« 『顔のない敵』 石持浅海 | トップページ | 『女信長』 佐藤賢一 »

2006/09/08

『聖女の塔』 篠田真由美

聖女の塔 Book 聖女の塔

著者:篠田 真由美
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カルト宗教に入信した友人を助けるために行動を開始した蒼。

頼りの京介は行方不明で…。

建築探偵シリーズ第何弾だ?

久しぶりの建築探偵シリーズ。シリーズも残すところあと3作ということで、終焉へのカウントダウンが着々と行われております。この『聖女の塔』のもシリーズの懐かしキャラが何人か登場いたしますが、

貴方、誰でしたっけ?状態

建築探偵シリーズを初めて読んだのは高校2年生のときでしたので、もう○年のお付き合い。そのころには名作『原罪の庭』が発表されておりましたので、年に一作のペースですね。建築探偵シリーズは読了後、必ず気分が落ちるので(間違いなく京介の所為だ)そうそう再読するわけにはゆきません→よって上記のような現象が発生するわけです。

これは完結までにシリーズ再読週間を設けなくてはならないかも。この『聖女の塔』を読んでいて、何度“?”に襲われたことか…。しかも『聖女の塔』あとがきで作者の篠田氏が「(次回作の)物語のラストで京介は**する」なんて不吉な予告をしておりますし。ついに京介、死亡ですか!?シリーズ通して京介には危うい影が付き纏っておりまして、私は非常に心配しているわけですよ、蒼を

名作『原罪の庭』を読んで蒼にとことん傾斜してしまった私ですが、蒼にはとにかく幸せな人生を歩んでいって欲しい。そのためには京介がどうしても必要な訳です。もちろん京介離れはしなくてはならないけれど、京介が居なくなることで物理的に離れる必要はないと思います。着実に蒼は京介離れをしているのに。翳という(邪な)親友もできたことですし。だから、京介死亡ラストだけは止めて欲しい。切なる願いです。

さて、『聖女の塔』ですが、ミステリとして申し上げることは特にございません。既に“建築探偵”シリーズでは無くなっておりますしね。今回はカルト宗教探偵シリーズとでも云いましょうか。こういうテーマは嫌いではないのだけれど、カルト宗教について頁数を割いた割には、対してミステリに絡んできていませんよね…。ミステリ作品とそのほかの大きなテーマの共存というのは本当に難しいのだな、と思います。

それでは、最後にどうしても云いたい。翳よ…「俺、カズミ(蒼)が来るならマンション買います」って

新居じゃないですか!?

どうして篠田真由美は蒼と翳のBLっぽい妄想を火のように非難する割に、こういうシーンを書くんでしょうね。理解できません。蒼と翳はどうしたって普通の親友であるように見えません。しかも、翳が蒼にキス未遂を起こした記述が有ったような、無かったような…。

蒼も翳も大好きな腐女子だから良いんですけどね!

|

« 『顔のない敵』 石持浅海 | トップページ | 『女信長』 佐藤賢一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3370714

この記事へのトラックバック一覧です: 『聖女の塔』 篠田真由美:

« 『顔のない敵』 石持浅海 | トップページ | 『女信長』 佐藤賢一 »