« 『黒猫の三角』 森博嗣 | トップページ | 『月は幽咽のデバイス』 森博嗣 »

2006/08/16

『人形式モナリザ』 森博嗣

人形式モナリザ Book 人形式モナリザ

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小鳥遊練無がアルバイトするペンションにやってきた阿漕荘メンバ。

避暑地で巻き起こる連続殺人事件。

犯人は神?それとも悪魔?

Vシリーズ突入で気分も一新。

この『モナリザ』も『デルタ』に続き、好きな方に分類される一作です。『デルタ』がキャラクタ紹介に多くの頁を割いていたのに対し、この『モナリザ』は全面ミステリ色。とはいっても、トリックは結構容易で、紅子さんや保呂草さんと同時にトリックを解明することが可能だと思います。解決編で紅子さんが語るアプローチ法に気付けば、一目瞭然。

S&Mシリーズではwhy?ではなくhow?にとにかく主軸が置かれていたのに対し、このVシリーズではhow?ではなくwhy?に主軸が置かれることが多い。『デルタ』も『モナリザ』もそうでしたね。だからといって、why?ばかりを追い求めたふにゃふにゃなミステリ(動機から犯人を解明するタイプのミステリって、一番苦手なんです、私。だって、解るはずがない。自分以外の人間の思考なんて。自分の思考だって暴走することがあるのに)にはならないところが森博嗣のすごいところです。

哲学的と云いましょうか。絶対に犯人がそんな崇高なこと考えているとは思えないのですが、紅子さんも保呂草さんも人生の酸いも甘いも経験してきているだけに、れんちゃんはなまじ頭が良いだけに、思考のハードルが高い。そこでしこさんの出番なわけですが。しこさんは、哲学者3人と世間との中和剤。彼女がいなかったら、きっとこの4人のレールは併走することが無かったと個人的に考えます。しこさんは保呂草さんさえ諦めてくれれば(このコメントに個人的な感情は一切含まれておりません)もっともっと良い子なのに。

さて、『モナリザ』にいよいよ祖父江七夏が登場致しましたね。祖父江さんと彼女の娘が一度だけ見せた核の部分は本当によく似ている。どちらも強い女性ですね。その意味では祖父江さんも嫌いじゃない。やっぱり悪いのは林さんなんだよ。なんで林さんばっかりもてるんだよ…。祖父江さんと紅子さんがどうやって和解したのかを想像するのが私の趣味です。二人とも林さんに見切りをつけて仲良くなった…なんてシチュエーションが多いのが玉に瑕。だって、事実に反しているもの。

この『モナリザ』で私が一番気に入っているのが、ビートルのエンジンのくだり。街でビートルを見かける度に、薄オレンジの保呂草ビートルを必ず連想します。私は車ではMINIがとにかく好きで、絶対いつかMINIオーナーになると誓っているのですが、MINIもビートルもシトロエンもモデルチェンジ前の方が絶対素敵でしたよね。シトロエンなんて、どんどん現代的になっちゃって。シトロエンのオールドカーならMINIを諦めても良いかな、と思えるほど好きです。とにかく、あのシーンで祖父江さんがビートルに触れていたら…と空想するのも私の趣味です。

今回のレビューは段落毎に話がぶつ切りですね。眠いのかしら?

それでは最後に今日のへっ君のコーナーを。『モナリザ』にはへっ君の登場シーンは無いのですが、どうやら学校のプールに行っている模様ですね。あのネットの水泳帽をかぶるへっ君…萌える。色は是非ブルーで。

|

« 『黒猫の三角』 森博嗣 | トップページ | 『月は幽咽のデバイス』 森博嗣 »

コメント

祖父江で心に残るのは、レンちゃんを前に泣くシーンですね
たくさんの「どうして」でいっぱいになると言う
私もブルトーザーで回収に来て欲しい こんなコトを書ける森氏すごい!と
私も林は好きなんですよ なんとなく二人が好きになるのはわかる 凄いイヤだけど
まじょさんのブログを見てたら、Vの続みた〜いと思ったけど、ばかみたいに借りた本がある為すこしこなしてから読みます

投稿: きりり | 2006/08/17 12:49

☆きりりさん☆
森作品をいくつ読んでも、森博嗣という御仁の思考パターンはいつになっても読めませんね。どうしてあんな表現ができるのかしら。ブルトーザーの件は私も好きです!
Vシリーズのレビューはまだ2作目ですが、残りの8作のうち『れんれん』と『捩れ』が私はオススメです。保呂草・愛目線で読んじゃってるので、かなり贔屓が入っちゃってますが…。

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/08/17 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3074203

この記事へのトラックバック一覧です: 『人形式モナリザ』 森博嗣:

« 『黒猫の三角』 森博嗣 | トップページ | 『月は幽咽のデバイス』 森博嗣 »