« 『四季 夏』 森博嗣 | トップページ | 『四季 冬』 森博嗣 »

2006/09/03

『四季 秋』 森博嗣

四季 秋 Book 四季 秋

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「犀川先生は真賀田博士のことをどう思っているのだろう?」

これが西之園萌絵の専らの関心事。

そして、その答えがここに?

これまで四季サイドから物語が綴られていた『春』『夏』と趣向を変えて、西之園萌絵サイドから現在の四季像に迫るのがこの『秋』です。

すみません、さっそくですがこの『秋』も全面ネタバレレビューです。もう口を噤むことはできません。未読の方はとにかくとにかくご注意を!

「古いお友達なのですか?」萌絵は犀川に聞く。
「知り合い」彼は短く答えた。

「知り合い」…保呂草さん残念!!

『秋』を語る上で外すことのできないふたつの出逢い。そのひとつが保呂草&犀川の再会です。いやぁ、犀川先生が保呂草さんに駆け寄り(駆け寄ってないです。妄想です)「あれ?保呂草さん?」「本当に?」と声をかけるシーン。このシーンでは犀川先生はまさしくへっ君でございました。くそぅ、めんこいじゃないか。「ありがとう。覚えていてくれて」と返した保呂草さんも素敵。あの場面(萌絵にひっ捕らえられている)でそんな風に微笑むことは普通できません。いやぁ、ジェントル。

なんかもぉ、四季を追うとかどうでも良くって(おい!)とにかくS&MシリーズとVシリーズの関係を綺麗にしておきましょう!というのがメインではないかと疑ったり。もちろん、その役割もあっての『四季』なのですが、少なくとも私にとってはそれがメインです。

話は戻りまして保呂草&犀川の再会シーン。エンジェル・マヌーヴァの件でツー・カーぶりを発揮する二人。犀川先生がお母さん(紅子)から聞いてる話ってのは、どんな話なんだ、一体。紅子が保呂草さんについて正直に語るとは思えないし…でも、世津子の母親(七夏)が保呂草さんを追い続けていることは知ってるし…泥棒でも友人…あぁ、知り合いだったか。とにかく、いろんな妄想を膨らませるのに充分な再会でした。たった数頁の再会でしたが、その数頁だけでS&M+V=20作を読んだ価値があったというものです。

そして、重要な出逢いのもうひとつが紅子VS萌絵。なぜ“VS”なんだ、自分。堂々たる母親っぷりでした、紅子さん。それに比べて林さん…チキンなんだから。この二人が遭遇して初めて、紅子&萌絵はかなり気が合うかも…と犀川先生の身の危険を感じました。紅子が好きそうですよね、萌絵みたいな女の子は。レスポンスの速さやその思考の飛躍が紅子好み。そもそも、この二人は保呂草さんが『捩れ屋敷の利鈍』で指摘しているように似ている。この二人に迫られたら…犀川先生じゃなくてもタジタジです。「少なくとも、その場に僕はいたくない」と苦笑いした犀川先生の気持ちがよくわかります(よよよ…)

そうそう、出逢いといえば保呂草&各務っていうのもありましたね。逃げられた女を追いかける男…そんな保呂草さん見たくない!私的には各務さんがぞっこん(ふ、古っ!)で、保呂草さんも嫌ではないからいっしょに居る…というような妄想シュチュエーションだったものですから、まさか保呂草さんが各務女史を追いかけてゆくとは。武器を持っていると思った、と捻じ伏せるほどいっしょに居て危険なことは解っているのに、どうしても追いかけてしまう罠。これが恋ってやつですか?保呂草さんには『赤緑黒白』のラストでみせた紅子のナイトをずっとずっと続けていて欲しかったです。紅子と保呂草さんの関係って、本当に好きだなぁ私。

そういえばGシリーズの山吹くんが登場しておりましたね。こんなところに次シリーズへの伏線が。侮れません、森博嗣。さて、ブログジャックも次の『冬』で終了です。『冬』は『夏』『秋』の路線からは大きく逸れてしまいますので(しかも難しい)、こんなノリノリのレビューにはならないと思いますが、きっと今日中にレビューできると思います。

|

« 『四季 夏』 森博嗣 | トップページ | 『四季 冬』 森博嗣 »

コメント

ココフラッシュからやってきました。
コメントさせてもらいます☆

四季「秋」、もう読んでて驚きまくりだった覚えがあります。
S&M~V~etc.と、シリーズが繋がっていって森ワールドが広がっていくような感覚を覚えました。

山吹くんが登場していたのは見落としてました!!
もう一度読み返してみたいですw

投稿: mollow | 2006/09/03 23:40

☆mollowさん☆
コメントありがとうございます!
『秋』はシリーズの色んな秘密が明らかになって、大興奮の一冊ですよね。世津子さんで興奮、犀川先生で興奮、保呂草さんで興奮。読み進めるほど心拍数が上がってゆく森マジック。
山吹くんはさりげなく、でも萌絵との絡み(?)もあって、なかなか美味しい役どころです。山吹くんの淹れたコーヒーが是非飲みたいです!

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/09/04 01:13

あのー、結局、犀川先生と萌絵ちゃんは、従妹同士、ですかね。萌絵ちゃんの母親(まったくその存在を表さない)と瀬在丸紅子さんは姉妹、とか・・・。
森先生、教えてくれないかなー、西之園萌絵の謎、瀬在丸紅子と保呂草氏の協定の謎。ぐすん、眠れない。

投稿: | 2015/10/02 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3306397

この記事へのトラックバック一覧です: 『四季 秋』 森博嗣:

» 「四季 秋」 [* bookmarker's bookshelf *]
文字色四季 秋森 博嗣 / 講談社Amazonランキング:11,702位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog  真賀田四季に関する小説「四季」の秋です。  「秋」は、四季というより、四季にかな... [続きを読む]

受信: 2006/10/22 22:54

« 『四季 夏』 森博嗣 | トップページ | 『四季 冬』 森博嗣 »