎日事件に遭遇している計算になります)もうネタも尽きてきた感が出てきてしまっておりますが、それでもやっぱりおもしろいです!劇場版あたりから是非どうぞ~

投稿: まじょ→きりりさん | 2006/10/07 21:40

キット爆発した後、空を飛んでるの3回目見てやっと、、気付きました!!(おっせー)皆さんも気付いてますよね!?私、見つけられなかった↓↓
ドラマ楽しく見させてもらいました。。『工藤新一への挑戦状』が終わって2月も絶ったんですねぇ~。私的には第2弾も放送される予感がするんですけど。。小栗旬君は新一役良かったと思います!原作では髪の色黒ストレートとゆうことが実写との違いでしたけど、、役にちゃんと入り込んでほしいなぁ~と思いました。。

投稿: EASTBОE | 2006/12/10 20:42

☆EASTBОEさん☆
コメントありがとうございます♪
キッドはまさにファンサービスですよね!実写化第二弾(あるのか?)では、是非とも生・キッド様を拝みたいものです。ちらっとでも良いから~。あとは色黒の青年をどこかから連れてきて、新一VS平次とか見てみたいですね。原作に忠実に、対面は果たさずに、裏でこっそり対決してもらいたい(って、面白くなさそうだな…)
私も第二弾、あると思います!近いうちにやってくれると嬉しいですね♪

投稿: まじょ→EASTBОEさん | 2006/12/12 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3689560

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵コナン実写ドラマ「工藤新一への挑戦状」:

» 小説名探偵コナン工藤新一への挑戦状 [忍者大好きいななさむ書房]
小説名探偵コナン工藤新一への挑戦状 [続きを読む]

受信: 2009/07/24 22:15

« 幻水Vプレイ日記 | トップページ | 『新選組血風録』 司馬遼太郎 »