« 『輪違屋糸里』 浅田次郎 | トップページ | 『λに歯がない』 森博嗣 »

2006/09/10

『I LOVE YOU』

I love you Book I love you

著者:伊坂 幸太郎,石田 衣良,市川 拓司,中田 永一,中村 航,本多 孝好
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さまざまな断片から生まれるストーリーを、

現在もっとも注目を集める男性作家たちが紡ぐ、至高の恋愛アンソロジー

(帯より)

やっぱり伊坂幸太郎は巧いですね。

伊坂幸太郎と本多孝好目当てでこの『I LOVE YOU』を手に取りました。やっぱり最初と最後を飾ったこの二人の作品が良かった。もちろん波長もあるのだと思いますが、小説として最も完成されていたであろう石田衣良の作品よりも、この二人の作品にぞくっときました。

私は基本的に恋愛小説って読まないのですが(山田詠美のみ例外)、嫌いではないのです。ただ、恋愛こそ全て!と云わんばかりの小説が苦手で。恋愛って確かに大切なものだけれど、恋愛と同等、もしくはそれ以上に大切なものがあると思うのです。「恋愛!恋愛!」と声を大にして訴えている作品は、人生のごくごく一瞬を捉えているのみで、どうしても深みに欠けるような気がして。その意味でも『I LOVE YOU』は「これ恋愛小説?」とつい聞き返したくなる強者揃いで、安心して読めました。恋愛小説らしかったのって、石田衣良と本多孝好くらいでしたね。

伊坂作品はいつもの伊坂節が炸裂です。恋愛小説のはずなのに、テーマはシロクマです。伊坂作品お馴染みのちょっと冷めた主人公が奇天烈な姉を思い出すお話。物語の半ばで登場した伏線がラストで綺麗に回収されるという、短編でも力抜きませんなぁ、な一作。

そして、本多作品。本多孝好の恋愛小説は『真夜中の五分前』で既に経験済なのですが、やはり本多孝好は短編でこそ力を発揮する作家だと、改めて確信しました。最後の「ごめんなさいごめんなさい」が胸にぐっと突き刺さる。あのラストが無ければ、大人のキレイゴトに見えてしまう雰囲気が、キュッと引き締まった感じ。やっぱり本多孝好は良いなぁ。好きだなぁ。

そうそう、中村航氏の作品を読んでいて、伊坂幸太郎の『砂漠』に登場した“平和(ピンフ)を作り続ける彼”を思い出しました。全然関係ないけれど。

|

« 『輪違屋糸里』 浅田次郎 | トップページ | 『λに歯がない』 森博嗣 »

コメント

私も恋愛小説です!!みたいのは読まないんですが、ミステリとかで語られてる悲しい恋とかは好きなんですよ(偏屈か?)
伊坂氏はうまいですね 本多孝好は未読です 読んでみたいですね
どうにかアクセスできるパソコンが手に入ったんですが、誰からも見られる席な為、目をかいくぐりおじゃましま〜す

投稿: きりり | 2006/09/12 11:45

☆きりりさん☆
コメントありがとうございます!私の愛用しているパソコンは3年目なのですが、電化製品にはとことん運の無い私ですので、そろそろクラッシュするのではないかと恐れを抱いております…。
本多孝好氏、個人的に大プッシュしてます。処女作の『MISSING』を読んだときに、こんな作品にはもう二度と出逢えないかもしれないと本気で思いました。機会があれば、是非お手に取ってみてください!

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/09/13 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3392386

この記事へのトラックバック一覧です: 『I LOVE YOU』:

» I LOVE YOU [miyukichin’mu*me*mo*]
 『I LOVE YOU』   伊坂幸太郎:著 「透明ポーラーベア」   石田衣良:著 「魔法のボタン」   市川拓司:著 「卒業写真」   中田永一:著 「百瀬、こっちを向いて」   中村 航:著 「突き抜けろ」   本多孝好:著 「Sidewalk Talk」    別に、クリスマスに合わせて  このタイトルの本を読み終えたわけでは  ありません。偶然です(笑)  図書館で伊坂さんの著作リストにあった... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 00:30

« 『輪違屋糸里』 浅田次郎 | トップページ | 『λに歯がない』 森博嗣 »