« 名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」 | トップページ | 『有限と微小のパン』 森博嗣 »

2006/08/12

『数奇にして模型』 森博嗣

数奇にして模型―NUMERICAL MODELS Book 数奇にして模型―NUMERICAL MODELS

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

模型マニアの集まるスワップ・ミートの会場に現れた首なし死体。

首なし死体といっしょに密室内に閉じ込められていた男が容疑者として疑われるが?

S&Mシリーズ、ラスト直前の第9弾。

いよいよ、9作目まで参りましたか。帰省して、映画観に行ったり(「M・I・3」と「デスノ」を観ました)DVD観たり、パチンコに行ったりして、てんで読書に集中できてないですね。予定では今日までに『有限と微笑のパン』まで到達するはずだったのですが…。

さて、本作には最強のお嬢様・西之園萌絵の最強の従兄弟・大御坊安朋の初登場です。この『数奇模型』には映像として見てみたい場面がわんさか登場致しますね。まずはもちろん、萌絵のコスプレ姿×2。個人的にはナースを犀川先生の前でお願いします。犀川先生ってば、なんでも学内の保険センタで済ませようとするんだから。そして、なにより肝心なのが大御坊安朋の振り返らずにはいられないそのファッション。一体、どんなファッションなのでしょうか?萌絵の紫の口紅を超えるのでは?私が会話のみから推測する(つまり描写の記述を無視する)大御坊さんはちょっと小太りな禿げかかったおじさま(うん、気持ち悪いね)なのですが、実際はちょいワルオヤジを連想すれば良いのかしら?

他にもペットボトルロケット(安易だが、適切なネーミングだ)も見てみたいし(夜光塗料を使ってくれると、ブラックライトで光って綺麗だと思います)犀川先生のメガネが廊下まで吹っ飛ぶ場面も見てみたい(犀川先生、無茶しすぎです)とにかく、読者の想像力を刺激する作品であったと思います。

でも、この殺人的な厚さはなんなのでしょう(京極氏程では無いが)事件そのものに、あんなに頁数を厚くさせる要因って無かったと思うのですが。国枝女史くらいシンプルに設計していただけると助かります(きっと3分の1くらいの厚さになるのであろう。いや、むしろカバーだけとか…)

この『数奇模型』はミステリ慣れした読者ほど、そのトリックにひっかかってしまうという危ない作品です。警察の鉄則であるアレを逆手に取ったトリック。巧い、と思いましたよ。だって、そんなシンプルな型はいまのミステリ界ではお目にかかれませんもの。いかに、小説が現実離れをしているかを思い知らされた一作。

S&Mシリーズも残すところ1作。この1作が曲者(というか、厚い)なのですが、なんとか帰省中に(あるいは、帰りのJRの中で)読み切ってしまいたいものです。しかし、レビューを書くために読んでいるのか、作品を楽しみたくて読んでいるのか、あやふやにありつつある自分が気になります。でも、やっぱり面白いんですけれどね!

|

« 名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」 | トップページ | 『有限と微小のパン』 森博嗣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3025197

この記事へのトラックバック一覧です: 『数奇にして模型』 森博嗣:

» 形とは、すなわち数字の集合だよ [はちみつの蜜壺]
今日は久しぶりにテニスの壁打ちをしてきました。 やっぱりたまには運動しないと体が腐りますね。 完全に寒くなる前にもう一回くらいは体を動かしたいです。 壁がある公園に行ったわけですが、スケボーで遊んでいる人が... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 23:37

« 名探偵コナン「ベイカー街の亡霊」 | トップページ | 『有限と微小のパン』 森博嗣 »