« 『情けは人の死を招く』 射逆裕二 | トップページ | 『顔のない敵』 石持浅海 »

2006/09/06

『上手なミステリの書き方教えます』 浦賀和宏

上手なミステリの書き方教えます Book 上手なミステリの書き方教えます

著者:浦賀 和宏
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

八木剛士シリーズ(?)第三弾。

浦賀和宏、衝撃の問題作。

内容紹介にこれだけ書くのが精一杯でした…。

問題作中の問題作ですよ。

chapterの扉に書かれたミステリのお約束が一番面白かった…。

まず、『上手なミステリの書き方教えます』のタイトルにやられました。絶対真っ当なミステリがくるものだと思っていたら…

いじめとエロと萌えとオタクの話しか出てこなかった…。

ミステリはどこに?確かにひとっつ、ミステリっぽい部分も有ったような、無かったような…。パーセンテージで云えば、1%くらいはミステリだったかもしれません。でも残りの99%がいじめとエロと萌えとオタクの話です。浦賀和宏…一体貴方になにが起こったのでしょうか?

『浦賀和宏殺人事件』を読まされたときの呆然。これが今の気持ちに一番近いですね。

確かに『上手な~』のラストは良かったです。背表紙あらずじに書かれた「結末圧倒的感動必読!!」は云い過ぎとしても、八木メェメェの青春への序章としてなかなか好感の持てる素敵なラストでした。

でもねぇ、そこに至るまでのいじめとエロと萌えとオタクの話がねぇ。講談社ノベルスは比較的なんでもあり…とは云いつつも、なぜこの作品が出版されるに至ったのかが謎。誰か止める人間は居なかったのかい!

浦賀作品には『時の鳥籠』や『彼女は存在しない』のような名作がいくつもありますので、この『上手な~』だけで浦賀和宏に見切りをつけてしまうことはできないのですが、八木剛士シリーズ最新刊『八木剛士 史上最大の事件』を手に取るかどうかは全くの未定です。きっと自分からアクションを起こすことは無いのだろうなぁ。

そうそう、ノベルス折り返しの浦賀和宏<主な著作リスト>に安藤直樹シリーズの初期作品がごっそり抜けているのが気になりました。絶対、初期作品の方が<主な著作>だと思うのですが…。

今日のレビューは唖然とした気持ちが“…”の多さによく現れておりますね…。

|

« 『情けは人の死を招く』 射逆裕二 | トップページ | 『顔のない敵』 石持浅海 »

コメント

むしろおもしろそうじゃないですかww

問題作と聞くと逆に読みたくなるのは自分だけ??

投稿: あさり | 2006/09/06 23:10

☆あさりさん☆
ミステリだと頭っから思い込んでいたのが敗因ですね。ノベルスで100ページ超えても事件が起こらないと、あちこち痒くなる病を患っている私。
あさりさん、是非チャレンジしてみてください!

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/09/07 20:19

この作品、最近読みました。
僕も余所で感想を書いたのですが、同じこと思いましたよ(^^;
ミステリじゃないですよね…orz

これを読んだがために、「時の鳥籠」を読む予定を取りやめたんですが、あっちは名作なのですか!
いつか読んでみるかもしれませんw

投稿: mollow | 2006/09/08 01:47

☆mollowさん☆
ご来場&コメントあろがとうございます!
こんな思わせぶりなタイトルなのに、ミステリじゃないって云うんだから、もうなにを信じて本を選んでゆけばいいのか…。
『時の鳥籠』は個人的に名作だと思っております。『記憶の果て』で“?”だった部分が『時の鳥籠』で氷解して、目から鱗です。安藤直樹シリーズの初期作品は本当にすごい。ノンシリーズであるならば『彼女は存在しない』が本当にオススメです。ミステリとしても小説としても。『彼女は~』はつい涙してしまいました。

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/09/08 23:46

ミステリじゃないですよねぇ。
このシリーズは『上手なミステリの書き方教えます』以降もずっとミステリじゃないですよ(笑)
初期の浦賀作品のような仕掛けは見られないですね。
あの世界がぐるりと周るような仕掛けは。

でも実は僕このシリーズ大好きなんですよ(笑)
ここまでグロテスクな自己と人間関係を描けるのは浦賀和宏しかいないと思うんです。
記憶の果てや時の鳥籠もそうなんですが、このシリーズはそこを極めていると思うんです。とにかく過剰に。
もっと評価されてもいいと思うんですよねぇ。
とはいえ『さよなら純菜 そして、不死の怪物』くらいまでいかないと楽しくないシリーズだよなぁと、よく思うんですが(笑)

ちょっと思うところがあり、このシリーズについて書いたので、「松浦純菜の静かな世界」の方にトラックバックさせていただきました。

投稿: tuna | 2009/03/15 12:22

☆tunaさん☆
コメントありがとうございます!
この「松浦純菜シリーズ(八木剛士シリーズ)」はやっぱり途中挫折してしまいました。でも、安藤直樹シリーズを越える9作も出版されたってことは…人気あったんですよね?どうしよう読んでみようかしら。
>『さよなら純菜 そして、不死の怪物』くらいまでいかないと楽しくないシリーズ
ということは…あと2作読めば軌道に乗るわけですね。少しずつ(元気のあるときに)挑戦したいと思います。浦賀作品は爽状態で読んで丁度ええ。鬱状態で読もうものなら…悲惨だ。

あっ、TBしてくださったんですよね?ありがとうございます。でも、巧く行かなかったですよね?ごめんなさい。ココログってTB規制が異常に厳しいみたいで、こちらからTBするのもされるのもとーんと巧く行かない。気持ちは充分いただきました。ありがとうございます!!

投稿: まじょ→tunaさん | 2009/03/15 18:27

そうなんですトラックバックできませんでした(泣)
浦賀ファンは希少(笑)ですので、ぜひ連携したかったのですが…。残念です。
お騒がせして申し訳ありませんでした。
気が向いたら「松浦純菜シリーズ」([八木剛士シリーズ]とどっちなんでしょうね?)読んでみてくださいね!

では失礼しました~。

投稿: tuna | 2009/03/15 20:39

☆tunaさん☆
こちらこそご迷惑おかけしまして、すみませんでした。ココログによく言っておきます(笑)
>浦賀ファンは希少(笑)
ですね!もう少し評価されても良いと思うのですが…なにがいけないんでしょう?多少のエロとグロには眼を瞑ってくだされば良いのに、皆様。

って、きっと眼を瞑れないほど過多なんだろうな、エロとグロ。

投稿: まじょ→tunaさん | 2009/03/17 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3345512

この記事へのトラックバック一覧です: 『上手なミステリの書き方教えます』 浦賀和宏:

« 『情けは人の死を招く』 射逆裕二 | トップページ | 『顔のない敵』 石持浅海 »