« 『フラッタ・リンツ・ライフ』 森博嗣 | トップページ | 『悪党たちは千里を走る』 貫井徳郎 »

2006/08/19

『殺してしまえば判らない』 射逆裕二

殺してしまえば判らない Book 殺してしまえば判らない

著者:射逆 裕二
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ボクは一年前妻が死んだ家へとすべてを捨てて戻ってきた。

そこで出逢う女装の怪人物と気の良い住民たち。

なのに、次々と起こる不思議な事件は一体何なのだ?

図書館で予約した本は次々と届く…以下略。

『みんな誰かを殺したい』でデビューした射逆裕二の2作目がこの『殺してしまえば判らない』です。前作『みんな誰かを~』も多くの人間の邪な感情が渦巻くドタバタミステリ(失礼?)でしたが、本作『殺してしまえば~』も同様のドタバタミステリに仕上がっております。

ただ、肝心の妻の死亡の真相については、ちょっと無理がある…というか、想像し難い。その点については、探偵役である狐久保さんも懇切丁寧に解説してはくれているのですが…ちょっとねぇ。出来ないとは云わないが、相当難しいのでは?ただ、その真相の意外性なんかは、なかなか好みです。彼女の秘密はてんで別のところにあると読者に思わせるようにミスリードさせてましたから。ちょっとわざとらしすぎるので、そうではないと思ってましたが。ハッピーエンドにするつもりなのかな?と私なんかは思ってました。

さて、本作の名探偵は女装の怪人物・狐久保さんです。彼は元・凄腕検察官なのですが、パリッとしたスーツを脱ぎ捨て、本能の赴くまま女装を楽しむ(黄色が大好き)という、まさに怪人物です。頭脳の切れ味は最高。キャラクタも最高。これは新しいタイプの名探偵だわ。彼(彼女?)の存在だけで『殺してしまえば判らない』を読む価値があるかもしれない。人をついつい惹きつけてしまうタイプの名探偵です。

この『殺してしまえば判らない』ではいくつかの事件が発生するのですが、既に語った妻の死以外については、結構納得のできる推理が用意されているので、ミステリとしてもなかなか読み応えがあると思います。うん、オススメかも。

女装の怪人物・狐久保さんはこの作品のあとシリーズ化し、6月には『情けは人の死を招く』が発売されておりますので、早速チェックしたいと思います。北海道に行くを云っていた狐久保さんが、なぜか湯河原で事件に巻き込まれたようですが…それもご愛嬌でしょうか?

|

« 『フラッタ・リンツ・ライフ』 森博嗣 | トップページ | 『悪党たちは千里を走る』 貫井徳郎 »

コメント

射逆氏との出会いはこの本
装丁とタイトルが気になったから
私も一番の問題は妻の死の真相ですね ちょっとありえないな〜と
主人公が心のなかに入っていく感じが好きなんですが、不思議な本書く人だと思ったんですよね

投稿: きりり | 2006/08/21 13:27

☆きりりさん☆
射逆氏の作品はタイトルが良いですよね。「あっ、読んでみたい」とついつい手を伸ばしてしまいます。『みんな誰かを殺したい』もタイトルがまず気になって、横溝正史ミステリ大賞優秀賞だというのも後から知った情報でしたし。
狐久保さんと射逆氏のこれからの活躍が楽しみです!

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/08/21 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3120800

この記事へのトラックバック一覧です: 『殺してしまえば判らない』 射逆裕二:

« 『フラッタ・リンツ・ライフ』 森博嗣 | トップページ | 『悪党たちは千里を走る』 貫井徳郎 »