« 『DEATH NOTE‐ANOTHER NOTE』 西尾維新 | トップページ | 『今はもうない』 森博嗣 »

2006/08/08

『夏のレプリカ』 森博嗣

夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER Book 夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER

著者:森 博嗣
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

西之園萌絵の親友・簑沢杜萌が遭遇した誘拐犯殺人事件。

誘拐犯2人を殺害した第3者とは一体誰だったのか?

そして、その狙いとは?

第7回生です。そろそろ卒業したい。

ブログジャック計画がスタートしてから、2日に1冊のペースで森作品を消化しております。予定していたペースより若干遅め?1日半で1冊読まないと、『λ』に間に合わないのに。

さて、今回のレビュー作『夏のレプリカ』は森作品らしいアンフェアな作品です。アンフェアがらしいって、一体どういう理屈なのでしょうね。計算され尽くしたアンフェアですが、再読してみてやっぱりきわどいと感じます。

ミステリのお約束として「地の文では嘘の記述をしてはならない」というルールがあります。この『レプリカ』ではそのルールに抵触している。『レプリカ』の記述は8割方、簑沢杜萌が請け負っているのですが、この杜萌像を読者がどう捉えるかがトリックに気が付くか否かの分かれ目です。西之園萌絵ビジョンで杜萌を捉えてしまっては、確実に罠に陥ります。陥るように仕掛けられているのだけれど。

ミステリ作品としては掟に抵触している以上、高評価を付けるわけにはゆきませんが、S&Mシリーズ作としては私の中でかなり上位にランクインする本作。萌絵や犀川を客観視した状態で眺めることができるからでしょうか。シリーズの中でも、萌絵が最も好ましい人物として描かれていると思います。

あとは衝撃のラストですね。私はあのラスト嫌いじゃないです。これまでの3時間(『レプリカ』の読了時間)はなんだったんだ?という終わり方ですが、そもそも『レプリカ』で描かれていた事件とは誘拐犯殺人事件の方だったわけですから、あちらはあれで良かったのだと思います。その機会は充分にあったわけですから。機を見るに敏ですね。

嗚呼、時間が無い(帰省の時間まであとわずか)ため、文章を充分に推敲することができません。後日、ネカフェで調整することに致しましょう。好きな作品だけに、この思いつきレビューでは納得ゆかないわ。だって、あのチェスの名シーンについて、なにも書けていないじゃない!

それでは最後に『レプリカ』のfavorite wordを。

「あら、嫌いなのに、コンピュータのことを勉強しているの?」
「医学部の人って、病気が好きな人たちですか?」

|

« 『DEATH NOTE‐ANOTHER NOTE』 西尾維新 | トップページ | 『今はもうない』 森博嗣 »

コメント

こんにちは
今Vシリーズを読んでます
夏のレプリカは、S&Mシリーズのなかでも好きな作品です
最後のチェスのシーンとか心に残ります

投稿: きりり | 2006/08/08 13:27

☆きりりさん☆
コメントありがとうございます!
最後のチェスのシーンは本当に心に残りますよね。真に変わることができたからこそ、最期の勝負に勝つことができた。初めて負けたからこそ、その変化と真相に気付くことができた。深いです。
私にとって、VシリーズはS&Mよりも好きなシリーズだったりしまうので、力の入ったレビューを書きたいと思っております。またいらしていただけたら幸いです!

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/08/11 23:58

チェスのシーンまでは嫌いじゃありませんでした。お前はファイロ・ヴァンスかとちょっと突っ込みかけましたが・・・ただあのラストはダメだったんですよね~。ただ、まじょさんの意見にもなるほどと感じました。

投稿: たいりょう | 2006/08/14 14:28

☆たいりょうさん☆
ファイロ・ヴァンス(笑)『カナリヤ殺人事件』のポーカーの件ですね?森先生も『ミステリ工作室』で『カナリヤ』を意識したと仰っていましたよね。チェスからは『僧正殺人事件』に登場するチェス好きな数学者を連想しました。タイトルからして僧正ですし。
あのラストは物語をひっくり返される感覚がぐわっと押し寄せてきて、その流れを好意的に捉えるか、嫌悪感を覚えるか、微妙なラインだと私も思います。

投稿: まじょ。@管理人 | 2006/08/14 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/2979872

この記事へのトラックバック一覧です: 『夏のレプリカ』 森博嗣:

« 『DEATH NOTE‐ANOTHER NOTE』 西尾維新 | トップページ | 『今はもうない』 森博嗣 »