« かまいたちの夜 プレイ日記① | トップページ | 『魔剣天翔』 森博嗣 »

2006/08/21

かまいたちの夜 プレイ日記②

かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 Video Games かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相

販売元:セガ
発売日:2006/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1ヵ月ぶりのご挨拶も考えておいたのですが、どうやらその機会は無かったようです。連日のかまいたちネタバレプレイ日記でございます。

今日は犯人も真相もチャートもすべてネタバレしますので、未プレイの方は間違ってもスクロールさせませんように。 WARNING!!

今日は最後のキャラクタ啓子ちゃん編からスタート。おおっと、今回は香山さんと啓子ちゃんがギャグ担当なのでしょうか?啓子ちゃんと云えばスナック菓子。スナック菓子と云えば啓子ちゃん。お菓子選択肢があれば、それをチョイスせずにはいられません。本編に突入する前に、スナック菓子6袋は食したね、彼女。

啓子ちゃん編では何故かシリアスな場面になると、妙に間の抜けたBGMがかかりますね。好きよ、こういうの。

啓子ちゃん編でまず最初に迎えたエンディングは、俊夫さんに失恋相談をしたら、なぜか俊夫さんがキューピッド役を買って出て、ミッキー(あっ、美樹本さんのことです)と世界一周旅行に旅立つというものでした。ミッキーが「実は僕も啓子ちゃんが好きだったんだ・・・」と告白すると

「よし!!」

と、とびきりのガッツポーズを披露する俊夫さん。まるで高校球児のようだ。

その後、香山さんの死体を発見し→推理という流れは透編・俊夫編と一緒ですね。視点が違うとはいえ、同じ話を3度も聞かれるのはキツイっす。そうだ、3度どころじゃないんだよ。これが『かまいたちの夜』なんだよ。

ちょっと飽き飽きしながらも(おい!)23:25の分岐でようやく犯人を指摘できそうな気配が。犯人は知っているので(ぎゃふん)意気揚々と入力…するも何故か俊夫さんに阻まれる。ザッピングで啓子ちゃんにタッチし、ようやくトリックの全貌を把握(えっ?推理もぜすに犯人名入力したってか?トリックは自力で解いてみせると決心した昨日の私は何処へ?)そうか、そうか、これが我孫子武丸の本気モードか。

トリックの系統でいえば『0の殺人』『8の殺人』と同じ流れですね。うん、我孫子氏っぽいです。ただ、説明が回りくどくって非常に解り辛いですな。あとは、ヒントが若干少ないような。もうちょっと違和感とか感じなさいよ、登場人物全員。いくら湾曲していると云ったって。こういう図面処理は理系人間(西之園萌絵とか犀川先生とか)が居たら、一発でおじゃんですよ。犀川先生なんて、階段からの歩数とか数えていそう。

ただ、マスターキーからのアプローチで○○さんに犯人を絞った啓子ちゃんの推理力はお見事でしたね。冷静に考えればそんなチャンスがあるのは彼女くらいのものなのですが。その意味では部屋割りすらも決められて居た中で、あのトリックをとっさに思いついた彼女こそお見事。

でもね、共犯ってのはどうよ?共犯トリックは私が一番憎んでいるトリックでございます。

正々堂々やってくれよ!

だってさ、共犯を認めちゃったら大抵のこと出来るもん。限られた空間の中で行われる推理合戦こそがミステリの醍醐味であって、共犯トリックそのものがアンフェアだと個人的に思っております。既に犯人は解っていて、さぁ共犯は誰だ?と共犯当てだけが主軸になっているなら別ですが。主犯、共犯ともに当ててくださいってのは幅を広げすぎてて嫌いです、本当に。

しかも、今回の共犯は死人を復活させてでしょ?いや、死んだと確定させた記述は無いのですが、そんなダークホースを引っ張り出さなきゃ成立しないトリックを組み立てないでくださいよ。やっぱり『2』でキャラクタの相関関係をめちゃくちゃにしちゃったのが敗因ですね。亜紀ちゃんを架空の人物にしちゃった時点で既に無理が。しかも今日子さんの娘って…。みどりさんも服役させちゃって、登場人物が極端に減ってしまったもんんだから、犯人当ても範囲が限定されちゃうし。香山・透・俊夫・啓子が犯人ではないことは、プレイヤーが一番良く知っているわけだから、残された犯人候補は美樹本・加奈子・春子しかいないじゃないですか。ここで『アクロイド殺し』トリックを持ってくる冒険に出ても面白かったとは思うけれども…。

いつの間にかプレイ日記では無く愚痴になってましたね。プレイ日記を再開しましょう。

23:30の分岐ではどうやっても犯人がだんまりを決め込んで、口を割ってくれないので、この分岐では遅すぎるのだろうとタイムチャートとにらめっこしてみる私。22:25のチャートタイトルが“推理”になっていたので、このあたりではないかと中りをつけてみる…がどうにもこうにも進まない。でも、全員が揃うのなんてこのタイミングぐらいだし…と10分ほど悩んだ私がとった行動は?

攻略サイトをチェケラ☆

NO攻略サイト宣言をしたのは昨日だっていうのに、舌の根も乾かぬうちに…。

でも、俊夫編で俊夫さんを黙らせておかないと透が推理を始めないだなんて、わかるわけないですYO!攻略サイトを見なければ、絶対に“完エンド”に辿り着けなかっただろうなぁ。この22:25スタートの推理合戦は、23:30で把握したトリックを復唱していけば良かったので、あっさりエンディングまで到達できました。共犯の名前も知っていたし(ぎゃふん)でも、俊夫さんがふんだんにヒントを出してくれたので、彼の名前さえ覚えていればエンディングを迎えれるでしょう。覚えていれば…ぐっすん。

一番度胆を抜いたのは、もちろん

香山さん復活!

どうやら香山さんは独りでなんらかの死闘を繰り返していた模様。これが幽霊編と呼ばれる路線ですね。既プレイの同居人によると、この幽霊編が結構イケるようなので、お楽しみは次回にとっておくことにいたしましょうか。

次回のレビューが1ヶ月後にならないことを祈って(今度は本当に1ヶ月後になるかもしれない…)

|

« かまいたちの夜 プレイ日記① | トップページ | 『魔剣天翔』 森博嗣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38084/3163168

この記事へのトラックバック一覧です: かまいたちの夜 プレイ日記②:

« かまいたちの夜 プレイ日記① | トップページ | 『魔剣天翔』 森博嗣 »